ルナビジュ

美肌コラム

冬の紫外線対策はどうする?冬は3つの方法でUVAを徹底的にガードすべし!

投稿日:

日差しの強い夏が過ぎて、最近は肌寒くなってきましたね。

そんな季節は日差しもそれほど強くはないし、紫外線対策は必要ないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、その油断がとても危険!

これまでの美肌コラムでもお話ししてきた通り、紫外線対策は年間を通して続けるもの。

もちろん、冬場だって必要なのです。

 

今回は、冬場に気を付けたい紫外線の種類や、その対策方法についてご紹介していきます。

しっかり日焼けケアを続けて、美肌をキープしちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏だけじゃない!冬場も紫外線は注意するべき

ルナビジュ

紫外線対策といえば、日差しのきつい夏場におこなうもの…というイメージが強いですよね。

たしかに、夏になると日傘をさしている女性や、帽子などで肌を隠している女性を多く見かけます。

ショップの店頭でも、UVカット商品がずらりと多く並びます。

 

夏の日差しは特にきついですし、紫外線対策や暑さ対策にもそういった方法は必要なもの。

ですが、冬場にだってちゃんと紫外線はあります。

夏の紫外線とは少々性質が違うものの、肌の老化防止のためには避けたいのが、冬の紫外線なのです。

 

 

紫外線には性質のちがう2種類が

ルナビジュ

実は、紫外線には性質の違う2種類の紫外線があります。

それがUVBとUVA。

UVBは夏場に多く、UVAは冬に多く降り注いでいるという特徴があります。

 

シミの原因になるUVB

ルナビジュ

まず一つ目がUVBと呼ばれる紫外線。

このUVBは、特に夏場に多くなる紫外線です。

 

全体的な紫外線の中でも、占める割合としては少ないUVB。

夏場ももう一つの紫外線であるUVAも多いですが、その中でUVBも多くあります。

このUVBは表面的な日焼けが起こる紫外線なのが特徴です。

 

UVBは肌の表面で吸収され、奥へは届きません。

ですが、非常に強い紫外線であるため表皮に大きな悪影響を与えます。

 

夏場に日焼けをしたお肌は赤くなったり褐色色になったりしますが、それはUVBが原因。

また日焼けによりシミができてしまうケースもUVBが原因である可能性があります。

お肌の表面に出てくるのでとても分かりやすいですね。

 

シワの原因になるUVA

ルナビジュ

 

もう一つの紫外線であるUVAは、全部の紫外線の中のほとんどの割合を占めています。

エネルギーは弱いので、自覚症状がほとんどないのがこのUVAの怖いところ。

 

というのも、実はUVAは肌内部への浸透率が、非常に高い紫外線なのです。

気が付かないうちに、じわじわとお肌の奥深いところへ浸透していってしまっている…ということになります。

 

UVAが肌の奥深いところまで届き、それが蓄積されていくと肌がたるんでシワになったり、またハリがなくなったりすることにつながってしまうのです。

UVAの対策をとらないと、結果として“おばさん顔”の、肌が老化してしまうことにつながります。

またメラニン色素が合成することを増やすという作用も持っていますので、UVBと同じくシミの増加にもつながってしまいます。

 

 

冬場はUVAから徹底的に肌をガード!

ルナビジュ

冬場は表面的な影響があるUVBが少なくなりますから、見た目ではすぐに日焼けによる影響が分からず紫外線対策を手抜きしがち。

そのため、結果的にUVAが浴び放題という状況になるんです。

 

あなたの知らないところで肌の奥深いところへと紫外線が浸透していき、お肌の老化につながってしまっている…なんて言うケースが多くあるんですね。

 

冬場は特に肌がデリケート

ルナビジュ

冬という季節は非常に肌が乾燥しやすい季節でもあります。

すぐにお肌が乾燥してしまって、バリア機能が低下してしまっている状態の女性が多いようです。

つまり、肌がいつも以上に刺激に弱く、非常に刺激を受けやすい、紫外線についても吸収しやすい状態となってしまっています。

 

まずは、バリア機能が低下している肌の力を戻してあげましょう。

そのスキンケアの基本となるのが「保湿」

肌本来の力を呼び戻すしてあげることで、多少の紫外線ダメージを受けても自分で修復する力をサポートしてあげることができます。

ルナビジュ
2017秋冬|保湿化粧品ランキングBEST5!乾燥肌の必須コスメを美容ライターが厳選

秋も深くなってきた今日この頃、みなさん保湿ケアは開始されていますか!? 今シーズンこそ、プルプル潤い肌で冬を越したい!と ...

続きを見る

 

ウィンタースポーツ中はUVBも対策を!

ルナビジュ

冬場になるとウィンタースポーツを楽しみたいという方も多いと思います。

スノーボードやスキーなど冬の雪山でしかできないスポーツが魅力的ですよね。

そんな冬の醍醐味であるウィンタースポーツをする際も、紫外線対策はしっかりと行ってほしいもの。

 

白い雪山では、地面に日差しが反射し、その反射した紫外線を浴びることで大きなダメージを受けてしまいます。

また、標高が高く太陽が近いため、街では弱くなっている冬のUVBもしっかり降り注いでいます。

 

ネックウォーマーやゴーグルなどで顔を隠してスポーツを楽しむ方も多いですが、そういったものにプラスして夏場にも使用する高SPF・高PAの日焼け止めを使用しましょう。

SPFはUVBを防ぐ指数、PAはUVAを防ぐ指数を表しています。

ウィンタースポーツでは、SPFは40以上を、PAは+++以上を選ぶようにしましょう。

 

万が一、うっかり日焼けをしてしまったら、こちらの記事に緊急ケア方法を記載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ルナビジュ
夏の紫外線ダメージは朝・昼・夜の24時間ケアで克服する!日焼けの肌を緊急ケア

一日中、降り注ぐ紫外線から肌や髪を守り抜くには24時間攻めの手を緩めないことが大切!ルナビジュ読者の30代・40代女性は ...

続きを見る

 

冬の紫外線、普段のUV対策はPA重視で

ルナビジュ

夏場とは違って冬場は寒さをしのぐため、肌の露出の低い服装を自然とすることになります。

ですが、どうしても顔は肌が見えてしまっている状態で過ごすことになりますよね。

 

そのため、顔の紫外線対策を重視してケアしていきましょう。

ベースメイクをする際には、必ずUVカット効果のあるメイク下地やBBクリームなどを使用するようにしておくのがおすすめ。

 

普段はSPF20~30程度のものでOKです。

UVAを防いでくれるPA指数は+++以上を選びましょう。

UVAは室内にいても窓を通過してしまうので、日焼け止めは日々の習慣にしましょう。

また服に関しても紫外線を通してしまうものでは意味がないので、インナーとしてUVカット効果のある長袖のインナーを着ておくのも効果的ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線対策は年間を通してケアを継続して

ルナビジュ

 

冬場だから、日差しがきつくないからといって油断して紫外線対策を行わないと結果として紫外線がお肌の奥まで浸透し、蓄積されていきお肌が老化してしまうことにつながります。

冬場だからと油断はせずにしっかりと対策は行うようにしましょう。

お肌の老化が起こってしまうと全体的に老けて見えてしまう原因となってしまいます。

 

お肌がいつまでも若々しい状態でいれば見た目の印象も大きく変わりますし、肌年齢も若い年齢を保っていることができるのです。

きれいなお肌を手に入れる為にも紫外線からしっかりお肌を守ってあげるようにしましょう。

 

もちろん、日差しの強い暑い夏場も紫外線対策は必要です。

ですが夏場は受けた紫外線が赤みなど目に見えて出てくれるので意識をしっかり持つことができますし、しっかり紫外線対策を取ろうという気になれます。

 

ですが、なかなかすぐに目に見えてわかるものではない冬場の紫外線に関しては、危機感が足りていないケースが多いです。

そこまで危機感を感じることができず、紫外線対策もそこまでしっかりできていない方が多いように感じます。

ですので冬場も危機感をしっかり持って紫外線対策を行うことが大切なのです。

 

「日焼け止めは通年ケア」を合言葉に、しっかりケアを持続してくださいね!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

machiko

美容ライター歴7年。2児を育てるアラフォーママ。年齢にあらがわず、受け入れながら、その時に一番輝ける美を追求していく美容スタイル。 しかし、10代・20代向けのコスメを試すガッツは誰にも負けない情熱家系ライター。

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.