【冬太り対策】体を温めて痩せ体質に!効率よくダイエットできる3つのコツ - ルナビジュ 
ルナビジュ

美bodyコラム

【冬太り対策】体を温めて痩せ体質に!効率よくダイエットできる3つのコツ

投稿日:

冬のダイエッターが気になるのが、そう、冬太りですよね!

前回の記事「冬のダイエットは体を温めて効率よく痩せ体質に!運動編」では、ダイエットを始める前に、体を温めて代謝をアップさせるための運動をご紹介しました。

 

そして、次のステップがダイエットの王道「食事制限」。

本格的にダイエットを始めたら、当然のことながら食事制限で摂取カロリーを減らさなければいけません。しかし、運動と同じでいきなり食事制限を始めるのは、体に負担をかけるだけではなく、挫折しやすくなります。

 

そこで、今回の美bodyコラムでは、挫折しやすい食事制限をムリなく続けるために、ダイエット効果をアップさせてくれる食材をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

冬太り解消ダイエットで食事制限をする前にすべきこと

ルナビジュ

例えば、ダイエット前まで炭水化物や甘いものが大好きで、糖質をたくさん摂取していた方が、糖質制限ダイエットを始めると頭痛やめまいを起こすことがあります。

やはりダイエットは継続できるかどうかが勝負の分かれ目。継続するためには、体と心に無理のない方法が必要です。

体に負担をかけず、そして効果を実感してモチベーションを維持するために、体を温める食習慣を身につけ、本格的なダイエットに向けて体を整えていきましょう。

 

 

「冬太り」の原因に!体を冷やす勘違い食事美容法

ルナビジュ

まず美容もダイエットも、やるべきことを取り入れる前に、やめるべきことを習慣から排除することを優先にしましょう。美容、ダイエットに良いことを取り入れても、その効果を打ち消すような悪い習慣があれば台無しですよね。

体を温める食材を取り入れながら、体を冷やす食材を摂取する習慣があれば、プラスマイナスゼロ。それどころかマイナスになることも。

 

今は、メディアから「こんな食材がダイエット、美容にいい!」という情報がたくさん流れてきますよね。

そのような中で、知らず知らずに体を冷やす食べ物、飲み物を美容に良いと勘違いして取り入れているかもしれません。多くの女性が勘違いしがちな、体を冷やす食べ物をあげていきます。

 

ヨーグルト

ルナビジュ

動物性乳酸菌、タンパク質、カルシウムなど、栄養豊富なヨーグルト。腸内環境を整えたり、免疫力を上げて風邪やウィルスにかかりにくくする、という嬉しい働きがあります。

しかし、体を冷やしやすい冬は、ヨーグルト以外の発酵食品に替えましょう。もちろん、全く食べるなというわけではありません。

 

体温が低い朝に冷蔵庫から出したてのヨーグルトを食べると、胃腸が冷えて栄養の吸収率が下がってしまいます。

温めたホットヨーグルトはダイエットに良い、という情報がありますが、漢方医学では温めても体を冷やす作用は変わらないと言われています。

便秘対策でヨーグルトを食べるなら、スープや味噌汁など、温かい食事を合わせて内臓の冷えを予防しましょう。また、発酵食品なら胃腸に生きて届く植物性乳酸菌が豊富な食べ物がおすすめです。

 

植物性乳酸菌が豊富で、体を冷やさない食べ物には、下記のようなものがあります。積極的に摂ってみましょう!

  • 納豆
  • 味噌
  • キムチなど発酵した根菜の漬物
  • ぬか漬け

 

 

冬に南国系フルーツを取り入れている

ルナビジュ

ビタミン、食物繊維豊富なフルーツの中にも、体を冷やす食べ物はあります。バナナやパイナップルなど、南国原産のフルーツには、本来暑い気候の中で過ごしやすくするために、体を冷ます作用があるのです。

しかし、南国系フルーツ、特にバナナは年中手に入りやすく、価格もリーズナブルで栄養もたっぷり。腹持ちがよく、腸内環境を整える働きもあるので、ダイエットには是非取り入れたい食べ物です。そこで、おすすめなのが焼きフルーツ

 

バナナに限らず、フルーツは焼くと栄養価がアップするものが多く、体を冷やす作用があるフルーツでも内臓の冷えを予防できます。

作り方はとても簡単で、トースターで皮に焼き目がつくまで加熱するだけ。特に焼きバナナは甘さが増して、スイーツ感覚で味わえますよ。

 

夜ご飯のおかずにヘルシーな冷奴

低カロリーで植物性たんぱく質が摂取できる豆腐。冷凍してから調理すれば、お肉のような食感になるため、ダイエット食材には欠かせませんよね。

実は、豆腐も体を冷やす食べ物の一つ。同じ大豆食品の中では、豆乳、大豆にも体を冷やす作用があります。

 

よくダイエットをしている方の献立の中に、冷奴がありますが、内臓を冷やすのでダイエット中は避けた方が良いでしょう。フルーツと同じように、食べるときは温めて、消化吸収しやすいようにしましょう。

冷奴よりは、湯豆腐の方がダイエット向きです。

 

スポンサーリンク

 

冬太り解消前に体を温める・冷やす食材を知って

ルナビジュ

美容、ダイエットをする上でやりがちな、体を冷やす食事習慣を見てみると、体に良い栄養たっぷりな食べ物でも、体を冷やす作用があるということがわかりました。

しかし、体を冷やす作用があっても、栄養豊富な食べ物は温かい食事を合わせたり、食べ物自体を温めて食べるなど、工夫をするだけで冷えを軽減できます。

 

控えるべきなものは、体を冷やす上に高脂質、糖質たっぷりな食べ物です。体を温める食材と冷やす食材を一覧にするので、まずは1週間、体を温める食材と温めて食べる方法で、集中的に冷え対策の食事に取り組みましょう。

 

 

体を温める食材

ルナビジュ

  • チーズ
  • 玄米、黒パン、そば
  • 根菜(土の中で育つもの、玉ねぎ、人参、大根など)
  • 赤身肉、魚介類
  • りんご、さくらんぼ、ぶどう
  • 納豆、小豆、黒豆
  • 紅茶、ココア、ウーロン茶(発酵して茶葉が茶色いものは体を温めるものが多い)
  • 塩、味噌、醤油
  • 黒ごま
  • 黒砂糖
  • 和菓子(あんこものがおすすめ)

 

体を冷やす食材

  • 牛乳、バター
  • 白米、白パン、うどん
  • 葉野菜、きゅうり、トマト
  • 脂身が多い肉、白身魚
  • バナナ、みかん、パイナップル
  • 大豆、豆乳、豆腐
  • 緑茶、コーヒー
  • 酢、マヨネーズ
  • 白ごま
  • 白砂糖
  • 洋菓子

引用:1週間で体が変わる「温め美人」生活 (王様文庫) [ 石原新菜 ]

 

いきなり口にするもの全てを、体を温める食材に変えるのは難しいもの。まずは、毎日飲むドリンクや使う調味料から変えてみましょう。

また、先ほどもお話ししたように、体を冷やす食材でも、野菜や果物、大豆食品などは栄養豊富なので、内臓を冷やさないように調理法を変えたり、温かい食事と一緒に食べるように工夫してください。

 

ティータイムはコーヒーより「生姜紅茶」

ルナビジュ

乾燥した生姜には、体を温める作用があります。同じく体を温める紅茶に加えて飲む習慣をつけると、体が温まって血流促進も期待できます。

 

血流促進!体ポカポカ乾燥生姜の作り方

乾燥生姜は、スライスした生姜をオーブンで1時間ほど加熱して水分を抜きます。

余熱を取った生姜を数時間天日または部屋干し、ミキサーで細かく粉末状にして密閉容器で保存。

除湿パックがあれば一緒に入れると、湿気による劣化を防げます。

 

 

食事制限より食事前の軽めの運動を

ルナビジュ

体を温める食事に加えて、ダイエットに効果的なのが食事前の軽めの運動です。自律神経の影響で、運動しているときに働く交感神経が体を緊張状態にするため、空腹感が抑えられ、食べ過ぎを予防できます。

毎食の前に運動をするのは無理なので、夕飯前にだけでも軽めの運動を取り入れましょう。前回の記事で紹介したスクワットやもも上げ運動も、軽い運動になります。

夕食前の軽めの運動を習慣にすれば、自然と食事量も減り、無理なく食事制限ができるようになるのです。

 

 

まとめ

ルナビジュ

今回は、前回の運動編に続いて食事編にフォーカスを当て、体を温めてダイエット効果をアップさせる方法をご紹介しました。まずは1週間、体を温めることを意識した食習慣を続けてみてください。

朝起きやすくなったり、疲れが抜けやすくなるなど、少しずつですが嬉しい体調変化が起こるはずです。

集中的に体を温める方法に取り組んだら、本格的なダイエットを始めます。体が温め体質になり、脂肪が燃えやすく、サイズ変化を実感しやすくなるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.