女性の薄毛が急増中!?今日から始める薄毛対策3ステップ - ルナビジュ 
ルナビジュ

美bodyコラム

女性の薄毛が急増中!?今日から始める薄毛対策3ステップ

投稿日:

薄毛というと年齢を重ねた男性が悩むもの、というイメージはもう古いのかもしれません。最近は、女性も20代から50代まで、幅広い年代で薄毛に悩む人が増えているそう。

とは言っても、ヘアケアや頭皮ケアはスキンケアと比べると力を入れている人が少ないですよね。早いうちから薄毛対策をしておけば、年齢を重ねてもボリュームのあるヘアスタイルをキープできますよ!

今回の美bodyコラムでは、すぐにできる女性の薄毛対策についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

薄毛トラブルに悩む女性が急増中?

髪にコシ、ハリがなくなってきた、分け目が薄い、全体的に髪のボリュームがなくなってきた・・・薄毛が気になりはじめたら、まずは薄毛の原因を探ってみましょう。

実は、女性の薄毛の悩みの多くは、生活習慣とホルモンによるものが多いのです。どちらも、早い段階なら日々の生活習慣を整えたり、ヘアケアを丁寧に行うことで改善が期待されます。

 

 

女性の薄毛5つの原因!あなたは当てはまる?

ルナビジュ

原因その1.女性ホルモン「エストロゲン」の減少

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二つの種類があり、髪の成長に関わるのはエストロゲンの方です。エストロゲンは、血行を促進し、頭皮環境を整えて髪の成長を促進させます。

このエストロゲンの分泌が減ると、ヘアサイクル(髪の生え変わり)が乱れ、丈夫な髪が生えにくくなり、薄毛が引き起こされるのです。

 

エストロゲンが減少する5大原因

加齢による更年期障害

中高年の世代に入ると、女性の多くが更年期障害による体調の変化に悩まされます。薄毛も更年期障害の影響の一つ。更年期障害は、エストロゲンの急速な減少により起こります。

薄毛は、ホルモンの減少によってヘアサイクルが乱れ、新しい丈夫な髪が生えにくくなり、薄くコシのない髪が目立つようになるのです。

 

ストレス

ストレスを受け続けると、自律神経のバランスが交感神経に傾きます。ホルモンを分泌する卵胞刺激ホルモンの働きが弱くなり、エストロゲンが分泌しにくくなるのです。

 

食生活の乱れ

ホルモンを作るためには栄養が必要。栄養は、日々の食事から補います。最近は若い女性のダイエットが原因の薄毛が多く、食生活の乱れがヘアサイクルに与える影響の大きさが明らかになっているのです。

 

原因その2.頻繁なヘアカラーやパーマ

頻繁にヘアカラーを変える、パーマをかけることがライフワークの一つ、という方は頭皮のダメージに要注意。

カラー剤やパーマ液などは、頭皮に刺激を与える成分を含むものが多いため、頻繁に使用する人は頭皮ダメージが重なり、ヘアサイクルに影響を与えているかもしれません。

頭皮がダメージを受け続けると、血行不良や頭皮の乾燥などが起こり、髪の元である毛母細胞の成長を妨げてしまいます。頭皮も皮膚の一部ですから、顔の皮膚同様、刺激の強いものを使い続けると荒れてしまうのです。

 

原因その3.常に同じ分け目や、まとめ髪で髪を引っ張っている

あなたはいつも同じ分け目にしたり、ひとつ結びなど同じ髪型にしていませんか?常に一部分に引っ張る力が働き、負担がかかって薄毛になりやすくなります。

 

原因その4.生活習慣の乱れ

睡眠時間が短い、運動不足、喫煙や飲酒習慣がある…など生活習慣の乱れも薄毛の原因になります。生活習慣の乱れの多くは、血行不良の原因になり、頭皮に必要な栄養や酸素が届きにくくなるのです。

 

原因その5.髪にいい栄養素が不足している

髪の主成分はケラチンというタンパク質。そして、ケラチンは18種類のアミノ酸を材料に、亜鉛が合成のサポートをします。

タンパク質やアミノ酸、亜鉛やビタミンなど、髪にいい栄養素が普段の食事から十分に摂れないと、薄毛の進行が早まってしまうのです。

 

 

今日からできる!3つの女性の薄毛対策

ルナビジュ

1.湯船で全身浴をしてストレス&血行不良対策

全身の血流をスムーズにするには、全身浴がベスト。38度〜40度のお湯に全身浸かって、10分〜15分入浴しましょう。

入浴中に自律神経が副交感神経にシフトチェンジするので、ストレスから解放され、収縮した血管が緩められます。冬は体を温める炭酸系入浴剤を使い、夏は半身浴でじっくりと全身を温まりましょう。

血流が良くなることで、頭皮の毛母細胞に必要な栄養や酸素が届きやすくなります。

 

2.頭皮マッサージ&頭皮に優しいシャンプーで頭皮ケア

頭皮マッサージで頭皮の血流をスムーズに。泡だてたシャンプーを頭皮に浸透させるようにマッサージすると、皮脂や毛穴汚れもスッキリ落とせます。

ちなみに、シャンプーを手で泡立てるのが苦手な方は、ダイソーで売っている洗顔料を泡立てるアイテム「ホイップるん」を使ってみてください。私もシャンプーを泡立てるように使っていますが、簡単に泡立つのでオススメです♪

 

頭皮マッサージの方法

  1. 親指を耳後ろに固定し、4本の指で円を描くようにこめかみまわりの頭皮をマッサージする。
  2. 後頭部に移動し、後頭部まわりの頭皮を同じようにマッサージする。
  3. 頭の両サイドの頭皮からトップまで、下から上に行くようにマッサージする。

 

頭皮に優しいシャンプーはアミノ酸系シャンプー

ヘアカラーやパーマを頻繁にする人は、普段使うシャンプーを刺激の少ないアミノ酸系シャンプーにしましょう。アミノ酸系シャンプーに使われている界面活性剤は、天然由来で頭皮に刺激を与えずに汚れを落とせます。

 

ルナビジュ美容ライターも愛用中!おすすめシャンプー

ルナビジュ
【ポーラ フォルム】30代女子が頭皮のアンチエイジングケア開始!脂っぽい髪にもオススメ

ここ最近、少しずつ、少しずつ…『あれ?』という疑問がでてきたアラサーの私。 それが…髪の毛のボリュームが減っている!!! ...

続きを見る

ルナビジュ
【わたしのきまり口コミ】頭皮のかゆみ・乾燥対策に!泡立てない自然派シャンプー

今回レビューをお届けするのは、クリームシャンプー『わたしのきまり』。ここ最近、日差しが強くなってきて髪はもちろん頭皮のダ ...

続きを見る

 

 

3.髪にいい栄養素を積極的に摂る

ルナビジュ

タンパク質

肉、魚、大豆食品などからバランスよく摂る。

牛肉、鶏胸肉、ささみ、豚ヒレ肉、豚ロース肉、さば、鮭、納豆、豆腐、凍り豆腐など

 

亜鉛

不足しやすい栄養素なので、食品以外にサプリメントで補うのがオススメ。

牡蠣、ビーフジャーキー、豚レバー、牛肩肉、凍り豆腐、油揚げなど

 

アミノ酸

動物系食品に多く含まれる。必須アミノ酸は体内で合成されず、品数が多くて不足しやすいので亜鉛と同じくサプリメントで補いましょう。

 

 

まとめ

女性の薄毛は、男性の薄毛よりも比較的改善しやすく、日々の生活習慣や食事、ヘアケアの改善が有効です。

普段のヘアケアに合わせて、頭皮マッサージや頭皮に優しいシャンプーなどを使い、頭皮ケアも行うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.