ルナビジュ

美bodyコラム 美肌コラム

紅茶の美容成分がすごかった!美白・ダイエット効果も…紅茶の3大美容効果

投稿日:

皆さんは、毎日ひと休みするときにどんな飲み物を飲みますか?私は以前はコーヒー一辺倒。シャキッと目を覚ましたいという理由で、カフェインたっぷりなブラックコーヒーばかり飲んでいました・・・。

でも、最近は紅茶か緑茶にシフト。特に紅茶には、女性に嬉しい美容効果が期待できるそうなんです。

そこで、今回の美容コラムのテーマは紅茶。飲み続けることで期待できる紅茶の美容効果についてお話ししていきたいと思います。紅茶を飲みながら、お気軽に読んでいただけたら嬉しいです!

 

スポンサーリンク

 

紅茶の美肌効果…エイジングケア・美白ケアにぴったり!

ルナビジュ

 

紅茶の成分が日焼け・乾燥肌にプラスの作用

飲料メーカー、キリンの研究チームが行なった研究によると、紅茶を飲むことで日焼けによる肌の炎症を抑えることが期待のが明らかになりました。

日焼けをすると、まずは肌が炎症を起こしてヒリヒリとしますよね。それから茶色く変化して、こんがりと焼けます。

 

紅茶には、紅茶ポリフェノールという成分が含まれているのですが、そのポリフェノールが、紫外線を受けて発生する炎症物質を抑える、という研究結果が発表されたのです。

日焼けダメージを最小限に抑えるためには、炎症を起こした時点で冷却ケアや保湿を行うのが一般的な方法です。一般的なケアに加えて、紅茶パックを患部につけたり、紅茶を飲んで体内から炎症を防ぐ、という方法もよさそうですよね。

 

また、別の研究では、紅茶ポリフェノールとビタミンCによる水分キープ力にさほど違いがない、という結果も発表されています。

紫外線が当たると肌の水分量は低下しますが、日常的に紅茶を飲んだり、外出前に紅茶を飲むことで肌の潤いをキープするということが期待できるのです。さらに研究が進んで美容方法が確立されたら、紅茶を含む保湿ケア化粧品が発売されるようになるかもしれませんね。

 

酸化、糖化を防いで美肌をキープ

ルナビジュ

肌の老化の原因はいくつかありますが、その中でも特に注意したいのが酸化と糖化です。活性酸素による細胞のダメージを酸化、糖質の過剰摂取によりコラーゲンなど体内のタンパク質を変化させるのを糖化といいます。

糖化については、以前の美容コラムでも解説しました。紅茶には、酸化と糖化を抑える成分が含まれているそうなんです。

 

活性酸素を抑える作用

体内で活性酸素が増えると、細胞が傷つけられて体の各器官の老化が進みます。老化を防ぐためには、活性酸素の働きを抑える、または活性酸素を除去することが必要です。

紅茶には、活性酸素の働きを抑えるテアフラビン、紅茶フラボノイドというポリフェノールの成分が含まれています。活性酸素の働きを抑えて、肌の細胞のダメージを防ぎ、シミやシワなど肌トラブルの防止が期待できます。

 

糖化を抑える作用

コラーゲン量を減らす糖化が進むと、肌のハリが失われ、いわゆる枯れ肌になってしまいます。同じくキリンの研究では、紅茶には糖化現象を抑えるという結果が発表されているのです。

紅茶が、血糖値の上昇をサポートする消化酵素の働きを抑えるから、と言われています。血糖値の上昇が抑えられるということで、肌の老化だけでなくダイエットが気になる方は、食事中に飲むドリンクを紅茶に変えてみるのもオススメです。

 

 

紅茶にはダイエット効果まで!脂質を溜め込まず効率よくスリムに

ルナビジュ

ダイエット中でもつい、食べ過ぎてしまう時ってありますよね・・・。

そんな時、ダイエットを諦めてしまうのは勿体無い!脂っこい料理を食べるときは、脂肪をブロックすると言われているサポートドリンク、紅茶を用意しましょう。

紅茶ポリフェノールは、脂肪の消化と吸収を促す「リパーゼ」という成分を抑えると言われています。研究でウーロン茶、緑茶、紅茶それぞれ同じ実験をしたところ、リパーゼの作用を抑える力が最も高かったのが紅茶だったそうです。

 

揚げ物など脂質たっぷりな料理を食べるときは、紅茶を一緒に摂取するだけでも、罪悪感が薄れそうですね。また、血糖値の上昇も防ぐため、糖質を摂取するときに紅茶を飲んで、糖の吸収を抑える効果も期待できます。

 

スポンサーリンク

 

紅茶の持つリラックス作用で自律神経の乱れを防ぐ

ルナビジュ

突然ですが、私最近ヨガを始めたのですが、ヨガの先生が「自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れやすくなる」ということをおっしゃっていました。

ホルモンバランスが崩れると、生理周期が乱れたり、イライラしやすくなったり、肌荒れになったりと美容にも悪影響が与えられます。自律神経は、不規則な生活習慣やストレスなどで乱れるので、定期的に自分で自律神経を整えることが大切なのです。

 

自律神経の整え方は、実は簡単。リラックスする時間を作るのです。リラックスタイムにコーヒーなどを飲む方は多いと思いますが、コーヒーはリラックス作用より覚醒作用が強いのです。

紅茶にもコーヒー同様、カフェインが含まれていますが、「テアニン」というリラックス作用のある成分が含まれています。リラックスタイムには紅茶を飲んで、少しの時間でも目を閉じて、深い呼吸をしてみてください。私もリラックスするためのヨガをする前には紅茶を飲むようにしています。

 

 

1日3杯の紅茶であなたの美しさをサポート!

ルナビジュ

今回は紅茶に期待できる美容効果を解説しましたが、もちろん、飲んで翌日すぐに効果が出るわけではありません。紅茶に限らず、健康や美容に良いと言われている食材や飲み物は継続して効果が期待できます。

まずは、毎日の休憩時間に飲むドリンクを紅茶に替えてみてください。砂糖やミルクを入れるとカロリーや脂質、糖質が増えるので、できるだけそのままストレートで飲みましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美bodyコラム, 美肌コラム
-, , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.