夏の紫外線対策・エイジングケアに効果的な食べ物4選!NG食材と合わせてチェック - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

夏の紫外線対策・エイジングケアに効果的な食べ物4選!NG食材と合わせてチェック

更新日:

今年は春の時点から真夏日のような天気が続き、夏本番は去年以上に暑さに悩まされるかもしれません。

夏は体調不良が起こりやすく、美容の大敵である紫外線が一年で最も多く降り注ぐ季節。毎日のケアだけでは補えない部分は、食べ物でケアしましょう。

今回のコラムのテーマは、夏に積極的に摂るべき美容食材です。体の内側から美容ケアできる効果的な食材について解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

紫外線対策に効果的な食べ物

ルナビジュ

紫外線はシミ、しわ、乾燥などエイジングトラブルの原因になる厄介な存在。夏だけではなく、一年中日焼け止めを塗って対策しなければいけません。

特に夏は、一年で最も多くの紫外線が地表に降り注ぐため、念入りに紫外線対策をする必要があります。紫外線対策に効果的な栄養素は、ビタミン類。特にビタミンCを積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンをバランスよく摂取できるイチゴがオススメ

イチゴにはビタミンC に加えて、ビタミンAとビタミンEもバランスよく含んでいます。ビタミンCは、シミやそばかすを防ぐ働きがありますが、暑さによるストレスや疲労で失われやすい栄養素の一つ。

夏の間はイチゴをはじめ、ビタミンCを豊富に含む食べ物を毎日摂取する習慣をつけましょう。

 

βカロテン豊富な緑黄色野菜も効果的

美肌づくりに欠かせない栄養素の一つ、βカロテン。かぼちゃ、人参などに豊富に含まれています。βカロテンは、紫外線から肌を守る働きがあるので、夏は特に積極的に摂取したい栄養素です。スムージーやスープの材料として使えば、水に溶けやすいビタミン類も無駄なく摂取できるでしょう。

 

ルナビジュ

注意!紫外線を受けやすい「ソラレン」を含む食べ物

ビタミンCを豊富に含む食べ物の中には、ソラレンという成分を含むものがあります。ソラレンには紫外線を吸収する作用があるので、外出前にソラレンを多く含む食べ物を摂取するのは紫外線対策にはNGなのです。

以下の食べ物にはソラレンが多く含まれているので、外出前の摂取は控えましょう。夜間に摂取するのはOKです。

  • レモン
  • キウイ
  • きゅうり
  • アセロラ
  • セロリ
  • しそ など

 

 

夏のエイジングケアに効果的な食べ物

一年中摂取したいエイジングケアに効果的な食べ物ですが、夏は紫外線の影響があるので特に意識して摂取したいですね。

エイジングケアに効果的と言われている栄養素は、別名「若返りビタミン」と呼ばれているビタミンE、トマトに多く含まれているリコピンが有名です。

さらに、肌の主成分の一つでコラーゲンやヒアルロン酸など肌の保湿成分の材料になるタンパク質、新陳代謝を促進する亜鉛にも注目しましょう。

 

 

ルナビジュ

夏が旬のトマトは毎日食べてエイジングケア!

トマトに含まれるリコピンには、強い抗酸化作用があると言われており、紫外線を受けて活性酸素が活発に働くのを防ぐ効果が期待できます。

トマトは夏が旬なので、比較的安くたくさん購入できるから嬉しいですね。私はジップロックに入れて冷凍させ、食べる前に冷蔵庫に戻してシャーベットのような固さになったところでアイスがわりに食べます。

冷凍することで栄養素もキープされますし、細胞が壊れて風味が感じやすくなるんです。プチトマトや小さめのトマトは、甘酢やオリーブオイルに漬ければ長く保存できますよ!

 

タンパク質が豊富な食べ物

肌はもちろん、筋肉を作るためにも欠かせないタンパク質。ダイエット中の方は特に積極的に摂取して、エクササイズの効果をアップさせましょう。

1日3食全てにタンパク質を豊富に含む食べ物を取り入れて、野菜や穀物と一緒にバランスよく摂取してくださいね。

タンパク質を豊富に含む食べ物で、オススメなのが大豆製品。豆腐以外にも、油揚げ、高野豆腐、厚揚げ、納豆なども豊富なタンパク質を含んでいます。

特に、納豆には腸内環境をクリーンにする植物性乳酸菌が豊富に含まれているので、便通をスムーズにして代謝を促進させる効果も期待できます。

 

ルナビジュ

夏バテに効果的な食べ物

暑さで疲れやすい夏は、スタミナのつく食べ物で疲労回復を促進させましょう。

疲れをそのままにしておくと、代謝がスムーズに行われず、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。疲れに効果的な栄養素は、ビタミンB1、アリシン、クエン酸、ナイアシン。以下の食材を積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンB1…豚肉、ぶり、大豆、玄米、ほうれん草、うなぎ
  • アリシン…にんにく、ニラ、玉ねぎなどニオイが強いものに豊富。ビタミンB1と合わせるとより効果的。
  • クエン酸…梅干し、柑橘類
  • ナイアシン…豚レバー、鯖など青魚、たらこ

疲労回復効果のある食べ物に合わせて、夏に旬を迎える食べ物も積極的に摂取しましょう。

季節の旬の食べ物は、季節特有の体調不良を防ぐ、改善する効果があります。栄養価もアップしているので、栄養を効率よく摂取することも可能です。夏野菜、果物はできるだけ旬のものを選ぶようにしましょう。

 

 

夏は内側からのケアが大事!

日焼け止めなど外側からのケアはもちろん大事ですが、夏は内側からのケアが特に大切です。有効な栄養が豊富に含まれている食べ物を知り、毎日の食事に取り入れて体の中から綺麗になりましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.