ルナビジュ

美肌コラム

夏に目立つ毛穴トラブルは食事で内側からケア!毛穴に効果的な4つの食習慣

更新日:

暑さが厳しくなってくると、顔の毛穴が目立ちやすくなりますよね。皮脂分泌が多くなったり、冷房や紫外線による乾燥で目立ちやすくなる毛穴。

化粧品による外側のケアはもちろん、食事やサプリメントによる内側からのケアも必要です。

今回の美肌コラムでは、夏場に特に意識したい毛穴ケアのための食習慣についてお話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

自分の毛穴タイプを知ろう

ルナビジュ

毛穴トラブルといっても、その種類は様々。まずは自分の毛穴タイプの状態、原因を知って正しいアプローチを行うことが大切です。

たるみ毛穴

30代以降の肌に起こりやすい毛穴トラブルです。鏡を見て、毛穴が楕円状になっていませんか?

毛穴が楕円状になる原因は、肌のたるみ。肌内部のコラーゲン、エラスチンなど潤いをキープする成分が紫外線や乾燥によってダメージを受けることで、肌のたるみが起きます。

たるみが起こると、表皮が下がって毛穴が広がったように見えてしまうのです。

 

帯状毛穴

たるみ毛穴をケアせず、放置しておくと悪化して帯状毛穴になってしまいます。名前の通り、たるんで開いた毛穴同士が繋がり、シワのように見えるのです。

ほおやほうれい線近くにできることが多く、帯状毛穴になってしまうと老けた印象に見られてしまいます。

 

開き毛穴

ぽっかりと毛穴が開いた状態が目立つタイプです。原因は、過剰な皮脂分泌でオイリー肌の方に多く見られるそう。

特に夏は皮脂と一緒に汗も出やすいので、目立ちやすくなります。毛穴の詰まりの原因も同じく過剰な皮脂分泌です。

 

黒ずみ毛穴

毛穴の詰まりが悪化すると酸化により黒ずみになってしまいますが、メラニンの生成によって黒ずみ毛穴ができることもあります。

この場合は毛穴の入り口が過剰な皮脂分泌やターンオーバーの乱れによって開き、メラニンが生成されて黒ずみになってしまうのです。

 

 

毛穴ケアに効果的な4つの食事習慣

ルナビジュ

過剰な皮脂分泌を抑える栄養

毛穴のタイプごとに細かい原因は異なりますが、過剰な皮脂分泌は開き毛穴、黒ずみ毛穴、毛穴の詰まりの3つのタイプで原因として挙げられています。

 

皮脂分泌をコントロールするために、脂肪の代謝を促進させる以下の栄養素を積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンC・・・レモン、キウイ、いちご、ブロッコリー、赤ピーマンなど
  • ビタミンB2・・・豚レバー、うなぎ、魚肉ソーセージ、納豆など
  • ビタミンB6・・・にんにく、マグロ、酒粕、カツオ、イワシ、鶏ひき肉、サバなど青魚
  • 食物繊維・・・ごぼう、大豆製品、プルーンなど

 

栄養素は一つの栄養を集中的に摂るのではなく、なるべく一度に多くの栄養を摂るようにしましょう。ビタミンB2は水に溶けやすいため、体内から排出されやすい栄養素なので注意を。

できるだけ毎日食べられる食品を選び、毎食のメニューに欠かさず加えてください。私は夜の食事が洋食の時でも欠かさず納豆を食べるようにしています。サプリメントがわりと考えると良いですよ!

 

コラーゲンを多く含む食品はビタミンCと一緒に摂取

ルナビジュ

 

コラーゲンを摂取しても胃で分解されてしまいますが、分解されたものはコラーゲンの生成に役立つので決して無駄にはなりません。

できるだけ吸収されやすいようにするためには、ビタミンCを一緒に摂取することが大事です。

 

例えば、コラーゲンが豊富な手羽先を焼いて食べるときはレモン汁を絞ったり、チキンソテーの付け合わせにブロッコリーを添えたり、栄養面を考えて料理しましょう。

しかし、工夫をしても食品から摂取、吸収できるコラーゲンは少ないので、サプリメントで日常的に摂取すると良いでしょう。

 

私も愛用中のこちらのサプリは、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂取のでオススメです。

ルナビジュ
【すっぽんの恵み 体験レポ】国産すっぽんサプリで30代の肌・疲労はどうなる!?

今回、レビューをお届けするのは『すっぽんの恵みプレミアム』。   30代半ばに差し掛かっている私ですが、年々肌 ...

続きを見る

 

アルコールを摂取するときはビタミンB1を一緒に摂取

ルナビジュ

気分転換にたまに摂取したいアルコール類。飲み過ぎはもちろん禁物ですが、少量ならストレス発散にもなるので、一滴も飲んではいけないというわけではありません。

しかし、アルコールを摂取すると、アルコールの分解のために多くのビタミンB1が消費されます。ビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない栄養素です。

 

毛穴ケアに直接的に関係するわけではありませんが、肌全体を健やかにキープするために必要になります。アルコールを摂取するときは、おつまみにビタミンB1を豊富に含む食品を選びましょう。

ビタミンB1を豊富に含む食品には、豚ヒレまたはモモ肉、生ハム、たらこ、うなぎなどがあります。

 

良質な脂を摂取する

ルナビジュ

毛穴ケアのためには、脂っこい食事を控えることが大切ですが、脂全てを控えるというわけではありません。

マーガリン、酸化した調理油は避けるべきですが、オリーブオイルやココナッツオイル、亜麻仁油など良質な脂は積極的に摂取しましょう。

 

良質な脂には肌に潤いを与えたり、コレステロールを低下させたりと身体に嬉しい効果がたくさん。中でもオリーブオイルは様々な料理に使えるので便利です。安価なものではなく、ちょっと奮発して本物のエクストラバージンオイルを使いましょう。

 

 

内側・外側からの毛穴ケアでさらに効率アップ!

今回のコラムでは、内側からの毛穴ケアについてお話してきました。

日ごろの積み重ねが大切になってくる内側からのケアですが、それと同時に外側からのケアをすることでさらに効率アップを狙うのもオススメ。

 

私自身、毛穴の開きに長年悩んできたのですが、毛穴ケア美容液を使ってきゅっと引き締めることが出来ました。毛穴に悩む女性にはかなりオススメのアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リルジュリカバリィエッセンス 口コミ
リルジュリカバリィエッセンス体験レポ|毛穴に効果はあるか徹底検証してみた

今回お試ししたスキンケアアイテムは、リルジュ リカバリィエッセンス。昔から毛穴が開きが気になっていた私。 ファンデーショ ...

続きを見る

 

毛穴トラブルには、保湿ケア、正しい洗顔、毛穴ケア専用化粧品といった外側からのケアと一緒に、食事による内側からのケアも必要不可欠です。毎日の食事に毛穴トラブルに効果的な栄養素を含む食材を取り入れて、体の中からのケアも習慣にしましょう!

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.