ルナビジュ

美bodyコラム

【夏の髪トラブルを防ぐ】紫外線で抜け毛・薄毛!?正しいケア方法は

更新日:







 

本格的な夏シーズンがやってきましたね。
紫外線をバシバシ感じておびえている私です。
今回の美活コラムは、この時期悩んでいる女性も多いヘアトラブルについて。

 

夏は紫外線の他にも、汗や皮脂の分泌が増えることで髪のトラブルが起こりやすいのです。
正しいケア方法で、女性の命とも言われている髪をしっかりキレイにキープしましょう!

 

 

髪の毛にも紫外線対策を!

ルナビジュ

紫外線が髪と頭皮にダメージを与える

紫外線を浴びることで、私たちは髪の毛、頭皮に大きなダメージを受けています。
紫外線にあたることで、頭皮はガサガサになり、毛根にもダメージが。
腕や足だけでなく、頭部にも紫外線が降り注いでいることをお忘れなく。

 

紫外線を浴び続けることで、最終的には薄毛の原因になってしまうのです。
髪の毛を保湿してくれるキューティクルは、紫外線にあたることでボロボロに。
そうなると、髪の水分が奪われ、枝毛切れ毛抜け毛などの原因になります。

 

帽子をかぶる際は、通気性のよい麦わら帽子がオススメ。
紫外線を防ぎながら、頭皮を蒸らさずに保ってくれますよ。

 

頭皮・髪にも日焼け止めを!

ルナビジュ

毎日顔や体に一生懸命日焼け止めを塗っている女性も多いですよね。
そこに、髪の毛や頭皮もプラスしてあげてください。
頭皮はもちろん、髪の毛も皮膚の一部と言われています。
日焼け止めを塗ってあげることで、しっかり紫外線対策をしてあげましょう。

 

頭皮に塗るのは、普段使っている日焼け止めでもOK。
べた付きが気になる人は、さっぱりタイプのものがオススメです。
スプレータイプのものを頭皮・ヘア用に用意しておくのもいいですね。

 

 

正しいシャンプー方法で美髪に

ルナビジュ

美髪をキープするためには、普段のヘアケアもしっかり行いましょう。
そこで重要なのが、シャンプーです。みなさん、普段どのように髪の毛を洗っていますか?
自分のやり方を振り返ってみましょう。

 

洗顔用ネットで泡立てて

まず、シャンプーで頭を洗うとき、液体を頭に直付けしていませんか?
そして、髪の毛の上でシャンプーを泡立てる…。
これは、髪の毛を痛めてしまうのでNG!
しっかり手のひらで泡立ててから、フワフワの頭を乗せていきましょう。

 

手のひらで泡立てるのが面倒…という場合は、洗顔料を泡だてる時に使うネットがオススメ。
ドラッグストアなどで比較的安価に購入できます。

 

地肌を揉みだすように洗って

ルナビジュ

また、正しいシャンプーは頭皮と髪の毛を分けて洗う事を意識しましょう。
まずは頭皮はこすらずに揉みだすように洗いましょう。

 

頭皮の毛穴の汚れは、擦るだけではとれないのがほとんど。
揉みだすことで、毛穴の汚れまでスッキリと取り出すことが出来ます。

 

コツとしては、両手の指の間を2~3センチの間隔にして揉むようにします。
こまめに揉みだすことが効果的な頭皮の洗い方です。

 

髪は手ぐしですく程度の洗い方でOK

 

頭皮を洗ったあとは、髪の毛を洗っていきましょう。
この時、頭頂部に泡がついている状態なので、その泡を手ぐしを通す要領で髪全体につけていきます。
髪の毛に泡がついた時点で、たいていの汚れは取れた状態になります。

 

間違っても、髪の毛同士をこすり合わせたりしないように!
髪の毛全体に泡を行き渡らせる程度で終わりにし、シャワー等でしっかりすすぎます。

 

毎日シャンプーすることを心掛けて

ルナビジュ

よく論争になるのが、毎日シャンプーするのか、しないのか。
また、朝にシャンプーするのが良いのか、悪いのか。

 

まず、シャンプーは毎日行うのがベスト。
毎日洗髪することで頭皮と髪の毛を痛めてしまうのでは?というのは間違い。
ただし、あくまで正しい方法でシャンプーするのが前提ですが。

 

頭皮や髪の毛を健やかに保つためには、毎日シャンプーをしましょう。
頭皮は皮膚の中でも脂分を出す場所なのです。
脂っぽいと感じる額の、実に2倍以上の皮脂が出ていると言われています。

 

頭皮にも、常在菌が存在しています。
シャンプーを毎日しないと、この常在菌のバランスが崩れてしまいます。
それによって、ニオイかゆみが発生してしまうこともあります。

 

朝シャンは避けて夜にシャンプーを

ルナビジュ

次に、朝のシャンプーについて。
基本的に、シャンプーは1日1回がベスト。
夜も洗って、朝も洗って…というのは洗い過ぎ。
頭皮や髪の毛を必要以上に痛めてしまいます。

 

また、出来れば夜1回のシャンプーをしてほしいところ。
先ほどもいったように、髪の毛も肌の一部です。
メイクをしたまま寝るのが肌に悪いように、髪や頭皮に整髪剤や皮脂、汗を残したまま寝てしまっては結果はわかりますよね。

 

髪の毛も、肌と同じように夜に栄養成分が送られてきます。
そのため、キレイな状態を保ったまま睡眠をとることで、髪や頭皮のダメージケアが行えるのです。

 

 

食生活から髪の毛をケア

ルナビジュ

次は内側からのヘアケアについて。
理想的な身体を作るのに食事が大切なのと同じように、理想的な美髪にするためには食事内容も見直しましょう。

 

髪の毛に良い=ワカメ、というイメージがある人も多いでしょう。
実は、これは間違いなんです。
たしかに、ワカメなどの海藻類に含まれるミネラル分は髪の毛には良い成分ではあります。

 

ですが、髪の毛の成長に最も大切な成分は、たんぱく質
髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質なので、良質なたんぱく質を取ることで髪の毛を健康的にしてあげることができます。
お肉やお魚などのたんぱく質をしっかり摂取しながら、バランスの取れた食事内容にしてあげることで、美髪に近づくことができますよ。

 

 

ヘアオイルを上手に使って日常的なケアを

ルナビジュ

普段のヘアケアも、少しの+αでスペシャルケアが出来ます。
それが、ヘアオイル。
カラーリングやパーマなどで、女性の髪は特にダメージを受けがち。
でも、カラーリングもパーマも諦められないですよね。

 

そんな人には、普段からヘアオイルをつけることをオススメします。
でも、ヘアオイル=ベタベタになってしまうという悩みを持っている人もいるようです。
これは、ちょっとしたコツで解消できますよ。

 

ヘアオイルは、洗髪後の濡れた髪に使うのがベストタイミングです。
乾いた髪につけると、その場所だけにオイルがついてしまって、オイル成分が過剰になってしまいがち。
塗れた髪に適量つけることで、髪全体にオイルの膜が薄く広がってくれます。

 

ヘアオイルをつけた髪は、その後にドライヤーで乾かしてあげるだけでOK。
簡単にサラサラ&ツヤツヤの髪が復活してくれます。
ちょうどよいツヤ感がでるので、見た目年齢もぐっと下げてくれる効果がありますよ。

 

スポンサーリンク



 

 

普段のヘアケアのコツは?

1日3分の頭皮マッサージ

ルナビジュ

頭皮を柔らかい状態に保つことは、健康的な髪を生やしてあげるのに効果的です。
側頭部を両手で挟んだ時に、頭皮が動きますか?
動きが硬い、または全く動かないと言う方は要注意です!

 

普段から、側頭部を両手で挟んで頭皮を全体的に動かしてあげると、マッサージになります。
1日3分ほどこのマッサージをしてあげると、徐々に柔らかい頭皮になっていきます。

 

ヘアブラシは清潔を保って

ルナビジュ

忘れがちなのが、普段使用しているヘアブラシやクシのメンテナンス。
ブラシは使っているうちに、どんどん皮脂や汗、汚れが付着していきます。
放置していると、そこに雑菌が繁殖してしまうことも。

 

普段ヘアケアを頑張っていても、汚れたヘアブラシを使ってしまってはヘアトラブルも起こりかねません。
水洗い、乾燥を徹底して、常に清潔な状態を保つように心がけましょう。

 

頭皮にも化粧水を

ルナビジュ

これも、意外としている人が少ないケア方法。
頭皮にも化粧水をつけてあげるのがオススメなんです。
これは、頭皮も肌の一部だから。
顔やボディには化粧水をつけてあげるのに、頭皮にはつけていない人多いですよね。

 

頭皮につける化粧水は、普段顔に使用しているものでOK。
スプレーボトルに入れて吹きかけるのもいいですね。
お風呂上りについでに頭皮にも…という感じで行うと、継続しやすいですよ。

 

 

さいごに

ルナビジュ

今回は、髪の毛の夏トラブルから守る方法についてお話ししてきました。
普段のヘアケアやシャンプーのやり方などは、年間を通して気を付けて欲しい内容です。
日々の積み重ねが、美髪を作り出してくれますよ^^
カラーリングをしているから…と諦める必要はなしです!
みなさんも、キレイな髪を手に入れてくださいね。

 

 

スポンサーリンク










 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.