夏の疲れ肌を徹底ケア!夏の終わりから秋にかけて使いたいスキンケアアイテム - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

夏の疲れ肌を徹底ケア!夏の終わりから秋にかけて使いたいスキンケアアイテム

更新日:

夏のお疲れ肌は、紫外線ダメージや冷房、汗によるダメージ、暑さに対するストレスから起こるダメージなど、疲れがドサッと溜まった状態。夏の終わりから秋にかけて、夏の疲れをケアしながら、紫外線ダメージを表面化させないためのスキンケアが必要です。

目的に合わせたスキンケアアイテムで、効果的にダメージを取り除いていきましょう。今回は夏の疲れ肌対策コラム第三弾!ということで、夏疲れ肌にオススメのスキンケアアイテム選びについてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

夏の疲れ肌をセルフチェックしよう

ルナビジュ

肌の状態を自分でチェックする方法があります。それは、洗顔後の肌状態をチェックする方法と、化粧水の浸透力をチェックする方法です。それぞれを見ていきましょう。

 

洗顔後にセルフチェック

もし、洗顔後に何もつけない状態で肌がピリピリ、かゆみがあれば夏の疲れが肌に溜まっているということ。夏に頻繁にかいた汗が、元々弱酸性だった肌をアルカリ性に傾け、刺激やかゆみを感じるようになるのです。

また、アルカリ性に傾いた肌は乾燥しやすくなっているため、夏疲れ肌のサインを感じたら、刺激の少ないアイテムで保湿ケアをする必要があります。

 

化粧水の浸透力でセルフチェック

ルナビジュ

いつも使っている化粧水を肌になじませた時、いつもより肌に浸透しにくかったり、化粧水をつけても肌のごわつきを感じたら、夏疲れ肌のサインです。

夏の強い紫外線は、肌の表皮にある角質を厚くさせます。これは、肌が紫外線から身を守るための防衛作用のようなものですが、角質が厚くなるとターンオーバーが遅れやすくなり、余分な角質が表皮に残ったままになってしまうのです。

この場合は、より浸透力の高い保湿アイテムを、肌になじみやすい方法で使うことが必要になります。

 

 

夏の疲れ肌ケアに必要なアイテム選び

ルナビジュ

セルフチェックをして自分の肌状態がわかったら、状態に合わせたケアアイテムを使いましょう。

洗顔後の肌に刺激を感じた場合

アルカリ性に傾いて刺激を受けやすく、さらに乾燥しやすくなっている肌には、弱酸性のスキンケアアイテムがオススメ。洗顔料や化粧水を弱酸性のものにアップデートしましょう。

化粧水は、セラミド配合のものは弱酸性で保湿効果も高いので、デリケートで乾燥しやすくなった夏疲れ肌に有効と言われています。

洗顔料は一般的なものはアルカリ性が多いので、アルカリ性に傾いた夏疲れ肌のダメージを進めてしまう可能性があります。

 

しかし、弱酸性の洗顔料にもデメリットがあります。それは、洗浄力の弱さです。皮脂が過剰に分泌するオイリー肌の方は、弱酸性の洗顔料では汚れが落としきれず、毛穴の詰まりや黒ずみができてしまうかもしれません。

オイリー肌の方は、アルカリ性でも成分がシンプルなオーガニックのものを使うなど、できるだけ肌に優しい洗顔料を使ってみてください。

 

角質が厚くなり、化粧水の浸透力が落ちている場合

ごわつきのある肌には、保湿効果が高く、肌になじみやすい保湿成分が配合されているアイテムが有効です。

さらに、つけ方にも一工夫を。化粧水、乳液、オールインワンゲルなど、保湿アイテムをつけるときは、あらかじめホットタオルで肌を温めてみてください。硬くなった角質が熱により一時的に柔らかくなり、化粧品がなじみやすくなるのです。

また、肌に化粧品をなじませた後は、やさしくハンドプレスを。手の平から肌に体温が伝わり、肌馴染みがアップします。

 

化粧品の選び方は、肌になじみやすいヒアルロン酸や、セラミドならヒト型セラミド(セラミド1、セラミド6)が配合されているかどうかをチェックしましょう。

ヒアルロン酸、セラミドは肌の潤いをキープする作用が強いため、厚くなった角質に潤いを与え続けることでターンオーバーを促進させるのです。

 

夏に使うヒト型セラミドのスキンケアアイテムとしてオススメなのは、小林製薬から発売されているヒフミドシリーズ。さっぱりした使い心地ながら、しっかり潤い肌を取り戻してくれるので季節を問わず使いやすいですよ。

ルナビジュ
【ヒフミド トライアルセット体験レポ】30代女子にヒト型セラミドを試してみた

今回、お試ししたのは小林製薬から発売されているヒフミドのトライアルセット。 最近、場当たり的な肌改善が私の周りで話題にな ...

続きを見る

 

 

眠る前のスペシャルケアで紫外線ダメージを抑える

ルナビジュ

少しずつ肌の表面に現れる紫外線ダメージを、現れる前に抑えるケアをしましょう。シミの発生を抑える有効成分を配合したナイトクリームを、眠る前に肌に塗ります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが肌を修復するメカニズムに合わせて、ナイトクリームで蓄積されたダメージを少しずつ修復させるのです。

美白有効成分は乾燥しやすい成分が多いので、保湿成分も配合されているものを選びましょう。

 

紫外線ダメージを表面化させない有効成分

ルナビジュ

美白有効成分は、厚生労働省が認可したシミに効果的な美容成分です。様々な種類がありますが、大きく分けると、これからできるシミを予防する成分と、すでに色素沈着してしまったシミを薄くする成分の二つのタイプがあります。

その中でオススメなのが、保湿効果もあるプラセンタエキス(シミを予防する成分)と、シミを薄くすると言われているビタミンC誘導体です。

特に、プラセンタエキスはシミの他にしわ、たるみを防ぐ効果も期待できます。このように、美白ケアアイテムを選ぶときは、どのような成分が配合されているのかを必ずチェックしましょう。

 

プラセンタ配合のスキンケアアイテムでイチオシなのが、プラセンタファインのモイストローション。こちらもさっぱりした使い心地ですが、もっちり肌のエイジングケアアイテムとして人気。

北海道サラブレッドから抽出された高級プラセンタを使用しているので、年齢肌のトータルケアには◎

ルナビジュ
【プラセンタファインモイストローション体験レポ】30代後半女子がハリ肌を実感!

今回私machicoがレビューするのは「ヴィジョンステイト」の化粧水、プラセンタファインモイストローション。 プラセンタ ...

続きを見る

 

 

夏の疲れ肌には効果的なアイテムを使ったケアを

ダメージを受けてよりデリケートになってしまった夏の終わりの肌には、できるだけ肌に優しい化粧品と摩擦を与えない優しいケア方法が有効です。どのような成分が配合されているのか、夏の疲れ肌に効果的かどうかを見極めてアイテムを選びましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.