ルナビジュ

美肌コラム

夏のダメージ肌・お疲れ肌を即リセット!すぐ出来る4つのスキンケア方法

投稿日:

夏の紫外線や冷房、汗、暑さによるストレスを受けた肌には、目に見えないダメージが蓄積されています。夏の終わりは、疲れを次の季節に持ち越さないようにすることが大切です。

今回は、夏のお疲れ肌をサポートするコラム第二弾、疲れをリセットする夏の終わりのスキンケア方法についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

夏の終わりの肌には疲労がたっぷり

ルナビジュ

あなたは夏の間の紫外線対策や乾燥対策はバッチリでしたか?

しっかりスキンケアをこなしていても、暑さによる疲労からくるストレスで、体内で活性酸素が発生しやすくなっていたり、日焼け止めによる刺激で肌がダメージを受けている可能性があります。

また、洗濯物を干したりゴミ出しをしたり、日常生活のちょっとした行動の中ではわざわざ日焼け止めを塗らない、という人は多いはず。

 

そんな短時間の行動の中でも、紫外線は肌に届いて蓄積されているのです。このような夏の肌の疲れをそのままにしておくと、シミやシワができやすくなったり、肌のターンオーバーが乱れやすくなって様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

夏のスキンケアが紫外線対策と保湿に力を入れていましたが、夏の終わりは疲れとダメージを修復するスキンケアが必要なのです。

 

 

夏の終わりのスキンケアのポイント

ルナビジュ

ポイントその1:血流アップ

夏の間、暑さ対策で冷たいものを摂取することが多かったと思います。冷たいものを摂取し続けると、内臓の代謝や全身の血流が滞って疲労を感じやすくなったり、肌の調子が悪くなるなど、様々なトラブルの元になります。

冷え切った体を温め、血流を改善することで代謝を上げることで、肌へ栄養が行き渡たり、ダメージ修復に繋がるのです。

 

入浴の基本は38度程度のお湯で半身浴

ルナビジュ

血流アップに欠かせないのがお風呂。湯船にゆっくり浸かることで、血液循環をスムーズにさせます。ポイントは、38度のぬるめのお湯に20分程度入浴すること。お湯が暑すぎると心拍数が急上昇し、逆に疲れがたまってしまいます。

また、サッと入るだけの短時間入浴もNG。血流を良くするためには、ある程度の時間が必要です。38度程度のお湯に半身浴なら、気温が高い夏の終わりでも無理なく長く入浴できます。

 

入浴中はフェイスパックで肌に潤いを

血流が良くなってくると、体がポカポカ温まります。この体が温まっている時を利用して、保湿スペシャルケアをしましょう。

普段使っているフェイスクリームやオールインワンゲルを肌にたっぷりのせて、5分〜10分ほどパックします。体温が上がっているのでクリームの肌なじみが良く、乾燥しやすくなった夏の終わりのドライスキンに潤いを与えられます。

保湿効果の高いセラミド、ヒアルロン酸が配合されているものを使うとより効果的です。

 

ポイントその2:フェイシャルオイルで肌を優しく保湿

ルナビジュ

紫外線や冷房の強い冷気を受けた肌は、よりデリケートになってなっています。また、紫外線の影響で肌のソフトさが失われ、ごわつきがひどくなる場合も。そんなお疲れ肌を保湿するために、低刺激で抗酸化作用の強いオイルが大活躍。

 

抗酸化作用、保湿効果の強いオイルを使う

オイルは肌馴染みが良く、硬くなったごわつき肌にもスルッと滑らかに整えます。オススメは、抗酸化作用のあるビタミンEを豊富に含むアルガンオイル配合のものや、保湿効果の高いシアバター。

お風呂上がりの肌に馴染ませたり、ベースメイク前に馴染ませて肌を保湿しましょう。

オールインワンゲルを使用している場合は、油分不足になりやすいのでゲルを塗る前にオイルを馴染ませておくと、十分な保湿ケアができます。

 

私も通年を通してオイルを愛用しています。いくつか美容オイルのレビュー記事も掲載しているので、チェックしてみてくださいね。

ルナビジュ
【ヴァーチェ/マルラオイル体験レポ】最先端美容オイルの効果を30代女子がお試し!

今回、レビューをお届けするのは、VIRCHE(ヴァーチェ)から発売されているマルラオイル。 近年、スキンケアアイテムとし ...

続きを見る

ルナビジュ
【ニコラオーガニクス体験レポ】メイク崩れなしの美容オイルで秋冬乾燥対策!

最近、空気が乾燥してきましたよね~。 寒がりな私はしっかり暖房をつけているんですが、暖房の前で仕事をしていると、肌の乾燥 ...

続きを見る

ルナビジュ
【ソルアネーロ ネイチャーオイル口コミ】30代40代の乾燥肌・年齢肌対策に!

今回、レビューをお届けするのはSol Anhelo(ソル アネーロ)のネイチャーオイル。 エイジングケアや乾燥肌のケアに ...

続きを見る

 

 

頭皮マッサージをプラスしてリンパの流れをスムーズに

顔に使えるオイルは、頭皮や髪にも使えるものが多いのでぜひ活用しましょう。オイルを手に馴染ませて、頭皮と顔の境目を中心に揉むようにマッサージをしてみてください。

境目にあるリンパの流れがスムーズになることで、夏の間に溜まったメラニンや老廃物が排出されやすくなります。

 

ポイントその3:美白スペシャルケアは続ける

ルナビジュ

紫外線対策を意識したスキンケアから、今度は紫外線ダメージを表面化させないスペシャルケアが必要になります。

紫外線による肌トラブルは、少しずつ表面化するもの。紫外線を受けた後のケア次第でトラブルが起こる前に防いでしまいましょう。

美白スペシャルケアは、美白有効成分が配合されたフェイスパックを週に一回行ったり、寝る前に美白効果のあるナイトクリームを使用すると良いでしょう。代表的な美白有効成分は、以下の通りです。

 

シミを予防する…アルブチン、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、コウジ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸

シミを薄くする…ビタミンC誘導体

 

美白有効成分は乾燥しやすい、というデメリットがあるので、保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、プロテオグリカンなど)も配合されているものがオススメです。

または、パックをした後に保湿クリームでしっかり水分補給をする、という使い方でも良いでしょう。

 

 

ポイントその4:白湯で冷え切った体を温める習慣を

ルナビジュ

入浴習慣に合わせて、体を温める習慣としてオススメなのが白湯。特に1日で最も体温が低い起床後に飲むことで、体温が上がりやすなり、夏の間に滞ってしまった代謝を回復させることができます。

体温が上がると血流も緩やかに改善されるので、肌に必要な栄養がしっかりといきわたるようになるのです。

白湯は、一度沸騰させたお湯を少し冷ましてから、少しずつ飲みましょう。一気飲みはNGです。

 

 

疲労ダメージを残さないリセットスキンケアで美肌をキープ!

夏の終わりは特にデリケートになる肌。いつも以上に優しく触れて、強い摩擦を与えない基本のスキンケアに加えて、血流を改善させて肌に十分な栄養を送るような間接的なケアも行いましょう。

また、紫外線ダメージを表面化させないための美白スペシャルケアも忘れずに!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.