ルナビジュ

美肌コラム

シミが出来た!どうしよう!新しいシミほど美白ケアがものをいう!?

投稿日:







 

夜、スキンケアをしながらふと鏡をみると、今までなかった茶色いシミを発見!
『いや~!!!』と嘆いても、シミは自分から消えてくれません。

 

30代以上の女性のうち、ほぼ100%の人に大なり小なりのシミがあると言われています。
でもでも!20代で美白に目覚めてからは、紫外線を避けて生きてきたのに、どうしてシミが私に!?
と思いますよね。

 

今回の美活コラムでは、30代以降で急に増えたと感じるシミについてのお話しをしていこうと思います。
意外と知らないシミ対策の落とし穴もあるんですよ。
シミが出来た!と分かったら、まず何をするべきなのか対策をばっちり取れば、そのシミ消えるかもしれません。

 

 

肌は過去の紫外線を覚えている

ルナビジュ

20代半ばになると、30代を目の前にして美白に目覚める女性も多いもの。
また、美白を気にしていなかったのに、30代になってシミが出始めて慌ててケアを始める女性も少なくありません。

 

紫外線を避けて、日焼け止めもバッチリ塗って、帽子もツバの広いものをかぶって…。
こんなに頑張っているのに、なんでシミが!?と愕然としてしまうことも。

 

このようなことが起こるのは、肌が過去に浴びた紫外線の量を記憶しているからなんです。
紫外線を浴びる=即シミが発生するというわけではないんですよ。

 

紫外線を浴びると、表皮のいちばん下にある基底層にある色素細胞のメラノサイトが、紫外線量を記憶します。
そのまま浴び続けると、メモリーが満タンになり、ある日突然メラノサイトが異常活性化。
それによってシミが肌に現れてしまうのです。

 

私たちが生涯にわたって浴びる紫外線量の約80%は、18歳以前に浴びているという研究データもあります。
ですから、20歳以降に美白に目覚めたとしても、すでにメモリーは満タン近くになっているというワケなんです。

 

今から過去に戻ってあの頃の自分を説得したい…と思っても時すでに遅し。
今すべきことは、まず紫外線対策と、出来てしまったシミを鎮静化させることを同時進行ですることなんです。

 

 

シミを諦めない!新しいシミほど美白ケアが効果あり

ルナビジュ

まず、徹底すべきことはUVカット剤を一年中使用すること。
意外とこの基本事項を守れていない女性は多いはず。

 

確かに、春から夏にかけての紫外線量は最も多いですが、それ以外の季節もUVケアは重要です。
先ほどもお話ししたように、肌の奥にあるメラノサイトが紫外線量を記憶していますからね。
メモリーを満タンにしないように、1年中紫外線対策は継続しましょう。

 

そして、万が一シミが出来てしまった場合。
こうなったら、徹底的に美白コスメを使いまくりましょう!

 

シミは古くなればなるほど、メラノサイトの活性が強くなり、美白ケアが効きにくくなります。
そのため、シミは出来た時が勝負!
出来立てホヤホヤのシミほど、美白剤で鎮静化させることが可能になります。

 

美白効果を期待するには、少なくとも3カ月間、十分な量の美白剤を使用することが大切。
ケチケチ使っていては、効果は半減ですし、シミの鎮静化にも時間がかかります。
可能であれば、1日に2回と言わず、3回以上美白剤を使用してみましょう。

 

もちろん、古いシミも諦める必要はありませんよ。
新しいシミに比べて効果を実感するには時間を要しますが、じっくり付き合ってあげることで薄くすることも可能です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ストレスがシミをより濃くする

ルナビジュ

美白ケアだけでシミ対策はばっちり!と思いたいところですが、ここで違う方向からシミのお話を。
実は、ストレスとシミの濃さが関係しているのは知っていますか?

 

私たち人間は強いストレスを感じると、体内で活性酸素が大量に発生します。
活性酸素は身体を酸化=老化させる物質なので、アンチエイジングの天敵でもあります。

 

活性酸素が大量発生すると、血液中のメラニン刺激ホルモンも大量に発生してメラノサイトを刺激します。
それによって、シミが肌にあらわれたり、肌のくすみが発生してしまうのです。

 

あまりに強いストレスがある場合、まだ薄かったシミが一晩で濃くなることもあるようです。
ストレスはシミの促進剤とでも言うべき存在なのです。

 

 

ビタミンCのパワーを借りて活性酸素を消去!

ルナビジュ

ストレスをなくすように…と言われても難しいのが現代に生きる女性。
仕事や職場の人間関係、プライベートでのトラブル…ストレスがゼロになんてならない!と言いたくなってしまいますよね。

 

ストレスの要因をなくす努力もしつつ、シミを濃くしてしまう活性酸素を消すようにしてみましょう。
ストレスで生じた活性酸素を消去してあげるには、ビタミンCを大量に摂取するのが一番です。

 

ストレスがあるなと感じたら、1日に最低でも2000mg(レモン約100個分)のビタミンCを摂るようにしましょう。
働き盛りの年代の女性や、喫煙者は特に血液中のビタミンCが不足状態になりやすい傾向があります。

 

体内にあるビタミンCが、ストレスによって脳や心臓など命に関わる臓器で大量消費されることで、肌に届きづらくなるという面も。
ビタミンCは、出来てしまったシミを薄くする作用が強い成分ですから、積極的に摂取しましょう。

 

このビタミンCはサプリメントなどで内服するのと同時に、化粧品から肌に吸収させるのも効果的です。
ビタミンCが高配合されている化粧品を選んで、継続して使用しましょう。
ストレスを避けて通れない世の中ですから、ビタミンCのパワーを味方につけちゃいましょう!

 

 

スポンサーリンク










 

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , , , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2019 All Rights Reserved.