ルナビジュ

美肌コラム

冬のメラニン追い出し作戦!ターンオーバー促進&シミ対策に効く食べ物まとめ

投稿日:

冬は乾燥対策の保湿ケアが中心になりがちですよね。でも、同時にしてほしいのがシミ対策。冬は、夏ほど紫外線量は多くないのですが、夏の間に蓄積したメラニンや、乾燥刺激で増えるメラニンがシミになって現れやすいのです。

メラニンは肌の奥深く、真皮で発生するので、肌表面の角層までしか浸透しない化粧品だけのケアでは限界があります。冬のシミ対策では、食べ物でターンオーバーを促進させ、メラニンを溜め込まない肌を作りましょう。

そこで今回は、ターンオーバ促進に良いと言われている食べ物をまとめてみました。冬は体を冷やしやすので、体を冷やさないような食べ方も一緒にご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

シミ予防はメラニンの排出が鍵!

メラノサイト メラニン 紫外線 シミ

通常、メラニンは肌の奥深くにあるメラノサイトという細胞から作られます。メラノサイトは、紫外線や摩擦刺激、乾燥刺激を受けると、肌を保護するためにメラニンを作り出そうという判断をするのです。

メラノサイトがメラニンを作る判断をした後、体内にあるチロシナーゼという酵素が、活性酸素を材料にして、メラニンを作り出します。

 

刺激 → メラノサイト → 「メラニンを作って肌を守ろう!」 → チロシナーゼ → メラニン発生 → シミ発生

 

作り出されたメラニンは、黒褐色の色素物質です。メラニンは、肌のターンオーバーで細胞が表面に押し出されるのと一緒に移動します。

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に行われていれば、メラニンは肌内部に留まらず、古い角質と一緒に排出されるのです。しかし、肌のターンオーバーは生活の乱れや加齢によって、周期に乱れが生じます。

 

 

メラニンを排出する肌のターンオーバーの仕組み

ターンオーバーは肌を守るバリアを作る

肌のターンオーバーは、細胞が生まれ変わり、最終的には肌を刺激から守るバリアを表面に作ります。

ターンオーバーの周期は、健康的な若い女性でおよそ28日と言われていますが、年齢とともに遅くなっていくのです。どのくらい遅くなるのかというと、年齢の1.2倍。

30歳なら36日、40歳なら48日という計算に!さらに、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアはターンオーバーを乱すので、人によってはもっと遅くなる可能性もあります。

 

ターンオーバーの乱れ=シミが発生

ターンオーバーが乱れると、本来排出されるべきメラニンが肌内部に留まってしまいます。そして、排出されずに蓄積されたメラニンは、シミとなって表面化するのです。

年齢とともにシミが発生しやすくなるのは、ターンオーバーが遅くなり、メラニンの排出が追いつかなくなるから。シミ対策には、美白化粧品でメラニンの生成を抑えるだけではなく、ターンオーバーを整えることも必要なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

ターンオーバーを促進させる食べ物&おすすめの食べ方

ルナビジュ

メラニンの材料になる活性酸素を除去する食べ物

活性酸素を除去する、抗酸化作用の強い食べ物を習慣的に摂取しましょう。抗酸化作用の強い栄養は、ビタミンC、ビタミンE、リコピンです。

 

ビタミンCは毎食取り入れる

ビタミンCは、野菜やフルーツ、イモ類に多く含まれますが、体内での消費率が高いため、肌に届きにくくなっています。そのため、毎食ビタミンCが豊富な食べ物を取り入れて、体内のビタミンCの血中濃度をキープしましょう。

さらに、サプリメントで不足しやすい分を補給すると、より肌に届きやすくなります。毎食取り入れるなら、朝は野菜たっぷりの味噌汁、夜は食後のデザートにビタミンC豊富なフルーツや、ローズヒップティーを摂取してみてください。

食後は栄養が吸収されやすいので、無駄なくビタミンCを取り込めます。

 

おやつ代わりにアーモンドでビタミンE摂取

抗酸化作用の強いビタミンEは、アーモンドやアボカド、ごま油、赤ピーマンに多く含まれています。

毎日取り入れるなら、無塩のローストアーモンドがおすすめ。スナック感覚で食べられるので、おやつ代わりに食べたり、お酒のおつまみにしても良いです。ホットヨーグルトのトッピングにも合います。腹持ちが良いので、空腹対策にも。

 

リコピン豊富なトマトは温かい料理かジュースで取り入れる

 

美白に良いと言われているトマトには、抗酸化作用が強いリコピンが豊富に含まれています。しかし、トマトは本来夏に旬を迎える夏野菜。冬に摂取すると体を冷やす作用で、冷え体質になってしまいます。

冬にトマトを食べるなら、ラタトゥイユやトマト煮込み、スープなど温かい料理にしましょう。また、リコピンは脂に溶けやすいので、最初にオリーブオイルやごま油で炒めたり、脂質豊富なチーズなどと一緒に食べましょう。

 

ターンオーバーを促進させてメラニンを排出する食べ物

肌のターンオーバーを促進させるのは、ビタミンAと亜鉛です。

ターンオーバー促進には、それぞれの栄養を単体で摂取するのではなく、吸収率を上げる組み合わせが必要。例えば、ビタミンAは脂に溶けやすいので、油を使う料理や脂質と一緒に摂取。亜鉛は、ビタミンCと合わせると吸収率がアップします。

 

ビタミンAはβカロチン豊富な食べ物から摂取する

βカロチンは体内でビタミンAに変換されます。かぼちゃやブロッコリー、人参など緑黄色野菜に豊富に含まれるので、毎食温野菜やメイン料理の付け合わせに取り入れましょう。

特に人参は、隠れシミを消すと言われているシミ対策にぴったりの食材。すりおろしてレモン汁、はちみつと合わせてホットヨーグルトにトッピングしたり、牛乳とコンソメ顆粒に合わせて人参ポタージュにするのがおすすめです。

 

 

ターンオーバーを整える「眠り」も見直して

ルナビジュ

ターンオーバーを行う成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。

また、ターンオーバーを正常に整えるためには、メラトニンという睡眠物質も必要です。メラトニンには、ターンオーバーを整えるだけではなく、メラニンの材料になる活性酸素を取り除く働きもあります。

メラトニンは、21時から分泌を始め、真夜中にピークを迎えるので、21時から0時までには眠るのが理想です。

 

また、メラトニンの分泌を促す食べ物を朝に摂取するのも効果的。赤身魚や大豆食品、バナナやゴマがメラトニンの分泌に良いと言われています。朝に豆腐や油揚げを入れた味噌汁や、トースターで焼いた焼きバナナがおすすめです。

 

 

まとめ

ルナビジュ

冬のシミ対策は、肌のターンオーバーを整え、メラニンの排出を促すことを意識しましょう。ターンオーバーを整えるためには、代謝を促進させる食べ物を習慣的に取り入れ、毎日しっかり睡眠を取ることが大切です。

メラニンを溜め込まない肌を育てて、透明感のある素肌を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.