シミに美白化粧品が効かない!?シミの種類によってケア方法は違ってくる! - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

シミに美白化粧品が効かない!?シミの種類によってケア方法は違ってくる!

投稿日:

ルナビジュ

シミが肌に現れたら、まずは美白化粧水を…となる女性も多いですよね。

ですが、一口にシミと言っても、医学的な観点からみるといくつかの種類に分けられるのはご存知でしたか?

 

種類によってケア方法が全く異なってくるため、『なんで美白化粧品を使っているのに消えないの!?』ということが起きてしまうのです。

シミを消したい!と思ったら、まずは自分のシミの種類を正しく知ることが重要になってきます。

 

ここでは、シミの種類とその特徴、そしてケア方法について詳しくご紹介していきます!

鏡を用意して、自分のシミに当てはまる種類はどれか、チェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

あなたのシミの種類は?

老人性色素斑(日光性黒子)

ルナビジュ

まず多くの女性に当てはまるシミが、この老人性色素斑

いわゆる、日焼けで出来てしまったシミのことですね。

 

シミの中で最もポピュラーなタイプのもので、数ミリ~数センチの丸いシミになっています。

頬骨のあたりから出来始めることが多いのが特徴です。

 

この老人性色素斑は、見えるか見えない程度のごく初期であれば、美白効果のある化粧品でのケアは有効です。

また肌の古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促すピーリングも定期的に行うのもオススメ。

 

ただし、濃くはっきりしてきたものを消すには、レーザー治療が必要になります。

 

 

脂漏性角化症

紫外線の影響がさらに蓄積して皮膚の表面が盛り上がり、イボのようになったものが脂漏性角化症です。

表面は岩のようにゴツゴツしていることが多いのが特徴です。

茶色や黒のほかに、肌色のものもあります。

 

この脂漏性角化症は、レーザーなどで焼いてとる治療をしなければ取れません。

気になる方は、皮膚の専門医に相談するのがオススメです。

 

 

そばかす(雀卵斑)

ルナビジュ

そばかすは遺伝的なシミで、10代の頃から現れるのが一般的と言われています。

鼻を中心に小さなシミが散らばるように出来ます。

よく見ると、シミのひとつひとつが三角や四角い形をしているのが特徴です。

 

そばかすの場合、美白化粧品の効果はあまり期待できません。

レーザー治療であれば有効ですが、再発する可能性もあるのがネック。

 

 

炎症性色素沈着

にきびや傷、虫刺されの跡などが、茶色いシミとなって残ったものが炎症性色素沈着

自然に治って消えていくことも完全に消えるまで2~3年かかることもあります。

 

この炎症性色素沈着の場合は、ピーリングで肌のターンオーバーを活発にしてあげるのがオススメ。

美白効果のある化粧品によるケアも効果が期待できます。

ただし、レーザー治療は不向きとされています。

 

 

肝斑

ルナビジュ

頬骨の部分に左右対称にできる、モヤモヤとした薄い茶色や灰色のシミが肝斑です。

この肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と考えられています。

 

肝斑の場合、病院で処方される薬(トラネキサム酸)を服用すると薄くなることが多いです。

ピーリングや美白効果のある化粧品でのケアも有効。

近年、肝斑が注目されるようになってから、肝斑専用の美白化粧品やサプリも登場しているので、それらを試してみるのもオススメです。

 

 

花弁状色素斑

日焼けしたあと、肩から背中にかけて出来る小さなシミを花弁状色素斑と言います。

シミのひとつひとつが花びらのような形をしているのが特徴です。

 

美白効果のある化粧品によってある程度薄くすることは可能。

ですが、キレイに消すにはレーザー治療が必要です。

 

 

シミを薄くする方法は?

ルナビジュ

自宅ケアは美白化粧品+ピーリングを

美白化粧品で消せるシミ、消せないシミとご紹介してきました。

あなたが悩んでいるシミは、どのタイプでしたか?

 

一般的な老人性色素沈着(日焼けでできたシミ)や、炎症性色素沈着、肝斑などは基本的に自宅でもケアが出来るシミと言えます。

美白化粧品を使い、そして定期的にピーリングを行うことでシミを予防・改善していくことが可能です。

ただし、それぞれ効果的に行うコツや注意点があるんです。

それについては、また後日記事にまとめたいと思います。

 

 

即効性と確実性を求めるなら皮膚科での治療を

ルナビジュ

美白化粧品の成分をこだわってみたり、ピーリングを定期的に行っても、やはり結果が出るまでは時間がかかるものです。

即効性を求めるのであれば、皮膚科での治療がやはりオススメ。

皮膚科で受けられるシミ治療には以下のようなものがあります。

 

レーザー

フォトフェイシャル

ピーリング

レチノイン酸ケア

 

これらの治療は、目的や治療費、治療期間や得られる効果がそれぞれ異なります。

皮膚科でのシミ治療については、また後日記事にまとめたいと思いますのでお楽しみに!

 

 

まとめ

今回の美肌コラムでは、美白効果をもつ化粧品が効くシミ・効かないシミについてご紹介してきました。

もし、効くシミの種類なのに待てど暮らせど効果が出てこない…!という人は、もう一度使用している美白化粧品そのものや、使い方を見直してみる必要があるかもしれません。

 

私もシミ対策を日々行っていますが、あれこれお試し中です。

効果があった2商品の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

アイキララで30代目元のたるみ・クマ・シミを改善できるのかお試し

【オバジC10体験レポ】30代女子の毛穴の開き・シミは1カ月で消えるのか!?

 

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.