ルナビジュ

美bodyコラム

【産後ダイエットが成功する5つの方法】1カ月検診後からスタート!

更新日:







 

『産後の体重がなかなか元に戻らなくて…』『授乳と赤ちゃんの世話に必死になっていたら、あっという間に痩せていた』と、産後の体重の戻り方は人によって実にさまざま。

 

ですが、妊娠によって引き伸ばされたお腹がたるんでしまうのは、産後ママならみな同じです。
タプタプとしたお腹が目に入るたびに、『ダイエットしなきゃ!』『どうにか細くならないと!』と焦ってしまいますよね。

 

今回の美bodyコラムでは、産後のダイエットについてお話ししていこうと思います。
少しの心がけで、効率よくシェイプアップ出来ちゃいますよ。

 

 

美ボディ作りは1カ月検診が終わってから

ルナビジュ

まず注意してほしいのが、産後ダイエットのスタートをきるのは1カ月検診で『異常なし』と母体の診断をされてから。
それまではどんなに体調が良かったとしても、休養を最優先にしてくださいね。
脂肪燃焼や身体の引き締めは産後1カ月を過ぎてからでも遅くはありません。

 

1カ月検診で異常がないと判断された場合、無理のない範囲で体型戻しを目的とした運動を始めましょう。
そして、本格的な運動は3カ月を過ぎてからにしてください。

 

赤ちゃんが生まれてからは、限られた時間でのダイエットになってきます。
自分のための時間をじっくりととることは難しいですから、効率よく脂肪を燃焼していくのがベストです。
そのためには、運動と同時にセルライト除去、食生活なども実行していきます。

 

では、さっそく詳しく産後ダイエットの方法について解説していきます。

 

 

脂肪燃焼のための運動を楽しもう!

ルナビジュ

やはり産後ダイエットにかかせないのが運動です。
脂肪を燃焼してくれる有酸素運動を生活のなかに取り入れていくのがオススメです。

 

つらいと感じてしまっては長続きはしません。
自分が楽しく取り組める運動を出来るだけ毎日続けるのがポイントです。

 

なかでのオススメしたいのが、踏み台昇降運動
適度な高さの段差を作り、上り下りをするだけです。

 

踏み台は不要な新聞紙や雑誌類を、ガムテープなどで固定して作ってもいいですね。
足を滑らせないように注意して行いましょう。

 

この踏み台昇降運動をする時は、好きな音楽をかけてみましょう。
それに合わせて運動し、上半身も腕を左右に大きく振るなどすれば、運動量もアップしますよ。
もちろん、テレビ番組を見ながら行ってもあっと今に時間は過ぎてしまいます。

 

目安としては、1日5分からスタートしてみましょう。
慣れて来たら時間を増やしていくようにします。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コンパクトステップボード 2段階調節 0218163 [直送品]【10P27May16】
価格:3980円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)

 

 

 

 

セルライト除去で産後ダイエットを加速しよう

ルナビジュ

脂肪のかたまりであるセルライトは、そのままでは排出されにくい性質があります。
ダイエットを頑張っているのに、お腹や太ももが引き締まらない…という人はセルライトが原因の可能性も。

 

セルライトを砕いてあげると、脂肪は取れやすくなり、ダイエットの妨げになりません。
そのため、運動と並行してセルライト除去を行うのがオススメです。
セルライトの除去方法については、こちらの美bodyコラムで詳しくお話ししています。

 

 

リンパマッサージでダイエット効果を促進させよう

ルナビジュ

 

運動やセルライト除去を行ってもなかなか成果が表れないと言う人は、リンパや血液の流れが悪くなっていることが。
老廃物を排出してくれるリンパや血液の流れが滞っていると、思うようなダイエット効果が得られません。

 

反対に、リンパや血液の流れをスムーズにしておくことで、運動などのダイエット効果は倍増しますよ。
リンパマッサージを行うタイミングとしては、運動の前後がベストです。

 

そんな時間とれない!という方は、隙間時間でリンパマッサージを行ってもよいでしょう。
リンパマッサージの詳しいやり方については、こちらの美bodyコラムで詳しくお話ししています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

正しい姿勢&正しい呼吸でボディラインを整えて

ルナビジュ

普段の姿勢や呼吸法を意識するだけでも、産後ダイエットを成功に近づけることが出来ます。
それが、正しい姿勢をキープして丹田呼吸を心掛けること。

 

まず丹田呼吸についてです。
丹田(たんでん)とは、おへその下にある身体の中心とされるツボのこと。
そこを意識して腹式呼吸を行うことで、インナーマッスルが自然に鍛えることができます。

 

また、丹田呼吸を行うことで、全身がリラックスして自律神経のバランスを整える効果もあります。
さらに血行が促される、免疫力が高まるなどの効果も期待できますよ。

 

そして、丹田を意識しながらの呼吸のまま、美しい姿勢をキープできるようにしましょう。
やり方はとても簡単です。
普段から背筋を伸ばし、肛門を引き締めて丹田呼吸を行います。
これだけで、腹筋骨盤底筋などを鍛えることが出来ます。

 

簡単なようですが、なかなかこれを意識して行っている女性は少ないのです。
姿勢が崩れたまま過ごしてしまうと筋力のバランスが崩れ、おなかや背中、お尻、太ももにかけて脂肪がついてしまいます。
さらには腰痛、ぎっくり腰の原因にもなってしまうので注意しましょう。

 

 

母乳の分泌を促すバランスのとれた食事を

ルナビジュ

産後ダイエットを成功させる最後の方法は、食事内容の見直しです。
普通のダイエットでも食事内容はきわめて重要なものですよね。
産後ダイエットでは、母乳の分泌を促進してくれる、低カロリーで栄養バランスのよいメニューを摂りましょう。
低カロリー・栄養バランスの良いメニューというのは、母乳にも良いですし、そのままダイエットにも最適なメニューと言えます。

 

特に産後ダイエットにオススメなメニューが、具だくさんのお鍋
昆布だしをベースにして、冷蔵庫にある豆腐や肉、野菜、キノコなどをたっぷり入れたお鍋です。
離乳食にも応用がききますから、とても手軽です。

 

ポン酢やごまだれなど、色々なたれで味を変えると飽きずに食べられます。
市販の1人鍋用スープを使って、鍋そのものの味を日替わりにして食べてみるのも良いでしょう。

 

体を温め、血液をサラサラにする食事を積極的にとって、健康的にダイエットをしましょう!

 

 

さいごに

ルナビジュ

 

産後は体が急速に戻ろうとしている時期です。
そのため、ダイエット効果が出やすい時期でもあります。

 

無理のない範囲で、運動やマッサージはあかちゃんが寝ている時間など合間を見つけて行ってくださいね。
成果を楽しみに取り組みましょう!

 

 

スポンサーリンク










 

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.