ルナビジュ

美bodyコラム

【アウトバストリートメントおすすめの選び方】2つのポイントを抑えて美髪に

投稿日:

髪の毛 美容 ヘアスタイル

今回の美bodyコラムは、アウトバストリートメントを上手に選ぶコツについて。
お風呂からあがってから行うアウトバストリートメントは、もはや定番のヘアケアアイテムになっていますよね。

 

でも、ちゃんと自分にあっているものを使っている女性は意外と少ないようです。
今回は、今更聞けないアウトバストリートメントの正しい方法と、自分にあったものを選ぶコツについてお話ししていこうと思います。

 

スポンサーリンク



アウトバストリートメントって普通のトリートメントと違うの?

ルナビジュ

トリートメントには、大きく分けてインバストリートメントとアウトバストリートメントの2種類があります。
インバストリートメントとは、その名の通り洗髪後に浴室内で使用するトリートメントのこと。
髪に塗布したあとに、お湯で洗い流すタイプのものですね。

 

それと反対に、お風呂から上がったあとに洗い流さないタイプのアウトバストリートメントがあります。
洗い流さないため、美髪成分が髪に長くとどまってくれて、髪の毛を保護してくれる効果が高いという特徴があります。
そのため、髪の毛の美容に気を使う女性から人気が出ています。

 

 

アウトバストリートメントの正しい使い方は?

ドライヤー前に濡れた髪の毛にオン

ルナビジュ

アウトバストリートメントは、ドライヤーの前に使用するのが効果的です。
塗れた髪に使用することで、髪についた水分になじみ、薄く広がっているのでべた付きすぎることを防ぐことが出来ます。

 

また、濡れた髪の毛に前もってつけておくことで、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれるというメリットもあります。
必要以上に髪の毛を乾燥させ過ぎないので、パサパサになってしまうのを防げます。

 

スタイリングの前に使ってもOK

お出かけ前のブローや、ヘアアイロンなどを使用する前にアウトバストリートメントをつけるのもオススメ。
前もって髪の毛に塗布することで、乾燥や熱のダメージを防止してくれる効果があります。

 

ただし、乾いた髪の毛につける場合はピンポイントで髪の毛についてべた付きやすくなるので、両手で薄く広げてから気になる毛先を中心につけるようにしましょう。

 

 

自分に合ったアウトバストリートメントを見つける2つのポイント

ルナビジュ

あなたの毛量は多い?少ない?

評判の良いアウトバストリートメントだからと言って、必ずしも自分に合っているとは限りません。
まず、自分の毛量はどのくらいか把握しましょう。

 

毛量には個人差があります。
そのため、自分の毛量に合ったアウトバストリートメントを探す必要があるのです。

 

アウトバストリートメントの質感は重い?軽い?

ルナビジュ

2つめのポイントとなるのが、質感です。
あなたが使おうと思っているアウトバストリートメントの質感は、重めのものでしょうか?軽めのものでしょうか?

 

毛量が多い人は、質感が重めのクリームやオイルタイプのものがオススメ。
反対に毛量が少ない人は質感が軽いジェルやミルクタイプのものを選びましょう。

 

この見極めがうまくいかないと、トリートメント効果に物足りなさを感じたり、反対に髪の毛がぺったりしすぎて不潔な印象になってしまいます。

 

 

髪質別オススメのアウトバストリートメント

ルナビジュ

では、実際、髪質別にオススメのアウトバストリートメントをご紹介していきます。
ぜひ、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

 

乾燥でパサつく、ボリュームがある髪の人には“オイルタイプ”

髪の毛のパサつき、髪のボリュームでまとまりがない!と悩んでいる人には、オイルタイプがオススメです。
髪の毛全体になじませるようにつけていきましょう。
髪の毛全体ではなく、毛先だけの乾燥や広がりが気になると言う人は、毛先だけこのオイルタイプを使用するのもあり。

 

おすすめのオイルタイプ



瀬賀しおりプロデュース【リピアミューズ パーフェクトヘアオイル】

2種類の香りから選べるヘアオイル。
12種の植物オイルを配合し、さらに4種の植物エキスも配合されています。

 

髪の乾燥・ボリュームで悩む人は、シリコン配合のヘアオイルが必要。
純正オイルではやはりべた付きがつきものですが、シリコンを入れることでべた付きを解消し、さらにシットリサラサラのボリュームダウンが狙えます。

 

 

寝癖が気になる、スタイリング前の髪に使いたい人には“ミストタイプ”

朝の寝癖直しや、ブローの前に使用したいと言う人にオススメなのは、ミストタイプのアウトバストリートメント。
ミストタイプなので、髪の毛全体に均一に広げることが簡単です。
また、パーマのウェーブを復活させたいという時にも、このミストタイプがおすすめです。

 

おすすめのミストタイプ

 

 

美容雑誌で人気のジョンマスターオーガニックから出ているミストタイプのトリートメント。
オーガニックラベンダーエッセンシャルオイルが髪を守り、ミネラルの効果による自然な乾燥を防いでくれます。

 

また、オーガニック植物と海洋由来の成分で毛髪を拡張させるので、根元にボリュームを与えキープさせます。
ペタっとなりすぎるのが心配と言う人にも。

 

 

髪の毛が硬くて、ボリュームに悩んでいる人には“クリームタイプ”

髪の毛が硬い、ボリュームがあってまとまらない、という人にオススメなのがクリームタイプ。
濡れた髪の毛にトリートメントをなじませて、ブローすることで一気に髪がボリュームダウンします。
扱いやすい髪にしたいと言う人にはクリームタイプがいいですよ。

 

おすすめのクリームタイプ



まとまらない髪をストレートヘアへ

こちらのシュクルン ヘアストレートトリートメントは、くせ毛、うねり、ボリュームのある髪を一気にストレートに導いてくれるアウトバストリートメント。
半乾きの髪になじませて、ストレートになるようにブローするだけです。

 

髪の毛の爆発で朝が大変、髪がうねってまとまらない、くせ毛は解消したくても髪の毛を痛めたくないと人にも。
縮毛矯正後のケアにもオススメのトリートメントです。

 

 

ダメージの少ない髪、毛量が少ない人には“ミルク・ジェルタイプ”

ダメージはまだ少ないけど早めにケアをしておきたい、毛量が少ないからオイル系はぺったりしてしまう…と言う人には、ミルクやジュエルタイプの軽い質感のトリートメントがオススメ。

 

ボリュームダウンが心配な人は、ダメージの気になる部分のみにつけるようにしましょう。
このタイプの人は、つけすぎには要注意です。

 

オススメのミルクタイプ

 

 

パンテーンから発売されているディープリペアシリーズ。
その中で、髪の毛のボリュームが少ない人用のものがあるので、そちらがオススメ。
弱く、元気のない髪にもハリとツヤを与えてくれます。

 

 

さいごに

いかがでしたか?
髪質や悩みによってスタイリング剤を変えるように、アウトバストリートメントも髪質、髪の悩みによって変えてみませんか?
マイベストのトリートメントを見つけることが出来れば、毎日のスタイリングやケアもとても楽になりますよ。
ぜひ、参考にして自分に合うものを探してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク







 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.