ルナビジュ

美肌コラム

【植物由来・オーガニックの真実】自然化粧品は本当に肌に優しいの?

投稿日:







 

前回の美肌コラムでは、【無添加化粧品・ノンケミカル化粧品の真実】と題して、その意味するものについてお話ししました。
両方とも、医薬品医療機器等法(旧薬事法)には分類、定義がないものでしたね。

 

今回も、それらの問題に続いて、植物由来化粧品、オーガニック化粧品についてお話ししていこうと思います。
いわゆる自然化粧品と呼ばれるものですが、肌に優しそうというイメージで購入をしている方も多いかと思います。

 

自分にぴったり!という化粧品に巡り合えた人がいる一方で、盲目的にそれを信じてしまうあまり取り返しのつかない肌トラブルを抱えてしまう女性も少なくありません。
今回の美肌コラムでは、植物由来、オーガニック化粧品の意味や効果について、詳しくお話ししていこうと思います。

 

 

自然化粧品は肌に優しいって本当?

ルナビジュ

 

天然物=安心という考え方は間違い

自然化粧品とは、そもそもどういったものを指しているのでしょうか。
ナチュラルコスメ、自然派化粧品とも呼ばれたりしていますね。
自然派化粧品の定義は難しいですが、世間一般的には天然物(特に植物成分)を配合している化粧品が言われています。

 

人工物⇒石油⇒合成⇒危険(刺激物)を連想するものの対局として自然化粧品と言えば何でも肌に優しい、安心、安全と思いがちです。
ですが、本当にそうなのでしょうか?

 

天然物であるレモンやアロエの汁には、微量ながらアレルギー物質が存在しています。
一般的に、天然物には余計なものが入っていることが多く、様々な化学式で表される物質が多く存在します。
それらの中にはもちろん、肌に優しくない物質も多数あるのです。

 

また、香料も肌に良くないからと多くの人が避けているものです。
ですが、香料の多くはバラの花などから抽出される天然成分です。
そういう人に限って、自然=安心と思っている場合が多い…これって変ですよね。

 

 

化学物でも安全なものはたくさん

ルナビジュ

化学物は安心できない!と思っている人は多いですが、そうとは言い切れません。
例えば、塩です。
塩はNaClと表され、人間を含め生物には欠くことの出来ない物質です。

 

学生時代の実験を思い出してみましょう。
塩酸に苛性ソーダをいれると反応し、HCl+NaOH→NaCl+H2Oで、純粋な塩が作成されます。
この塩は危険な成分でしょうか?
みなさんも知っている通り、安全なものですよね。

 

また、石鹸はパーム油やヤシ油を苛性ソーダでケン化(化学反応)させて作られます。
ですから、化学反応=危険という短絡的なものではない、ということなんです。

 

皮膚科医がよく処方するものにワセリンがあります。
手作りの化粧品を作るときにも、このワセリンが使用されますが、これは鉱物油です。
また、スクワランも合成スクワランが多用されています。

 

合成だから危険だ、自然の物だから安全だ、とひとくくりに考えてしまうのはナンセンスです。
問題は何が含まれ、その安全性がきちんと確認されているかどうか、が重要なのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

植物由来の成分は肌に優しいのは本当?

ルナビジュ

植物由来=安全と考えるのは短絡的

化粧品の『植物由来でお肌に優しく』や『植物由来成分配合!』というキャッチコピーをよく見かけます。
植物由来だから、すべて肌に安全だというのはどうも疑問があります。

 

石鹸を例に見ていきましょう。
石鹸の製造過程では、油脂に苛性ソーダを加える、もしくは高級脂肪酸を苛性ソーダで中和するか、などの方法で製造します。

 

この油脂や高級脂肪酸の原料は、昔はクジラの油や牛脂(牛の油)を使用していました。
現在では、パーム油やヤシ油などのいわゆる植物由来の油を、石鹸の原料にしています。

 

かといって、クジラや牛脂から製造した石鹸と、パーム油やヤシ油から製造した石鹸の安全性を比較したとき、同じ脂肪酸組成であるならば、肌に対する安全性はまず同じと考えられます。

 

一昔前に、台所洗剤の皮膚への安全性に注目が集まりました。
それまで原料として多く使用されていた、石油を原料としたアルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムと、現在多くの台所洗剤に使用されている植物油脂を原料にしたアルキルエーテル硫酸ナトリウムには、皮膚の安全性での違いがありました。
この場合、植物油脂が原料のアルキルエーテル硫酸ナトリウムの方が肌に優しいということで、使用原料が移行していった背景があります。

 

この出来事から、人々は植物由来=安全というイメージを持つようになったようです。
ですが、この事柄をすべての他の原料にまで当てはめて、『植物由来だから肌に優しい』という表現をしてしまうのは、少し不親切であると思います。

 

 

オーガニック化粧品は肌にやさしいって本当?

ルナビジュ

植物を抽出・加工・精製しているから成分確認はしっかりと

オーガニック植物とは、化学肥料や農薬を使用しないで栽培した植物のことです。
有機栽培植物とも呼ばれます。

 

一般的には、この化学肥料や農薬を使用しないことだけで、『オーガニック植物を使った化粧品は安全性が高い』と思われがちです。
ですが、実際はオーガニック植物を化粧品としてそのまま使用するわけではありませんよね。
植物を化粧品として使用する場合は、抽出・加工・精製といった製造工程を経てから使用されます。

 

つまり、自分の肌に安全・安心かはイメージだけで選択するのはとても危険です。
オーガニック化粧品の場合も、一般の化粧品と同様に、成分として何が入っているのかを成分表示を見て確認しましょう。
また、試供品を使って、自分の肌との相性を見極めることもオススメします。

 

 

スポンサーリンク










 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.