ルナビジュ

美肌コラム

ファンデーション卒業宣言!アラサーのベースメイクは引き算で魅力を引き出して

投稿日:

年齢を重ねるにつれて、シミやしわ、毛穴の開きなど肌トラブルが目立つようになりますよね。肌トラブルをカバーするために、ベースメイクがどんどん厚塗りになると、化粧崩れしやすくなったり、逆に老けて見えるようになってしまいます。

最近のベースメイクのトレンドは、ツヤがあって抜け感を感じるナチュラルメイク。人気メイクアップアーティストの河北祐介さん曰く、ほとんどの女性はファンデーションを塗りすぎだそうです。

ごちゃごちゃ塗りたくるベースメイクは卒業して、下地とコンシーラーだけでも十分綺麗な素肌を作り上げることは可能だとか。今回は、アラサー女性のナチュラルなベースメイク方法を解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

アラサー女子が実践すべき引き算ベースメイクの方法

ルナビジュ

30代ベースメイクの理想はスキンケア後の潤い肌

素肌がみずみずしく、ツヤがあるとグッと若々しく見えます。ベースメイクでしっかり肌をカバーすると、元々の肌の潤いやツヤがマットになってしまいます。スキンケアをした後のもっちり潤いのある肌をそのまま生かすベースメイクを目指しましょう。

そのためには、化粧下地は潤いとパール感のあるテクスチャーのものを薄くつけます。化粧下地の量はパール一粒分で、顔の表面に薄いベールをかぶせるようなイメージで。頰の中心から外に向かって優しく叩き込み、仕上げに両手で顔を包み込んでなじませます。

 

コンシーラーで肌トラブルをカバーする

ルナビジュ

ニキビなどにはコンシーラーは塗る、というより肌に置くようにつけると色落ちしにくいです。指で塗る人も少なくないですが、綿棒で丁寧にカバーするのが正解。トラブルによってコンシーラーの色は変えます。

  • くま・・・オレンジ系コンシーラーを目の下に楕円になるように伸ばし、下に向かってぼかす
  • シミ・・・ライトベージュとダークベージュを混ぜて使う
  • ニキビ・・・ライトベージュとイエローベージュを混ぜ、綿棒で患部にちょこっとのせる

また、ファンデーションなしでも素肌を綺麗に見せるために、ベージュコンシーラーを肌の所々にのせてメリハリを出しましょう。小鼻の脇から頰の高い位置に向かう部分、法令線、あご先、小鼻の脇に薄く伸ばします。

仕上げにスポンジで優しく叩き込んで肌に密着させてください。この仕込みコンシーラーには、肌馴染みのいいクリームタイプかリキッドタイプのコンシーラーがオススメです。

 

パウダーは目元と眉部分にのみ使用

ルナビジュ

パウダリーファンデーションか肌色のフェイスパウダーをブラシにのせ、目元と眉部分にふんわりとつけます。アイメイク、アイブロウメイクの発色と持ちが良くなるテクニックです。

オイリー肌の方でTゾーンがテカリやすい人は、ベースメイク前に乳液でしっかり肌を潤わせ、メイクの仕上げにカラーレスのルースパウダーをTゾーンにのせましょう。

 

ハイライトとシェーディングで立体感をプラス

ルナビジュ

素肌感を生かすために、ハイライトとシェーディングは肌馴染みのいいクリームタイプをスポンジでのせます。ハイライトは、光を集めて高く見せたいTゾーン、頰に。シェーディングはフェイスラインにぐるっと入れて、スポンジでしっかりぼかします。

頰にクリームタイプのハイライトをのせると、光の効果で毛穴も目立ちにくくなるのです。ハイライトとシェーディングを使うと、ファンデーションなしでも立体感のある仕上がりになります。

 

 

「ファンデーションなしはちょっと・・・」という人には「中心だけ塗り」がオススメ

ルナビジュ

ファンデーションなしのベースメイクは自信がない・・・という方はリキッドファンデーションを顔の中心にだけのせる方法で薄づきメイクにしましょう。

顔のどの部分も均一にべったりのせると、いかにも「メイクしてます感」が出てしまいます。顔の中心にだけリキッドファンデをのせ、外側に向かってぼかしていくと自然な立体感が生まれ、ナチュラルな素肌感を演出できます。

 

リキッドファンデを薄づきに使うコツ

リキッドファンデを肌にのせて伸ばす時は、人差し指は使わず、中指と薬指二本指を使います。中心から外側に向かって、リキッドを滑らせるように優しく広げてください。

仕上げに、スポンジでさらに中心から外側に向かってぼかしていきます。フェイスラインは最後にスポンジに残ったファンデを軽くつける程度でオーケーです。

 

スポンサーリンク

 

 

肌トラブルをカバーするひと手間ベースメイクテク

ルナビジュ

メイク前に乳液で肌に油分を与える

皮脂崩れは皮脂の過剰分泌が主な原因です。スキンケアで水分と油分のバランスを整えておくと、皮脂の過剰分泌が抑えられてメイク崩れやテカリが出にくくなります。

化粧水で肌を潤した後は、乳液で程よい油分を与えてふっくらもっちり肌に仕上げましょう。

 

コンシーラー、ファンデを叩き込むスポンジは水に浸しておく

スポンジを水に浸し、絞って使うと肌への負担が軽くなり、コンシーラーやファンデが伸ばしやすくなります。

 

仕上げのパウダーの後はミスト化粧水でメイク崩れ防止

パウダーを使った後にミスト化粧水を空中に吹きかけ、ミストを肌にくぐらせます。パウダーが化粧水の水分で肌にしっかり密着するので、メイク崩れしにくくなるのです。

この時に使用するミスト化粧水は水分のみのものではなく、潤い成分が配合されているものを選びましょう。水分のみのものは、蒸発する際に肌の水分も一緒に奪ってしまうからです。

 

 

ナチュラルベースメイクに合うポイントメイク

ルナビジュ

ベースメイクがシンプルなので、ポイントメイクもナチュラルで抜け感のあるものにします。ポイントメイクもベースメイクと同じように、ツヤ感を意識しましょう。

アイメイク

ゴールドのアイシャドウでまぶたにツヤをプラスする。ツヤを引き立たせるために、アイライン、マスカラはブラウンで色を抑える。下まぶたのキワにもゴールドのアイシャドウを塗り、下まつ毛にもマスカラを一本一本丁寧に塗る。

 

アイブロウ

ブラシで毛流れを整えたら、ペンシル、パウダーで眉毛のアウトラインを描き、パウダーで毛が足りない部分を埋める。ラインは柔らかなアーチを描くようにする。

 

 

まとめ

ルナビジュ

ファンデーションなし、下地とコンシーラーだけのベースメイクは肌への負担が少ないため、肌の代謝が下がりがちな生理前や肌の調子が悪い時にオススメ。

仕事で平日はしっかりメイクをしなければいけない、という方は休日だけでもファンデーションなしのヘルシーベースメイクにトライしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.