ナイトクリームで夏の肌ダメージをしっかり回復!3つのコツで効果アップ - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

ナイトクリームで夏の肌ダメージをしっかり回復!3つのコツで効果アップ

投稿日:

乾燥しやすい夏から秋へと移り変わる季節は、夏の肌の疲れをできるだけ持ち越さないことがスキンケアでの最大のポイントになります。

そんな時に紫外線対策と合わせて重視したいのが、肌を回復させるためのケア。中でも、紫外線で荒れた乾燥肌対策として、肌の修復タイムの夜に使うナイトクリームに注目です!

 

スペシャルスキンケアとして美容界では当たり前のアイテムですが、意外と知られていない&実践している女性が少ないんですよね。

そこで、今回の美肌コラムのテーマはナイトクリームについてお話ししていきたいと思います。ナイトクリームの持つ役割、その効果的な使い方についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ナイトクリームは他のクリームと何が違うの?

ルナビジュ

ナイトクリームは、夜のスキンケアの最後や就寝前に使用するクリームです。

「ナイトクリームじゃなくて普通のクリームでもいいのでは?」と思う方も少なくないでしょうが、昼用のクリームとナイトクリームには配合されている成分が異なります。

 

昼用のクリームは、油分が多いと化粧崩れを起こしてしまうため、比較的油分は少なめ。また、UV対策のために紫外線吸収剤が含まれていることもあり、つけたまま眠るには肌への刺激が強いのです。

 

一方、ナイトクリームは油分が多めに作られ、こっくりとして重めのテクスチャーのものが多め。昼に使うと油分が多くて化粧崩れを起こしたり、紫外線が当たると油焼けを起こす可能性があるため、使用は夜に限られています。

このように、どちらも使用目的は保湿ですが、配合されている油分の割合や成分が異なるので、昼用と夜用に分かれているのです。

 

 

ナイトクリームが持つ3大効果

ルナビジュ

「そもそもナイトクリームって本当に必要なのかな?」と疑問に思う方は多いと思います。

ナイトクリームの主な役割は保湿。肌に保護膜を作って、肌内部の潤いや先に使用した化粧品に含まれる美容成分を閉じ込め、ふっくらとした健康的な肌を作ります。

 

ナイトクリームは30代以降の保湿ケアに有効

30代以降になると、肌の保湿成分であるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが減少傾向に。これら肌本来の保湿成分が不足すると、肌内部の潤いが減って乾燥が進みます。

そのため、ナイトクリームのような外側からの保湿ケアで、乾燥や乾燥による小じわを防ぐ必要があるのです。

 

夏の日中に受ける肌ダメージを修復

ルナビジュ

特に夏は紫外線、冷房、汗、体の冷えからくる血行不良などで乾燥しやすい季節。夜は紫外線ダメージを修復するケアに合わせて、保湿ケアも行わないといけません。

また、昼に受けたダメージを修復する夜に、ナイトクリームで肌を保湿することで睡眠中の成長ホルモンによる肌の修復作業をサポートする、という役割も期待できます。

 

肌の代謝をスムーズにして好循環を生み出す

肌が乾燥していると、肌内部の代謝が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。また、夏は紫外線から肌を守るために、角質が分厚くなりやすく、肌がゴワツキやすくなるのです。

ナイトクリームで保湿ケアをすることで、翌朝の肌はもっちり、硬くなりがちな角質も柔らかくなり、朝におこなうスキンケアの効果もアップします。

 

 

ナイトクリームの基本の使い方&オススメテクニック

ルナビジュ

つけすぎ注意!適量を分けて優しくなじませる

ナイトクリームをたっぷり使っても効果は変わりませんし、逆に油分過多で毛穴の詰まりを起こしてしまう可能性があります。製品に記載されている量を守りましょう。

肌にのせるときは、一度につけるよりも部分ごとに分けてつける方がベター。おでこ、頰、あご、鼻の頭に乗せて少しずつ伸ばします。

クリームを滑らせるように、優しく肌になじませていきます。強い摩擦を与えるのはNGです。

 

クリームを塗った後はハンドプレスで肌を温めて

化粧水などでも使えるテクニックですが、クリームを塗った後に両手で顔を包み込むように優しくハンドプレスすると、肌が適度に温まります。

肌が温まると化粧品の浸透力がアップするので、クリーム以外の化粧品でも同じようにハンドプレスをしましょう。

 

クリームを塗った後のツボ押しで老廃物排出をスムーズに

こってりとしたテクスチャーのクリームを肌に塗った状態で、ツボ押しをして美肌力をアップさせましょう。

クリームで肌がカバーされているため、ツボ押しの際に肌に与えられる摩擦は減っています。ツボの部分を3秒かけて押し、力を緩めるようにゆっくり指圧しましょう。

オススメのツボは以下を参考にしてください。

 

  • 地倉…口角の両側にあるツボ。両手の中指で軽く指圧して。フェイスラインの引き締め、老廃物の排出を促してむくみを防いでくれます。
  • 攅竹(さんちく)…眉頭の内側にあるツボ。眼精疲労に効果的。まぶたのむくみをスッキリさせたい時にも!

 

 

ナイトクリームの上手な選び方

ルナビジュ

ナイトクリームを選ぶ前に、保湿を重視するのか、保湿に合わせて美白ケアもしたいのか、スキンケアの目的を決めましょう。

保湿重視であれば、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分を含むものを。

美白ケアもしたいのであれば、美白有効成分が配合されているものを選びましょう。シミ予防とできたシミへもアプローチするビタミンC誘導体入りのものがオススメです。ナイトクリームを使う前につける美容液が美白ケア専用のものであれば、保湿重視のナイトクリームでオーケーです。

 

肌の修復をサポートする美容成分入りのものもオススメです。プラセンタ、プロテオグリカンなど、少々高値になりますが、年齢とともに減る肌の成長因子と似た働きをすると言われています。

 

ルナビジュでは、美容ライター厳選のクリームをレビュー掲載しています。30代・40代女性にぴったりのアイテムですから、ぜひチェックしてみてくださいね。

ルナビジュ
【プラセンタファイン モイストクリーム体験レポ】30代・40代老け顔対策の決定版!

今回レビューをお届けするのは、馬プラセンタ原液配合のプラセンタファイン モイストクリーム。 実は先日、ルナビジュ専属美容 ...

続きを見る

ルナビジュ
【クラウンセルクリーム体験レポ】30代の保湿は今まで通りはNG!毛穴&キメ改善にも

今回、レビューをお届けするのは、保湿ケアの最終兵器クラウンセルクリーム!   秋冬シーズン開始の時は保湿に躍起 ...

続きを見る

 

 

ナイトクリームの寝る前保湿ケアで翌朝もっちり肌!

今年の夏は特に暑いので、つい冷房に頼りがち。その分は乾燥が進んでしまいます。寝る前のナイトクリームケアでしっかり保湿をして、夏でももっちり潤いのある肌を育てましょう。

クリームを塗った後のツボ押しケアも合わせて行うと、むくみのないスッキリフェイスも手に入るはず!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.