30代のナチュラルメイクを完璧にする5つのコツ!アイメイク・リップメイクも若見え - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

30代のナチュラルメイクを完璧にする5つのコツ!アイメイク・リップメイクも若見え

更新日:

年齢を重ねるうちに気になるのが、メイクの厚塗り。自覚はなくても、ついついシミやシワ、くすみを隠すために気が付けば厚塗りメイクに!なんてこともザラ。

こうなってしまっては、おばさん街道まっしぐらですよね。

 

そこで今回の美活コラムでは、30代・40代の女性が目指すべきナチュラルメイクをテーマに、お話ししていきます。今の自分に合ったナチュラルメイクが分かれば、若見えも可能ですよ。

 

スポンサーリンク

 

30代向けのナチュラルメイクってどんなもの?

ルナビジュ

手抜きメイク=ナチュラルメイクではない!

ナチュラルメイクとは、その名前の通り自然なメイクアップのこと。

ガッツリメイクは若い時はいいですが、30代以降は年齢が上がるにつれて“盛る”のはストップしましょう。

 

もちろん、手抜きのようなメイクアップはNGですよ。意外と手抜きメイク=ナチュラルメイク、と勘違いしている女性が多いので、ここは誤解のないように!

 

私たち30代以降の女性の目標は、メイクアップはきちんとしているのに、メイクをしていないように感じさせること。難しいように感じるかもしれませんが、それが若く見えるナチュラルメイクの秘訣なのです。

 

こんなNGメイクしていませんか?

自分にピッタリのメイクだと思っていたものの、30代に入ってから違和感を覚えることも多々でてきます。自分で自覚があればまだいいですが、無自覚ほど怖いものはありません。

そこで今一度、自分のメイクを振り返ってみてくださいね。

  • ベースメイクよりもポイントメイクを重視している
  • つけまつ毛は欠かせない
  • アイラインはリキッドタイプでくっきり
  • ピンクチークで若く見せている
  • ハイライトやシェーディングはガッツリ

どうですか?耳が痛い…という人も多いのではないでしょうか?

どれも10代・20代の頃には似合っていたはずですし、メリハリ顔メイクが定番になってしまっている人もいますよね。でも、実はこれを30代の女性がしてしまうと「ちょっとイタイ女」になってしまう危険性があるんです。

 

 

30代女性に似合うナチュラルメイク

ルナビジュ

では、30代になってからはどのようにメイクを切り替えていけばいいのか…。そのポイントとなるのは、下記の5つの項目です。

  • ベースメイクをより重視する
  • ポイントメイクの「ちょうど良さ」を知る
  • 目元メイクは作りこみすぎない
  • 口紅を塗るときは「抜け感」を大切にする
  • ファンデーションはマット系

…物足りなさを感じてしまいますか?

その気持ち、とってもよく分かります!でも、これが「老け見え」を防ぐために最大限の効果を発揮してくれるんですよ。

では、この5つのポイントについて、さらに詳しくご紹介していきます。

 

 

30代のナチュラルメイクは「ベースメイク」が左右する!

ルナビジュ

まず、30代のナチュラルメイクが成功するかどうか、大きな分かれ目になるのが肌の色です。つまり、ベースメイクが最大のポイントになってきます。

 

定期的にファンデカラーの見直しを

まず、肌がキレイに見えるためには、自分にぴったりのファンデーションの色を選び、丁寧に肌色を作ることです。

肌色は、本来の肌色に近い色調を選ぶことが基本。若い頃からずっと同じファンデーションを使っていませんか?

 

肌色は年齢とともに変わるものですし、肌の保湿力や皮脂量はどんどん変化していることをお忘れなく。20代の頃と同じファンデーションでは、肌の調子が悪くなったり、くすんで見えたりと、デメリットが大きくなってくる可能性が高いのです。

 

「自分に合うファンデーションの色が分からない」という方は、一度デパートなどの化粧品コーナーに行ってみるのがオススメ。美容のプロに肌色を見てもらい、自然なファンデーションの色を選んでもらうのが確かな方法です。

 

自分で判断すると、無意識のうちにチグハグなカラーを選んでしまいがちなんですよね。私も、長年オークルだと思っていた肌が、ベージュオークルだと言われた経験があります。

オークルのファンデーションでも違和感がないと思っていたのですが、ベージュオークルを試しに塗ってみると違いに愕然!ぐっと自然なスキンカラーに近づいて、とても感動しました。

 

スキンケアアイテムと同様、ファンデーションのカラーも定期的に見直すように心がけましょう。そうすることで、より自然なメイクを実現することができるようになります。

 

コンシーラーを上手に活用する

肌のシミやくすみ、くまなどが目立ち始める30代。ベースメイクが大切とは言っても、それらをファンデーションだけでカバーしようとすると、どうしても厚塗りになりがち。

そんな時に必須になるアイテムが「コンシーラー」です。30代からのナチュラルメイクでは、下記のようにコンシーラーを活用させていきましょう。

 

  • 目の下のクマを隠す
  • 顔にあるシミやニキビ跡を隠す
  • 口角のくすみを消して唇の輪郭を作る

この中でも、口角にコンシーラーを使うと、かなり顔の印象が変わってくるので、ぜひトライしてみてほしいと思います。

 

コンシーラー塗るのは、このオレンジ色の箇所↓

口角にコンシーラーを塗る

くちびるの輪郭にそって、「く」の字にコンシーラーを塗りましょう。色味はファンデーションに近いカラーを選んでください。

年齢を重ねると、知らず知らずのうちに口角が下がってきたり、口の周りにシミやくすみが発生しています。そこをコンシーラーで消してあげると、ぐっと若い印象に持っていくことが出来るようになりますよ。

 

また、目元のクマは、人によって色味などの差があります。クマの種類によってコンシーラーの色を使い分けることで、よりナチュラルに仕上げることが出来ます。

その方法については、こちらの記事「クマはコントロールカラー&コンシーラーで消す!」で詳しくお話ししていますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

ルナビジュ
クマはコントロールカラー&コンシーラーで消す!上手な選び方でもう悩まない

クマが出来てしまうのは、主に冷えやストレスなどによる血行不良や肌の乾燥、また新陳代謝の低下によって角質が厚くなっているの ...

続きを見る

 

 

30代からはアイメイク・リップメイクの色数を少なく

ルナビジュ

 

若見えするナチュラルメイクは、唇や目のポイントメイクにあまりたくさんの色を使わないことを意識しましょう。30代以降の女性があまりにも色数が多すぎると、「やりすぎ感」が出てしまい、一気に老けて見えるので注意が必要なんです。

 

チークはピンク系→コーラル系にチェンジ

ポイントメイクには、肌色ベースの色を選ぶのがコツ。もしくは、肌色をブレンドして色を作るのもいいですね。

具体的には、チークにはピンクベージュやオレンジベージュなどの、コーラル系がオススメです。コーラル系は自然な血色感を出すことが出来るので、30代のチークカラーにはピッタリなんです。

特に色白の人はピンクベージュ、色黒の人はオレンジベースが馴染みやすく浮きません。

 

ディフストーリー リュビジューチーク

私が今愛用しているのが、ディフストーリーのリュビジューチーク。30代の女性向けに作られているチークで、2色をブレンドしてできる素敵なコーラル系の発色感に病みつきになっています。肌にガッツリ色が乗りすぎないので、やりすぎ感もでないのが◎。

 

下記の記事で詳しくレビューしていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

ディフストーリー リュビジューチーク
【ディフストーリー リュビジューチーク体験レポ】大人女子のふんわり立体メイク

今回レビューするのは、ディフストーリーから発売されている『リュビジューチーク』。 本物の宝石を使った、高級感あふれるコス ...

続きを見る



叶恭子さん愛用の輝き!ジュエリーコスメ【ディフストーリー】

 

 

アイシャドウは2~3色までのグラデーションで

また、アイシャドウはサンドベージュや、テラコッタのような色調のものを選びましょう。

アイシャドウは出来れば単色、多くても同系色の2~3色までのグラデーションで仕上げるようにしてくださいね。同じ系統のカラーのみで統一することで、若見えナチュラルメイクになれます。

 

 

自然な目元が30代のナチュラルメイクの鉄則!

ルナビジュ

作りこみすぎたのが分かる目元は、どうしても老けて見えがち。自然な目元を作ることで、ナチュラルな若々しい目元になれます。

 

では、どうすれば自然な目元を作れるのでしょう?

まずは、大きめのブラシで、全体的に明るいハイライトカラーをアイホール全体にさっとひと刷けつけます。ハイライトカラーは、アイシャドウパレットの中で言う、一番白っぽい色のことです。

 

それから、ミディアムブラウンをアイホールに軽くおきましょう。その後、まつげの根元にダークブラウンを、アイラインを描くようにぼかしながら入れます。

 

まぶたがくすんでいる人は、ハイカラーの前に淡く薄いベージュのアイシャドウベースを使うのがオススメ。ベースを使うことでまぶたが明るくなるだけでなく、アイシャドウのカラーも少量だけでキレイに発色します。

 

 

口紅はあえてリップラインを引かずに「抜け感」を

ルナビジュ

年齢を重ねるにつれて、リップラインがぼやけがち。そのため、リップラインをしっかり描いてしまう女性も多いようです。

 

ですが、ナチュラルメイクにリップラインはNG。しっかりメイクになりすぎて、若さが失われてしまいます。

そこでオススメなのが、先ほどもお話しした、コンシーラーを活用した方法。

 

口角のくすみだけでなく、ぼやけが気になる人は、口角に『くの字』をコンシーラーで描きましょう。

口角に沿ってコンシーラーをくの字に置いて、指で肌になじませ、仕上げのファンデーションやルースパウダーでさらになじませましょう。そうすることで、自然と肌と唇の境界が出来ます。

 

口紅をするときは、あえてリップラインをくっきり描かずに、ぼかし気味にしてみて。そして、内側にリップをたっぷりとのせ、もとの唇の色をカバーしましょう。

その後、ティッシュで軽く押さえてから、唇の中央にグロスをのせます。

 

スポンサーリンク

 

 

30代のナチュラルメイク、普段使いのファンデはマット系を

ルナビジュ

以上で、30代以降の女性にオススメのナチュラルメイクの作り方は完成です。もちろん、クマやシミはコンシーラーでキレイに消すことも忘れないでくださいね。

 

最後に、30代以降の女性が悩むファンデーションの種類について。大きく分けてファンデーションには、パール系とマット系があります。

 

パール系は、細かいパールが入っているので、ワントーン明るい肌色になるため、年齢が上がるほどついつい選びがちです。ですが、これはシワが気になる女性にはオススメできません

パール系は肌がキレイに見えるメリットがありますが、シワのところに使うと影が出来てシワが一層目立ちやすくなります。

 

パール系にオススメのシチュエーションは、夜や遊びの時。白熱灯の下でより肌をキレイに見せてくれます。

 

次に、マット系は日中やオフィスなどで自然に見えるのがメリットです。蛍光灯の下で肌をキレイに見せてくれるので、普段使いはこちらが断然オススメです。

上手にアイテムを選んで、みなさんも若見えナチュラルメイクにチャレンジしてくださいね。

 

 

オトナ女子のナチュラルメイクには断然CCクリーム!

ルナビジュ
忙しい大人の女性から今注目を集めているのがCCクリーム

従来のBBクリームよりも美容効果&肌色補正効果が高いので、ナチュラルメイクをしたいけど肌トラブルも隠したい、改善したいと願う女性の味方になってくれるのがCCクリームです。

 

一般的にBBクリームは欠点をカバーするものでつい厚塗りになりがちでしたが、CCクリームは光で補正してくれる効果が高いので厚塗りをしたくない、ナチュラルメイク派にオススメのコスメ。

 

こちらのLANAREYプリズムCCクリーム は、CCクリームのメリットを最大限発揮しながら肌の欠点もナチュラルにしっかりカバーしてくれます。

時短メイクをしたいけど、美容効果・肌の欠点カバーは外せない!という30代・40代の女性向けのCCクリームです。

 

レビュー記事も掲載中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ルナビジュ
【プリズムCCクリーム体験レポ】年齢肌を感じ始めた30代女子が思わずリピ!

今回お試ししたコスメは、LANAREYプリズムCCクリーム! 30代半ばの私ですが、ここ最近実感しているのが肌の色ムラや ...

続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.