ルナビジュ

美bodyコラム

自爪のケアでもっと手元に自信を!2つのポイントとセルフネイルの楽しみ方

投稿日:

素敵できれいな洋服を着ると心が躍るように、素敵なネイルをすると日々が楽しくテンションがアップしますよね。指先は意外と人の目に触れるパーツ。爪をしっかりとケアするだけでも、ぐっと『イイ女度』はアップします。

今回の美bodyコラムでは、自爪のケアやセルフネイルのコツをご紹介していきます。自信を持てる指先をゲットしちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

 

ネイルなしでも自信が持てる指先に

ルナビジュ

指先というものは、自分が思っている以上に人から見られています。例えば、仕事などで名刺や書類を渡す時、普段の買い物でお金を渡す時など、あなた自身も様々な場面で他人の指先が目に入りますよね。

誰もがきれいな指や爪でありたいと思うもの。でも、職場などの関係でネイルが出来ないし…という女性も多いはず。そんな人でも、キレイな指先を諦める必要はありません。

 

自爪をしっかりケアできていれば、ネイルしている指先にも負けないくらいの素敵な手元になるんです。では、きれいに見せるにはどの様にしたら良いのでしょうか。

その方法として実践してほしいことが2つあります。ひとつめは、爪の形と表面を整えて輝かせること。そしてふたつめは、爪周りのキューティクルラインと指・手自体にツヤ・しっとり感を出すことです。

では、この2つのポイントについて、それぞれ見ていきましょう。

 

爪の形と表面を整える

ルナビジュ

爪が伸びてきたら、皆さんはどうしていますか?爪切りでパチンパチンと切ってしまう、という方が多いのではないでしょうか。

確かに時間もかからず切ることができるので楽に思いますが、 爪切りで切るのはあまりお勧めできません。なぜならば、爪切りで切ってしまうと爪のカーブに反して爪をそらしてしまうことになり、爪に負担をかけてしまいます。

爪をキレイに整えるだけでなく、爪のトラブルを予防するためにも、爪切りとはサヨウナラをしましょう。

 

では何を使えば良いのか…。それはネイルサロンでも使っているようなファイルと呼ばれるものです。

それで爪の形を整えることで、爪への負担を最低限に抑えることが出来ます。また、深爪の防止や二枚爪の予防にもなるので、爪切りからファイルへの使用に切り替えましょう。

 

一般的に自爪を削るのはファイルの中のエメリーボードと呼ばれる、少し薄手のものになります。

このようなものですね↓

 

 

エメリーボードは消耗品ですので、あまり爪が削れなくなってきたな~と思ったら、新しいものに交換してください。値段も手ごろなものなので嬉しいですよね。

使い始めのエメリーボードは、両サイドが切れやすくなっていますので、古いファイルなどで角を落としてから使うが良いでしょう。

 

エメリーボードの使い方についてですが、まずファイルの先端を持ちましょう。そして削りたい爪にあてますが、少し傾けた45度~90度の角度に当てて削ります。その際、左から右という様に一方方向に動かしてください。

爪の形はいろいろありますができるだけ角張ったところがないように形を揃えてあげるのが良いでしょう。

 

ツヤ・しっとり感を出す

ルナビジュ

爪の形を整えたあとは、しっかり栄養補給をしてあげましょう。そこで使用するのは、キューティクルオイルやネイルセラム

爪の縦じわ、二枚爪、そして爪の薄さが気になる…という人は、うるおい不足で爪の老化が進行しているサイン。老化を防ぐのはなかなか難しいですが、保湿や栄養を爪に与えて爪のエイジングケアをしてあげましょう。

 

私が愛用しているのは、超浸透型栄養液でネイルケアが出来るツメリッチリペア。水仕事や繰り返すネイルで、気が付かないうちに『インナードライネイル』になっている女性が多いのですが、このツメリッチリペアはそんな爪を美しく健康的に生まれ変わらせてくれるアイテム。

補修×保護×保湿を同時にしてくれるので、今までのキューティクルオイルで満足できなかった方や、根本的な爪悩みの解消をしたい!という女性にはオススメですよ。

レビュー記事も掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【ツメリッチリペア体験レポ】ジェルネイルでもキューティクルオイルの代用に

今回お試ししたのは、『ツメリッチ リペア』。 私はジェルネイル歴10年ほどなんですが、爪の状態が気になっていたんですよね ...

続きを見る

 

+αで揃えたいネイルケアアイテム

また、表面の凹凸はバッフィングで整えてあげることができます。このバッフィングではファイルの中のシャイナーと呼ばれるものを使います。それを使うことにより、 艶やかで美しい仕上がりになり何も塗っていなくてもキラッと輝きます。

バッファー磨き液なども出ています。こちらは爪を磨く際に数滴をバッファーなどに落として磨き、美しく自然な光沢にすることができます。ネイルNGの人でも、このひと手間をかけてあげるだけで、爪が一気にランクアップするのでオススメです。

 

ルナビジュ

他にもそろえて欲しいのがニッパー。ささくれができて、それを取り除きたいと思い引っ張ってしまって、血が出たなどということはありませんか?

爪切りではなかなか根元から切ることが難しいので、しっかり取り除きたい時はニッパーを使いましょう。ニッパーを使うことで根元からささくれを切れて、きれいに仕上がります。

 

もし二枚爪や爪が少し薄いなと感じている場合は、ダイヤモンドパワーなどの様な上に一枚膜を張るようなものを塗ってあげると良いでしょう。

キューティクル周りの保湿はキューティクルオイルやキューティクルケアジェルなどを塗ってあげると良いでしょう。 指や手には化粧水を塗った後に ハンドクリームを塗ることをお勧めします。どれもこまめに塗ると効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

セルフネイルを楽しもう!

ルナビジュ

ネイルをする場合は 自分でするセルフネイルと、サロンに行って施術をしてもらう場合の2通りがあります。

セルフネイルの場合は安い金額でできるという利点がありますが、その反面、自分で塗るということになりますのできれいに塗れないなど、技術が伴わないと美しく見えないという難点があります。

 

マニキュアを塗る前に知っておきたいこと

ルナビジュ

マニキュアを塗る前には、必ずベースコートを塗ってください。ベースコートは自爪にカラーが染み込むのを防ぐとともに、マニキュアのカラーをきれいに塗るためやオフをしやすくするための役目があります。

マニキュアを塗る前にはベースコート、マニキュアのカラーを塗った後にはトップコートを必ず塗るようにしましょう。マニキュアの美しさと輝き、モチも大きく違ってきます。

 

マニキュアのはみ出しはウッドスティックで修正

また、マニキュアを塗るときに難しいのが、爪からはみ出てしまった場合の処理です。乾きが遅くて何かに当ててしまいシワになることもありますよね。

 

それは意外と簡単で、サロンではウッドスティックと呼ばれ棒状のもので取り除いています。ウッドスティックの代わりに爪楊枝で代用することもできます。

コットンなどで拭き取ってしまうと繊維がついてしまい、せっかく塗ったマニキュアが台無しになってしまうので注意しましょう。もし少しのシワならシールやストーンなどを上にのせて、隠せる場合もあります。

 

マニキュアの種類もたくさん出ていますが、人気があるのはOPIやシャレドワのネイルポリッシュ。メーカーによりカラーやハケのタプが違うので、使いやすいものを選びましょう。

 

マニキュアの基本的な塗り方

ルナビジュ

まず、ベースコートから塗ってください。マニキュアのハケに少しだけ取り、爪の先端を全て塗ってください。その後、 爪の表面にベースコートを均一に塗ります。

乾いたら同様に 先端にカラーポリッシュを塗り、それから爪の表面に1度塗りしてください。乾いたことを確認して2度塗りをしましょう。

マニキュアは乾くまで少し時間がかかります。速乾タイプの商品も沢山出ていますので、そちらを使うのも良いでしょう。

 

カラーを2度塗りしてしっかり乾かした後に、シールやストーンあるいはアクリル絵の具などで絵を描いたりすると、ワンカラーで塗るのとは少し違う変化を楽しむことができます。また水玉模様など塗るときはドットペンなどを使うと塗りやすいですよ。

ホログラムなどは形や色などが様々出ています。トップコートをあげて少量塗った上に乗せてあげると付きますので楽しんでみてください。

 

オフまで抜かりなく!

ルナビジュ

コットンにしっかりポリッシュリムーバーを含ませてください。オフしたい爪に5~10秒しっかりと押し当てて、リムーバーを染み込ませるようにしてください。

その後、手前にコットンを引っ張って拭き取ります。一度コットンに付いたカラーが、再び指に付かないように注意しながら拭き取りましょう。

 

どうしても取り除きにくいキューティクル周りのマニキュアは、ウッドスティックに薄くコットンを巻いたものにリムーバーを含ませて取るときれいに取れます。

リムーバーも沢山種類が出ています。爪への負担が少ないもの、匂いもきつくなく香りの良いものなども出ています。自分が気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

また、オフした後は爪が乾燥していますのでキューティクルオイルやハンドクリームで保湿することを忘れないでください。

 

セルフネイルは難しいと思われがちですが、いくつかのポイントさえ押さえれば自分でネイルを楽しむことができます。ぜひ健康な爪を育てていくと共にネイルでのおしゃれを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.