ルナビジュ 保湿クリーム

メイク商品レビュー 保湿ケア

冬の化粧下地は保湿力を重視して!しっとり肌続くおすすめ保湿下地6選 

投稿日:

最近朝晩の乾燥がひどくて、鼻の中がカピカピで辛い筆者です。日中も暖房で空気が乾燥するから、加湿器をフル稼働させないといけないから大変。

特に辛いのが、肌の乾燥ですよね。

  • 日中ファンデが粉をふく!
  • 夏よりテカリがひどいかも
  • 昼には肌がパサパサに…

 

こんな風に乾燥で肌の調子が悪い人は、化粧下地を保湿に特化したものに変えてみてはいかがでしょうか。

今回は、冬の厳しい乾燥にも負けないしっとりツヤ肌をキープする、保湿力の高い化粧下地をコスメマニアが集うルナビジュ編集部がご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

冬に使う化粧下地はカバー力より保湿力重視で

ルナビジュ 30代・40代女性向け美容情報

冬のベースメイクもカバー力重視!

隠したい肌トラブルが多い30代・40代の女性は、

  • 毛穴が気になるから毛穴が目立つ部分は専用下地を使う
  • 皮脂テカリが目立つから、皮脂を抑える下地が手放せない
  • メイクは絶対崩したくないから、崩れにくい下地が必須

という方も多いのでは?

この年齢では、ベースメイクはいかにトラブルを隠せるかが大事ですよね。

 

でも冬は肌が乾燥しやすい=バリア機能が弱まりやすく、肌トラブルが悪化しやすい時期。

下地からファンデまで、カバー力の高いもので肌をフル装備すると、肌負担が増えてますます老け肌に近づいてしまいます。

特に、毛穴隠しにいい下地は、肌への密着度が高いので、落ちにくく毛穴に詰まりやすいので要注意です。

 

乾燥は全ての肌トラブルの原因。冬のベースメイクは、スキンケアと同じで保湿力を重視したメイクをしましょう。

もちろん、特別な日はカバー力重視の完璧ベースメイクをしてもOKですよ。

普段メイクでは、肌負担が少なく、保湿効果の高い下地を使って、少しでも肌負担を軽くしてあげてください。

 

 

保湿力の高い化粧下地選びのポイント

ルナビジュ

保湿成分が配合されているかどうか

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • セラミド
  • リピジュア
  • アロエベラエキスなど天然保湿成分

 

これら保湿力の高い保湿成分が配合されているものは、メイクして時間が経ってからも肌のしっとり感をキープできます。

日中の肌の乾燥を防ぎ、乾燥による肌トラブルも予防できますよ。

 

敏感肌でも使える低刺激性かどうか

年齢を重ねると角質層の潤いが減り、バリア機能が低下して肌が刺激に弱くなります。

また、季節の変わり目や生理前は、特に刺激に弱くなって肌が荒れることもありますよね。

 

1ヶ月を通して問題なくずっと使えるような、敏感肌でも使える低刺激の化粧下地を選びましょう。

肌の乾燥を進めるアルコールや、香料、着色料、できれば鉱物油や石油系界面活性剤フリーのものがベストです。

 

SPF30以上のもの

ルナビジュ

冬でも紫外線は容赦無く降り注いでいます。紫外線はシミやくすみの原因になるのはもちろん、肌を乾燥させる作用もあるんです。

紫外線が肌に当たると、肌内部の水分量が減り、肌がパサパサの砂漠状態に。

できれば紫外線カット力があるものを、もし紫外線カット力がない場合は、ファンデとお粉でしっかりUV対策してくださいね。

 

では、ここまでお話しした3つのポイントを押さえながら、冬におすすめの高保湿な化粧下地をご紹介します。

2,000円以内のプチプラ下地と2,000円以上の下地に分けてご紹介するので、予算に合わせて参考にしてみてください!

 

2,000円以下!毎日使うからこそプチプラがいい人向けの下地

セザンヌ ウルトラフィットベースN

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 口コミ

セザンヌ ウルトラフィットベースN

SPF36・PA++

680円(税抜)

 

配合されている保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • マロニエエキス(セイヨウトチノキ種子エキス)
  • ブドウ葉エキス
  • ハマメリス葉エキス
  • セイヨウキズタ葉/茎エキス
  • セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
  • アルニカ花エキス配合

680円で保湿成分たっぷり、ナチュラルなカバー力でちょっとそこまでお出かけ、というときはファンデがわりにもなる優秀下地です。

カラーバリエーションはベージュ、ピンク、ブルーの3色ありますが、トレンドのツヤ肌仕上がりになるのはベージュとピンク。
長時間つけても肌がパサつきません

 

なんといっても価格の安さが魅力ですね。「コスメにお金はあまりかけたくない、けど仕上がりが気になる」というこだわりの強い人でも満足できるはず!

筆者は、忙しい朝はBBクリームのようにこれだけでベースメイクをすることがあります。

 

 

ちふれ ボラージクリーム

ちふれ ボラージクリーム

画像:ちふれ

ちふれ ボラージクリーム

1,000円(税抜)

UVカット力無し

 

配合されている保湿成分

  • ボラージオイル
  • ワセリン
  • スクワラン

 

保湿力の高いプチプラクリームですが、化粧下地としても使えます。

なんと、肌荒れをケアする有効成分グリチルレチン酸ステアリルが配合されているので、乾燥で肌荒れ気味の肌にも使えるのがポイントです。

 

ワセリンやスクワランといった、油分が多めに配合されているので、冬の厳しい乾燥から肌をしっかり守ってくれるでしょう。

肌荒れしやすい人、乾燥がひどい人にオススメです。

 

 

 

2,000円以上でスキンケア効果の高い保湿下地

アンブリオリス モイスチャークリーム

アンブリオリス モイスチャークリーム 口コミ

アンブリオリス モイスチャークリーム

2,800円(税抜)

UVカット力無し

 

配合されている保湿成分

  • アロエベラ
  • ダイズタンパク
  • ミツロウ
  • シアバター

 

化粧下地、フェイスクリームに使えるアンブリオリスの保湿クリームです。

海外ではランウェイのバックステージで、モデルの肌を保湿するために下地として使われることが多いそう。

 

クリームは油分を与えるものが基本ですが、アンブリオリスのクリームは水分を与えてキープする効果もあるので、インナードライ肌でも肌の内側まで潤してくれるんです。

実は、筆者はすでに2本目リピート中!ベタつきもないので、クリームが苦手な方でも使いやすいでしょう。

UVカット効果はないので、外に出るときは必ずファンデやお粉で紫外線対策をしてくださいね。

 

 

ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

2,800円(税抜)

SPF44 PA+++

 

配合されている保湿成分

  • オリーブ果実油
  • プロパンジオール
  • スクワラン
  • ホホバ種子油 など

 

植物由来の保湿成分をたっぷり配合した、ナチュラルコスメの化粧下地です。

ホホバ種子油の他に、10種類近くの植物由来成分を配合し、メイクしながら肌を整えてくれます

石油系界面活性剤 / 鉱物油 / タール系色素 / 合成香料 / パラベン / シリコン / 紫外線吸収剤フリー。

 

化粧水で肌を整えたあとは、これ1本でファンデーションまで一気にメイクステップを省けます。

素肌感のあるツヤ肌仕上げで、イマドキな抜け感のあるベースメイクにぴったりです。

 

 

 

ラロッシュポゼ UVイデアXL プロテクショントーンアップ

ラロッシュポゼ UVイデア XLプロテクショントーンアップ 口コミ

ラロッシュポゼ UVイデアXL プロテクショントーンアップ

3,600円(税抜)

SPF50 PA++++

 

配合されている保湿成分

  • ターマルウォーター

 

ラロッシュポゼの化粧下地は、トーンアップ効果があるのでどんよりくすみ肌が気になる人におすすめです。

保湿成分はターマルウォーターのみですが、肌の機能をサポートして乾燥を防ぐ働きで乾燥から肌を守ります。

 

透明感のある仕上がりと軽いつけ心地が魅力。洗顔料で落とせますし、敏感肌でも使えるように低刺激に作られているので、肌に優しい下地として活躍します。

 

 

イソップ フェイシャルハイドレーティングクリーム

イソップ フェイシャルハイドレーティングクリーム

画像:イソップ

イソップ フェイシャルハイドレーティングクリーム

4,000円(税抜)

SPF15

 

配合されている保湿成分

  • ビタミンE
  • セージの葉
  • マカダミアナッツ油

 

おしゃれな人が最近よくインスタでアップしている、イソップの保湿クリームです。

SPF15と低めのUVカット力ですが、主成分が亜鉛なので紫外線をしっかり反射し、肌の水分蒸発を防ぎます

 

ふんわりとウッディーな香りがして、優雅なメイクタイムを過ごせますよ。

毛穴詰まりもしにくいから、クレンジング負担も軽く、毎日使っても肌ダメージのないナチュラルコスメです。

 

 

冬は高保湿な化粧下地で乗り越えよう!

プチプラでもデパコス、オーガニックものでも、保湿力の高い化粧下地を選んだら、塗り方にもこだわってみてください。

点々と肌にのせるよりも、フェイスクリームを塗るように手のひらで温めた下地を大胆に塗る方が、ムラなく肌全体に下地が広がります。

 

保湿力を期待するなら、スキンケア塗りで肌を潤いのヴェールでしっかりと保護しましょう。

ただし、ちふれのボラージクリームのような、少々べたつきやすい、伸びにくいものは少量で十分です。

保湿下地で肌を整えて、冬の厳しい乾燥にも負けないしっとり肌をキープしましょう!

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-メイク商品レビュー, 保湿ケア
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2019 All Rights Reserved.