美肌コラム

【生理周期別スキンケア方法】女性ホルモンを味方につけるワンランク上のケア

投稿日:

スキンケアにはいつもと同じ方法で行っても、全く効果が感じられない時期や反対に効果がしっかり感じられる時期があります。女性の肌は、生理周期に合わせていつも以上に敏感になったり、いつもより調子が良くなったりとゆらぎやすいのです。

季節の変化でも同じように、肌が季節の影響を受けて変化することがあります。生理周期は季節の変化よりも頻繁に訪れるものなので、それぞれの時期でどのような肌の変化が起こるのか理解することが、美肌づくりへの近道になるのです。

今回の美肌コラムは、女性なら誰もが気になる生理周期と肌の関係、スキンケア方法についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

2つの女性ホルモンが肌状態を変化させている

ルナビジュ

女性の体には、2つのホルモンが体や心の調子をコントロールしています。

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

この2つのホルモンは、それぞれ生理周期に合わせて増減します。では、それぞれのホルモンによる体や心への影響はどのようになるのでしょうか。

 

肌ツヤがいい、心もポジティブなときはエストロゲンが活躍

ルナビジュ

いつもと同じケアをしているのに肌の調子がいいと感じたり、前向きな考え方が多くなる時期ってありませんか?そんなとき、体の中ではエストロゲンが増えているのです。

生理周期で考えると、生理後の1週間ほどにエストロゲンの量が増えます。エストロゲンは、以下のような働きで女性の心と体をコントロールします。

 

  • 髪や肌の潤いをキープする
  • 代謝をスムーズにする
  • 骨や血管の強化
  • 気持ちを安定させる

 

女性には嬉しいことづくめですよね。ダイエットも美肌づくりも、エストロゲンが増加している時期に力を入れると、効果が感じやすくなるのです。

では、もう一つのホルモン、プロゲステロンはどうでしょうか。

 

妊娠には欠かせないホルモン…でも不調になりやすい?

ルナビジュ

いつもより肩や乳房が張っていてしんどい、些細なことでも不安を感じるようになり、数日後には生理が来る、という経験はありませんか?

それはプロゲステロンによる作用です。プロゲステロンは、基礎体温を上げて妊娠しやすい体質にするという役割があり、妊娠を考えている女性にとっては重要なホルモンです。

しかし、普段の生活の中で様々な不調をもたらす少々厄介なホルモンでもあります。

  • 肩や首がこる
  • 頭痛が起こる
  • 気持ちが落ち込む

以上のような症状が起こることがあります。

また、皮脂分泌が活発になるため、ニキビが出やすくなります。生理周期で考えると、プロゲステロンが増加するのは生理の準備をする排卵期から生理前です。

 

 

スキンケアは生理周期の3つのパートで使い分ける

生理周期には、3つのパートがあります。生理中・生理後・生理前です。それぞれで増減するホルモンに違いがあります。それぞれの時期に増えるホルモンによって、体調や心の状態が変化するように、肌の状態も変化するのです。

 

生理中のスキンケアは保湿を丁寧に

ルナビジュ

生理前のプロゲステロンの増加の影響で、皮脂が過剰に分泌されやすい時期です。また、血行不良で肌の潤いが失われやすい時期でもあります。保湿ケアを重点的に行って潤いを補充しましょう。

肌が敏感になっているので、洗顔はいつも以上に優しく。この時期はメイクもできるだけ薄く、または刺激の少ないベースメイクで、クレンジング剤は比較的肌に優しいクリーム、ミルクタイプを使用しましょう。新しいスキンケアアイテムの使用は控えます。洗顔、保湿ケアだけのシンプルかつ丁寧なケアで過ごしましょう。

 

生理後のスキンケアで肌を鍛える!

ルナビジュ

生理直後のおよそ1週間は、エストロゲンの増加により、体と心は絶好調になります。代謝が良くなっているので、新しい化粧品の効果を実感しやすいでしょう。

また、肌の調子が安定しているので、少々刺激のあるスキンケア方法も試しやすい時期です。前回のコラムで紹介した温冷スキンケアがオススメです。肌を温め、冷やす作業を交互に行うことで、血流改善、キメを整えながら肌の代謝を促進させます。

また、美白パックや美容液の使用など、美白ケアもこの時期に集中的に行うと良いでしょう。

 

生理前のスキンケアはシンプルケア+紫外線対策

ルナビジュ

プロゲステロンが増え始める生理前は、女性にとって最も過ごしにくい時期です。生理中同様に、皮脂が分泌されやすく、乾燥も進むのでシンプルな保湿ケアを中心にしましょう。

また、血行不良がピークになる時期で、肩こりや首こりが起こりやすくなります。半身浴で10分〜20分体を温めたり、首元にホットタオルを当ててできるだけ血流をアップさせるケアを。クリームを塗ったついでにリンパマッサージをして、むくみ防止も忘れずに。

 

 

生理前のイライラはアロマでリラックスケア

ルナビジュ

精神状態を肌に影響させない

プロゲステロンの影響でイライラしやすい生理前は、イライラを緩和させるケアを行いましょう。

アロマテラピーを利用して、香りの作用でリラックスできます。普段使う香水、ボディソープ、入浴剤を癒し効果のある香りのものにチェンジしてみてください。ラベンダー、ジャスミン、サンダルウッドがおすすめです。

 

私は生理前はラベンダーの香りの入浴剤、ボディオイルを使っています。また、日中にイライラしたとき使えるようにラベンダーの精油が入った小ビンを携帯し、気持ちが乱れそうになったとき香りを嗅いでいます・・・。

精神状態も肌に影響するので、イライラ対策もスキンケアの一つです。香りを利用してイライラと上手に付き合っていきましょう。

 

女性ホルモンに働きかけるスキンケアアイテムを活用する

ルナビジュ

不安定になりがちな女性ホルモンのバランスに着目したスキンケアアイテムも登場しています。なかでも、こちらのラ・ミューテ美肌セットは私も愛用中のスキンケアシリーズ。

生理周期に合わせて大人ニキビ・肌荒れ・乾燥・混合肌…と肌が不調になりやすい人にはピッタリのアイテムです。女性ホルモンに働きかける高級ローズ化粧品で肌だけでなく心もケアしてくれる、女性には嬉しいアイテム。

 

公式サイトでは、3アイテムセットで17,100円(税抜)の美肌セットが、初回限定半額の8,550円(税抜)になる半額お試しコースもあり。いつでも解約・キャンセルが出来る定期コース、しかも180日間返金保証アリなので、『自分との相性が不安…』という方もまずはトライしてみるのが◎。

>>>女性ホルモンに着目!92%がキレイになったラ・ミューテ美肌セット

 

ルナビジュではこちらのラ・ミューテ『美肌セット』のレビュー記事も掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ルナビジュ
【ラミューテ体験レポ】女性ホルモン対策スキンケアの効果は?30代女子がお試し!

今回、お試ししてみたのは、ラ・ミューテスキンケアの美肌セット。 最近、諸事情により長年続けてきたピルの服用をやめた私。 ...

続きを見る

 

 

スキンケアもダイエットも生理周期が成功の鍵!

ルナビジュ

今回はスキンケアに焦点を当てましたが、ダイエットも生理周期に合わせると成功しやすいですよ!スキンケア同様、生理後は代謝がアップして気持ちが安定しているので、運動や食事制限に集中しやすくなります。

生理周期、ホルモンの働きを理解して、美肌づくりの道を一歩先へと進めましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.