ルナビジュ

美肌コラム

化粧水だけで保湿はできない!30代40代女子には乳液・美容液・クリームが必須

投稿日:

化粧水=保湿というのは、実は大きな間違いだって知っていますか?化粧水は水分で肌のキメを整えて、美肌成分を取りこむための役割を担っています。

化粧水だけをたっぷり与えていれば保湿ケアは完璧!なんて信じちゃダメ。特に、ルナビジュ読者世代の30代・40代の女性はそんなケアを続けていたらどんどん老け込んで行ってしまう危険性もあるんです。

 

今回の美肌コラムでは、化粧水の持つスキンケアの役割、そしてこの年齢に合うスキンケアの方法についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

化粧水だけで終わらせるスキンケアはもう終わり!

ルナビジュ

 

洗顔後、肌に潤いを与えたくて当たり前のようになじませていた化粧水。スキンケアは化粧水さえたっぷりつけていれば問題なし!なんて思っていたりしませんか?

本来、化粧水だけでは十分な保湿効果は得られません。なぜかというと、化粧水の大半は水で出来ていて、水分をキープしてくれる油分はあまり配合されていないからです。

 

そのため化粧水だけだと、次第に水分が蒸発してカサカサしてきます。特に、水分量も皮脂量も減少し始める30代・40代の肌には、化粧水だけしか与えないというのはNG行為。

特に脂性肌・混合肌などの肌のテカリが気になる人は『化粧水だけじゃないと皮脂が多く出ちゃうし…』と考えがちですが、ここは発想の転換を。化粧水しか与えていないからこそ、肌の水分が蒸発しそれを補うために皮脂が出ているんです。

化粧水後のケアにクリームや乳液、美容液など、保湿力をもつアイテムを必ず加えるのが基本のスキンケアです。

 

 

化粧水は何のためにつけるの?

ルナビジュ

化粧水=プレ保湿ととらえて

では、化粧水は何のためにつけるのでしょうか?

化粧水は肌のキメを整えたり、次に使うアイテムの浸透を良くしたりと、プレ保湿のような感覚で取り入れるのがいいですね。つまり、化粧水を何度も重ね付けしたり、たくさんコットンでパッティングしても深く浸透するわけではないので、あまり良い結果は得られないということです。

 

でも、化粧水を使うからには効果を求めたい!という人には、美肌効果のあるタイプの化粧水を選んでみて。美白作用や毛穴引き締めなどの作用をビタミンC誘導体や、ヒアルロン酸などの保湿成分、抗酸化成分を含んだ化粧品も30代・40代にはオススメです。

 

化粧水は成分で選んでもいいですし、自分の好きな香りや植物、容器の形などで嗜好品として選んでみるのもアリ。そうすれば、その後のスキンケアも楽しくなります。

 

化粧水に含まれる30代・40代女性にオススメの美肌成分

化粧水はプレ保湿だとお話ししましたが、そのプレ保湿でもしっかり美肌効果をゲットしたいという人は、こちらの美肌成分をチェックしてみてくださいね。

ビタミンC誘導体(美白・美肌成分)

抗酸化成分…アスタキサンチン、オウゴンエキス、グレープシードエキスなど

保湿成分…アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど

 

ビタミンC誘導体はニキビの色素沈着の防止や、老化の原因となる活性酸素の除去、シミ・シワ・毛穴のたるみなどあらゆる肌悩みに対応してくれる成分です。美白、美肌効果を狙いたい人はまずここからスタートしてみて。

 

 

30代・40代が一番重要視すべきステップは“保湿”

ルナビジュ

エイジングケアの基本は保湿

保湿はアンチエイジングにとって最も重要なステップです。乳液でもクリームでもいいですが、ここだけは一点豪華主義で肌質にあった質の良いアイテムを投入するのがオススメ。

肌の潤いが失われてしまうとバリア機能が低下し、肌荒れや老化の原因になります。化粧水をつけたらすぐに乾燥が始まってしまうので、乳液やクリームをすぐに使いましょう。

 

もともと人間の肌には自然に皮脂を分泌し、水分を維持するバリア機能が備わっています。ですが、洗顔によって(たとえお湯だけの洗顔であっても!)皮脂は奪われてしまい、再び皮脂が分泌して元通りになるには30分以上かかります。

また、年齢とともにバリア機能自体も低下していきますから、30代・40代には保湿ケアが必須なんです。

 

乳液とクリーム好みの使い方でOK

乳液やクリームは、油分でふたをするだけでなく、肌の潤いを保つセラミドの働きを助ける成分が入っているものを選びましょう。乳液とクリームの違いは水分と油分のバランスだけなので、機能的に大きな違いはありません。

好みによって、乳液のみクリームのみ…といった使い方でもOKです。肌は適度な油分を補うことで、やわらかくなめらかになります。特に、動きの激しい目元や口元は、乳液やクリームを重ね付けしたり、アイクリームを使って乾燥対策をとってくださいね。

 

 

化粧水さえもしみる!敏感肌さんにもできる保湿方法

ルナビジュ

さいごに、敏感肌さんの保湿方法についてお話ししておきます。

肌が敏感になり過ぎて、敏感肌用の化粧水さえもしみるような時がありますよね。そんな時につかえるアイテムが『バーム』です。油分がほとんどを占めるバームは、固形の油分が多く肌の保護力を高めてくれます。

洗顔後に塗れた肌にそのままバームを塗り込んでスキンケアを完了すればOKです。私も以前体調不良からの過度な敏感肌になったときにこれで乗り切った経験があります。かなり使えるワザですから、いざという時に試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.