ルナビジュ

美bodyコラム 美肌コラム

スーパーフードは日本人向けで!おすすめ日本のスーパーフード食材5選

投稿日:

海外セレブが美と健康のために食べていることで、日本でも美意識の高い女性から支持されている海外のスーパーフード。ココナッツオイル、キヌア、チアシードなどが定番スーパーフードとして浸透しましたよね。

スーパーフードは欧米発祥の美と健康に効果があると言われている、栄養価の高い食材です。欧米ではスーパーフードが一般にも広く普及していますが、実は日本にも普段の食生活にすぐに取り入れられる、近くのスーパーで手に入るようなお手軽なスーパーフードがあるんです。

 

今回のコラムのテーマは、ジャパニーズスーパーフード!おすすめの食材、期待できる効果、そして効果的な取り入れ方までご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

2017年に注目されているスーパーフード

ルナビジュ

毎年メディアを通じて新しいスーパーフードが登場しています。2017年は、どのようなスーパーフードが注目を集めているのでしょうか。

「日本スーパーフード協会」の調査によると、今年はレッドフルーツ、青いスーパーフード、酸化しないスーパーオイルなどがトレンドのようです。

レッドフルーツとは、アセロラやゴジベリー。青いスーパーフードとは、以前のコラムで紹介したスピルリナ。そしてスーパーオイルは米ぬか油です。

それぞれ豊富な栄養、特筆すべき効果がありますが、今回は日本のスーパーフードに注目したいと思います。

 

 

日本にもスーパーフードはたくさんある!

ルナビジュ

海外発のスーパーフードは、比較的高価かつ手軽に入手できないという欠点があります。健康、美容に良い食材は食べ続けることで効果が期待できるのですが、値段が高いと中々続けられないですよね。

そして、消化力の弱い日本人では、海外製のスーパーフードでは体に合わないという人も多いのも事実。昔から日本人に親しまれてきた食材にこそ、実は日本人をより健康的に美しくするカギがあるんです。

今回ご紹介する日本生まれのスーパーフードなら、スーパーで年中手に入りますし、値段も安価。健康と美容のためにスーパーフードを取り入れるなら、続けやすいジャパニーズスーパーフードが断然オススメですよ。

 

 

日本が世界に誇るスーパーフード&オススメの取り入れ方

納豆

ルナビジュ

納豆には、下記のように女性に嬉しい効果がたくさんあります。

  • 植物性乳酸菌で腸内環境を整え、便秘を改善
  • 納豆キナーゼによる血液サラサラ効果
  • 豊富なマグネシウムで偏頭痛予防
  • 大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをして生理痛、生理前の不調を緩和

私は毎晩1パック、サプリメントがわりに納豆を食べるようにしています。半年ほど続けている習慣ですが、以前は毎月のように起こっていた偏頭痛の回数がグンと減りました。

そのまま食べてもいいですが、オススメはキャベツの千切りとミックスして食べる方法。キャベツに含まれる食物繊維と合わせることで、翌朝のお通じがスッキリ!ですよ^^

 

味噌

ルナビジュ納豆と同じく、味噌は日本古来から伝わる発酵食品。塩分が多いので健康には悪いのでは…?と思うかもしれませんが、実は栄養価が高い食品なんです。

大豆を発酵させる過程でアミノ酸など栄養が豊富に作られ、腸内環境を整える植物性乳酸菌も含まれています。

 

ちなみに、江戸時代の将軍、徳川家康は毎日味噌汁を飲み続けたそうです。そのお陰かわかりませんが、当時にしては長寿の75歳まで生きたとか!取り入れ方は味噌汁を毎日飲むだけ。

さらに野菜が安く手に入る夏は、夏野菜を味噌漬けにすると生きた植物性乳酸菌を摂取できますよ。私は毎年夏、キュウリをたくさんおすそ分けしてもらったら、塩漬けにして水分を抜いた後、味噌床に漬けて味噌漬けにして食べています。

 

梅干し

ルナビジュ

昔は熱冷ましや下痢止めなど、薬として使われていた梅干し。梅干しに豊富に含まれるクエン酸が、疲労回復、夏バテ予防に効果的と言われています。

また、梅干しはアルカリ性の食品で、疲れやストレスで酸性に傾き、老けやすくなった体を中和するという作用も。エイジングケアにもピッタリな食材なんです。ただし、塩分が多いので、摂取は1日に2個までを目安にしましょう。

 

甘酒

ルナビジュ

別名「飲む点滴」「ジャパニーズヨーグルト」とも呼ばれている甘酒。豊富な栄養と乳酸菌で、便秘の解消、美肌効果が期待できます。

特に、甘酒に含まれている「コウジ酸」は、メラニンの生成を抑制する効果があると言われており、厚生労働省が認定する美白有効成分の一つに挙げられています。

 

甘酒には、酒粕由来のものと米麹由来のものの二つのタイプがありますが、オススメは米麹由来のもの。酒粕由来のものはアルコールと砂糖が含まれていますが、米麹由来のものはノンアルコール、砂糖フリー。ふんわりやさしい自然の甘みが特徴です。

米麹由来の甘酒は、スーパーで手に入る乾燥麹があれば手作りできます。

 

乾燥麹で作る甘酒の作り方

【材料】

乾燥麹…150グラム

お湯…300ミリ(温度は63度〜65度)

【作り方】

  1. 乾燥麹を手でほぐしながら炊飯器に入れて、お湯を加える。温度計で60度前後になっているか確かめる。
  2. 炊飯器の蓋は開けたまま、清潔なふきんをかぶせて4時間保温する。
  3. 時々温度を確認しながら保温を続けて、甘い香りがしたら完成。

参考文献:是友麻希(2014)『酵素いきいき 生甘酒』主婦の友社.

 

 

海苔

ルナビジュ

海藻類が美容、ダイエットに効果的と言われていますが、最も手軽に海藻の栄養が摂取できるのは海苔。

なんと2枚分でビタミンA、B1、B2がそれぞれ一日分摂取できるそうです。タンパク質も豊富なので、エクササイズをする習慣がある方は毎日海苔を食べて、筋肉をサポートすると良いでしょう。

 

 

毎日手軽に続けるならジャパニーズスーパーフード!

ルナビジュ

私も数種類のスーパーフードを日常的に摂取していますが、値段や手に入りやすさを考えると日本のスーパーフードを積極的に取り入れたいと思っています。栄養価も海外のスーパーフードに負けず劣らずですからね。

まずは一つの食材を毎日の食事に取り入れるようにして、1ヶ月後、2ヶ月後の体の変化をチェックしてみてください。きっと嬉しい変化が表れてくるはずですよ。

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美bodyコラム, 美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.