ルナビジュ

美肌コラム

インナードライ肌対策は夏こそ注意!肌トラブルを克服する2つのポイント

更新日:

夏の肌は汗をかきやすく、ベタつきがち。このシーズンは肌質のコントロールが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

この時期はどうしても肌バランスが崩れがちになってしまい、肌の表面には油分がたっぷりでも、実は内側は乾燥肌…といったインナードライ肌が加速してしまいます。しかし、この肌トラブルは正しい対策方法を知って入ればしっかり防げるものなんです。

今回の美肌コラムでは、そんな夏特有の肌トラブル『インナードライ肌』のケア方法についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

夏でもしっかり肌に油分の補給を!

 

油分の不足がインナードライ肌を招く

夏を目前とした5月頃から、毛穴は皮脂を分泌する=『出す』働きが活発になります。そのため、肌の表面には油分が多く出ますが、内側ではうまく水分・油分を取りこめなくなり、乾燥肌が進む…というアンバランスな現象が起きてしまいます。

これが、いわゆる『インナードライ肌』の状態です。

 

ルナビジュ

表面的には油分が多いので、どうしてもスキンケアはさっぱりしたものでベタつきを抑えたい!と思いがちですよね。ですが、これがインナードライ肌を加速させている原因でもあります。

スキンケアを化粧水だけで済ませてしまったり、必要以上に洗顔を繰り返したり…。自分の表面的な肌状態だけを見て、そんな間違ったケアをしていませんか?

必要な水分・油分が補給がされていないと、肌は自分を守るために皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

 

水分・油分ともに与えてバランスの整った肌に

表面がベタつき、内側ではより一層乾燥が進んでしまったインナードライ肌。この状態では、毛穴は出すことに一生懸命で取りこむパワーは残っていません。

毛穴の取りこむパワーを取り戻すためには、水分とともに油分を与えることが重要になります。洗顔後のスキンケアは化粧水だけで終わるのではなく、しっかり乳液やクリームなどで油分を与えるようにしましょう。

 

夏場はどうしても乳液が苦手で…という方も中にはいるかもしれませんね。そんな人はサッパリした肌触りのジェルタイプや、軽いテクスチャーの乳液がオススメ。秋冬シーズンのようなこっくりしたテクスチャーのものでなくていいので、油分をしっかり与えることを優先してくださいね。

 

 

紫外線対策もインナードライ肌予防に効果的

日焼け止めクリームのケアはクレンジングまで抜かりなく

なんといっても夏のお肌の大敵と言えば、紫外線ですよね。紫外線はシミを作る要因であり、肌に大きなダメージを与えます。夏が始まる5月がもっとも紫外線が強い時期と言われているので、早めに紫外線対策を摂るように心がけましょう。

 

ルナビジュ

ただし、過剰なケアは禁物!UVプロテクトクリームはコーティング力が強いので、塗り過ぎると肌の表面が固くなってしまうデメリットもあります。その結果、乾燥をひどくさせてしまう場合も。

特に、SPF度数が高い日焼け止めクリームの使用は肌への負担が大きく、シワの原因にもなりかねません。高い度数のクリームを使う場合は、レジャーや外出時間が長くなるときなどに上手に取り入れるようにしましょう。

通常の生活では、SPF15~25が最適です。室内にいる時にも紫外線は降り注いでいますから、年間通して紫外線対策は必須と考えましょう。

 

また、日焼け止めクリームの度数に関係なく、必ず専用のクレンジング料を使ってしっかり落とすようにしましょう。それを怠ってしまうとクリームのカスが知らないうちに毛穴にどんどん溜まっていきます。そうすると毛穴の根詰まりを起こして、肌が本来するべき機能までストップしてしまうので注意してくださいね。

 

うっかり日焼けをしてしまったら?

万が一、『日焼けしちゃった!』となってしまった場合は、まず肌を落ち着かせることが大切です。鎮静作用のある化粧水で水分補給をし、肌が落ち着くまで刺激を与えるケアは控えて。

 

ルナビジュ

私がよくやる応急処置は、ローションパック。冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をコットンに含ませ、顔に乗せてあげるだけです。肌がぐんぐん水分を吸収してくれ、開いた毛穴もキュッと閉じてくれるメリットもあります。もちろん、普段のスキンケアにも取り入れてもOKです。

 

注意点としては、長時間肌の上にのせないこと。コットンが乾燥してくると反対に肌の水分を奪ってしまうので、たっぷり浸したコットンを10~20分ほど放置したら終了もしくは再度新しいコットンでパックをしてください。

コットンパック完了後は、しっかり乳液もしくはクリームで油分をプラスしてあげるのもお忘れなく!

 

夏は思わぬ落とし穴がたくさん存在する季節です。正しいケアを実践して、元気な肌コンディションで乗り切るようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.