【正しい洗顔方法7つの法則】美肌になれる洗顔方法をマスターしちゃおう! - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

【正しい洗顔方法7つの法則】美肌になれる洗顔方法をマスターしちゃおう!

投稿日:

ルナビジュ

今回の美肌コラムは、正しい洗顔方法について。
洗顔方法って、昔からの習慣で改めて治すということはなかなかないもの。

 

思春期の頃から自己流の洗い方を続けている人が多いのでは?
メイクや基礎化粧品にこだわっても、洗顔が肌質を左右してしまうと言っても過言ではありません。

 

正しい洗顔方法を知れば、基礎化粧品の効果も最大に発揮できますし、もちろんメイク映えのする美肌になれますよ。
では、自分の洗顔方法は正しかったのか、チェックしながら見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



肌をこすらない泡洗顔を!

ルナビジュ

まずは、洗顔料をしっかりと泡立てることが絶対条件!
中にはクレンジングフォームを直接肌の上に乗せてしまう人がいるようですが、もちろんNG行動です。

 

手で泡立てるよりも、洗顔ネットなど泡立てが簡単にできるものを利用するのがオススメ。
手で作る泡よりももっちりとした泡が簡単に作ることができます。

 

両手のひらいっぱいに泡を作ったら、泡を肌に乗せるイメージで洗います。
この時、指などで肌を絶対こすらないこと。泡だけで顔を洗うようにしましょう。

 

肌を擦ってしまうと、肌が刺激を受けたことで脳がメラニン色素を出す指令を出してしまいます。
洗顔を一生懸命やっているのに、肌の黒ずみが気になる、くすみが気になると言う人は洗顔の時の刺激が原因かもしれません。

 

 

1日に何度も洗顔することは肌トラブルの悪循環に

ルナビジュ

肌トラブルを早く改善しようと、1日何回も洗顔してしまう人もいます。
思春期のニキビでもそうしてしまう人もいるようです。

 

そもそも、どんな洗顔料であっても強い脱脂力が含まれています。
脱脂力が強い洗顔料を何度も使ってしまうと、必要以上に皮脂が失われてしまいます。

 

肌のべたつきがなくなっていいじゃない!と思う人もいるかもしれませんが、これは間違い。
適度な皮脂は天然の化粧水&美容液とも言えます。
皮脂が根こそぎ取られてしまっては、肌の潤いがなくなってしまい、肌は必死に身を守るっために皮脂を分泌します。
1日何度も洗顔をすることで、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

 

洗顔は、朝・晩の2回で十分。
多くても3回までにしましょう。
そして洗顔後は保湿成分の入った化粧水で、十分に水分補給をしましょう。

 

 

洗顔中の水温は常温~ぬるま湯で保湿効果アップ!

ルナビジュ

洗顔をしている時の水温にも気を配りましょう。
ベストは常温~ぬるま湯の間で。
水温が高くなると、皮脂を落とし過ぎてしまい乾燥が加速してしまうので絶対に避けてください。

 

常温からぬるま湯程度であれば、肌への刺激を最小限にとどめることができます。
泡洗顔をしたあとに水で洗い流すときも、肌をこすらないことが大切!

 

手に水をためて、そこに肌を入れる感覚で流していきます。
そ~っと泡を流すようにしながらも、かつ流し忘れがないようにしてくださいね。

 

 

Tゾーン・Uゾーンは意識して洗顔を

ルナビジュ

洗顔をする時はTゾーンUゾーンを意識して洗顔するようにしましょう。
一般的に、額や鼻などのTゾーンは皮脂分泌量が多めです。同じ顔の皮膚でも、頬の部分とは全く違うのです。

 

Tゾーンの皮膚には適切な洗浄力、脱脂力であっても、Uゾーン(ほお、あご周り)にとってはその働きが過多になる場合も多いです。
頬の部分を傷めないよう、TゾーンとUゾーンを意識した洗顔方法が美肌の秘訣です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

化粧水は中性~弱酸性のものがベスト!

ルナビジュ

一般的なクレンジングフォームや固形石鹸はアルカリ性の性質を持っています。
それに対して私たちの皮膚は弱酸性です。

 

健康的な肌を持っている人は、中和能といってアルカリ性を中性(中和)にする力を持っています。
しかし、その機能が衰えてしまっている女性も多いようです。

 

ですから、洗顔の後に使用する化粧水はpHが中性~弱酸性のものが望ましいとされています。
自分の使っているクレンジングフォームや化粧水はアルカリ性か中性か、あるいは弱酸性のものかを今一度確認してみましょう。

 

 

クレンジングフォームの使用量・使用方法に従う

ルナビジュ

使用するクレンジングフォームなどの裏には適切な使用量、使用方法が記載されています。
物によっては、外箱に書かれている場合もあります。

 

その記載通りに洗顔するのは基本中の基本ですが、意外としたがっていない人が多いんです。
だいたいこの程度の量でOKだろうとか、以前使っていた別の洗顔フォームと同じ量のままだったり…。

 

裏書きをよく読み、1回分のクレンジング使用量を守るようにしましょう。
裏書通りの使用量、使用方法で洗顔する習慣をつけることで、そのクレンジングフォームの最大限のパワーを得ることが出来るはずです。

 

 

その日の汚れはその日のうちに落として

ルナビジュ

その日の汚れはその日のうちに落とす。
これはどんな女性にも守ってほしいこと。

 

仕事や遊びで疲れて帰ってきても、洗顔は必ずするようにしましょう。
疲れて寝ちゃったら、いつの間にか朝になってた~なんて美容女子としてはNG。

 

メイクをしたまま寝てしまうと、肌が5歳も10歳も老化してしまいますよ。
メイクしたまま寝れるファンデーションなども販売されていますが、それでも洗顔はすべき。

 

油性の強いファンデーションを使用している場合は、ダブル洗顔で落としましょう。
油性の強いファンデーションは通常の石けん洗顔で無理に落とそうとすると、ゴシゴシ力を入れて洗うことになってしまいます。
メイクアップをした日は、専用のクレンジングクリームなどで油分を溶かして浮かせ、拭き取りや洗い流しでメイクをざっと落としましょう。
その後、クレンジングフォームの水洗浄で落とすようにします。

 

ダブル洗顔は、肌がさらにアルカリ性に傾きがちになり、乾燥もしやすくなります。
弱酸性の化粧水でしっかり保湿してあげましょう。

 

また、『今日はメイクなしで過ごしたから、洗顔はしなくていいわ』という女性も多いようです。
メイクをせずに1日過ごしたとしても、皮膚には1日分の皮脂やほこりが溜まっています。
クレンジングフォームなどでちゃんと洗顔をするようにしましょう。

 

 

さいごに

ルナビジュ

今回は正しい洗顔方法7つの法則と題してお話ししてきました。
特別なことではない内容ではありますが、基本をしっかりと忠実に行うことが大切ということです。

 

意外と、オリジナルなやり方をしてしまっていて、それが自身の肌トラブルの原因になっていると気が付いていない人が多いんですね。
シンプルかつ奥深い洗顔ですが、美肌になれるベースの部分です。
ぜひ、みなさんもトライしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク










 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.