温めケアで普段のスキンケアを格上げ!健康的なツヤ肌を育てる6つの方法 - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

温めケアで普段のスキンケアを格上げ!健康的なツヤ肌を育てる6つの方法

投稿日:

梅雨が明けていよいよ本格的な夏が到来!この時期はいかに涼しく過ごすかを優先して考えることが多いと思います。

冷却コスメを使っているという女性も多いでしょう。暑さ対策に肌を冷やすことも大切ですが、スキンケアの効果をアップさせるのは温めるケア

「この暑い中温めるケアなんて・・・」「なんだかもっと毛穴が開きそう…」と思うかもしれませんが、そんな心配はありません。お金もかけずに、いつものスキンケアの効果をアップさせることができるんですよ!

今回の美容コラムは、今日からできる簡単な温めケアについてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

温めケアが肌に与える効果とは?

ルナビジュ

肌を温めることで期待できる効果は、

  • 血行が促進して顔色&肌の代謝がアップ
  • 化粧品の美容成分が浸透しやすくなる(角質層まで)
  • リンパの流れがスムーズになり、老廃物を排出しやすくなり、肌に栄養が届きやすくなる
  • 紫外線で分厚くなった角質を柔らかくしてゴワつきを防ぐ

以上の4つです。

 

まず、夏は冷たいものを摂取して内臓が冷え、血流が悪くなりやすいのですが、温めケアを習慣にすることで血流を改善することができます。

また、日常的に浴びる強い紫外線により、肌の表面にある角質が分厚くなって手触りがゴワつく肌に。温めケアで角質を柔らかくすることで、化粧品の水分や美容成分がなじみやすくなります。

夏は代謝がダウンして老廃物が体内に溜まりやすいので、温めケアで排出を促すことも大事です。顔のむくみが気になる人にもオススメのケア方法です。

 

 

いつものケアにプラスα!温めケアの4つの方法

朝はホットタオル&ホットバンドで血流アップ、夜は半身浴でじんわり温め

ルナビジュ

起きたての体は内臓も起きたばかりで活動が鈍く、血の巡りが悪い時間帯。起きたてホットドリンクで体の中から内臓を温めた後は、ホットタオルとホットバンドで温めケアをスタートしましょう。

方法はとても簡単。お湯で温めたタオルで首元を、ヘアバンドでおでこを温めます。

首元には太い血管が通っているので、温めることで全身の血流がスムーズになるのです。おでこを温めるのは、おでこにあるリンパの流れをスムーズにするため。温めた後に指の腹でおでこをマッサージすると、排出効果がさらにアップしますよ。

 

老廃物やメラニンを排出して、スッキリした状態で朝をスタートさせましょう。夜は、できるだけ毎日お湯に浸かって全身の血流を良くするだけで、肌の代謝がアップ。毎日お湯に浸かるのは難しい、という方は首元ホットタオルでもオーケーです。

 

化粧水、乳液はハンドプレスで体温を与えながらなじませる

ルナビジュ

コットンまたは手で化粧水をつけた後は、手で顔を包み込むようにして肌に体温を与えましょう。肌を体温で温めることで、美容成分や水分が浸透しやすくなるという研究データもあります。

手の平よりも手首付近、親指の膨らみあたりの体温が高いので、両手でグーを作り、手の平の下で優しく肌を抑えるようにする方法がオススメ!

 

耳もみで首から上の血流アップ!

耳の周りにはツボやリンパが集中して存在しています。軽く力を加えてほぐすだけで首、顔の血流がアップするので、顔の血色が良くなるのです。くすみが気になるという人には特にオススメ。

耳もみのやり方はとても簡単。指で耳の端から端までそれぞれ2秒ほど引っ張り、最後に耳を手で包んで回すだけ。

私は頭痛持ちなので、できるだけ首元から肩周りの血流を滞らせないようにするために、気が付いた時に耳もみをするようにしています。顔色が良くなって、首回りがポカポカして肩こり、頭痛予防にもなりますよ!

 

ネットで話題の「レンチン化粧水」はアリ?ナシ?

ルナビジュ

温めケアの中で、最近はネットを中心に話題を集めているレンチン化粧水があります。化粧水を人肌に温めることで毛穴が開き、美容成分が浸透しやすくなる、毛穴が目立たなくなる、など女性には嬉しい効果がたくさん。

でも、化粧水をレンジで温めるのは製品の劣化を招く可能性、さらにせっかく含まれている美容成分が働かなくなることがあるようです。

 

特に、シミ予防に有効と言われているビタミンC誘導体をはじめとする美白有効成分は、熱に弱いのでレンジで温めると効果がなくなる可能性があります。

美白ケア用の化粧水じゃなければ良いのか、(例えばプチプラのハトムギ化粧水など)ということについては、科学的に「絶対にダメ!」という証明がされていないので、なんとも言えません。

 

私個人の意見としては、化粧品はできるだけ購入した時のフレッシュな状態で使うのが安全だと考えています。レンジで温めるよりも、毎日5分でもいいのでお湯に浸かったり、ハンドプレスでじっくり丁寧に保湿ケアをすることを薦めます。

 

スポンサーリンク

 

一年中摂取したい温め食材&飲み物

ルナビジュ

体を温める食材、飲み物を摂取することも温めケアの一つ。特に内臓の冷えを起こしやすい夏は、体を冷やして火照りを取る夏野菜や果物だけではなく、温め食材も積極的に摂取しましょう。

温め食材やオススメの飲み物

  • 赤や黒のような暖色系野菜(かぼちゃ、人参、ごぼう、玉ねぎなど)
  • 生姜、香辛料(生姜は加熱したものを)
  • 紅茶やほうじ茶など、発酵して茶色くなったお茶
  • 赤ワイン、日本酒(飲みすぎると体を冷やすので要注意)

 

朝一番に摂取するべきなのは冷たい飲み物?温かい飲み物?

ルナビジュ

人は睡眠中も汗をかきます。そのため、朝起きたての体は水分不足の状態。老廃物を排出するために水分を摂らなければいけないのですが、冷たい飲み物と温かい飲み物、どちらが美容に良いのでしょう。

 

冷たい飲み物を摂取すれば内臓が目覚めて活発になるのでは、と思うかもしれませんが、逆に負担になって代謝がダウンしてしまいます。温かい飲み物を摂取して、体の芯から温めて血流をアップさせましょう。オススメは白湯

インドの古典的健康法、アーユルヴェーダでも朝一番の白湯は老廃物排出に効果的、とされています。白湯にレモン汁、ハチミツを加えてホットレモンにしたり、生姜シロップを加えてもいいですね。

 

温かい飲み物ならコーヒーでも良い、というわけではないので要注意。空腹時にコーヒーを飲むと胃酸の過剰分泌を起こしたり、カフェインが身体を冷やしてしまいます。コーヒーを飲むなら朝食後がベストです。

 

 

温めケアで体の中から美肌力をアップ!

ルナビジュ

いつものケアにちょっと一手間、温めケアをプラスするだけで、普段使用しているスキンケアアイテムの浸透力をアップさせたり、化粧ノリが良くなります。夏は肌を冷やした方が気持ちいいですが、温めケアを習慣にして美肌力をアップさせましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.