髪の毛のパサつきはなぜ起こる?30代からの効果的なヘアケア方法 - ルナビジュ 
ルナビジュ

美bodyコラム

髪の毛のパサつきはなぜ起こる?30代からの効果的なヘアケア方法

投稿日:

女性なら誰もが大事にケアする「髪の毛」。でも、いつの間にか「パサつき」を感じるようになっていませんか?

20代の頃にはツヤがあったのに…と、悩む人が多いのではないでしょうか。髪の毛のパサつきはなぜ起きてしまうのか、その原因を追及してヘアケアにつなげていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

年齢とともに「髪の毛のパサつき」が気になるワケ

ルナビジュ

30代ごろを境に、髪の毛にも変化があらわれます。年齢を重ねると、お肌の老化や体力の低下が気になったりしますよね。それと同じように、髪の毛も年齢とともに弱ってしまうのです。

 

栄養素が減少する

年齢を重ねると、「水分」「脂質」「タンパク質」など、髪の毛に必要な栄養素が減ってしまうのが原因のひとつです。栄養素が減ることでキューティクルが剥がれ、髪の毛が傷んで潤いやハリ・ツヤがなくなってしまうのです。

さらに、年齢とともに髪の毛が細くなったり、薄くなることも「パサつき」につながります。

 

ヘアカラーやパーマによるダメージ

「若い頃からパーマをしているから」とか、「少し白髪が気になってきたから」など、ヘアカラーやパーマをする理由は人それぞれ。しかし、カラー剤やパーマ剤には様々な成分が含まれていて、髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

10代や20代の頃なら全く影響がないように感じたものも、30代を過ぎてからだと大ダメージになってしまうのです。そのダメージが、髪の毛のパサつきをさらに悪化させている原因にもなります。

 

頭皮も歳をとっている

ルナビジュ

歳をとるのは、頭皮も同じこと。頭皮もまた、髪の毛がパサつく原因を作っています。

頭皮も顔や体のお肌と同じように、古い角質が剥がれ落ちて新しい皮膚を形成する「ターンオーバー」が繰り返されています。しかし、このターンオーバーの機能が年齢とともに低下すると、毛穴の詰まりや頭皮の乾燥など、「頭皮環境」を悪化させることになります。

 

 

大人女子におすすめしたい「頭皮ケア」

髪の毛のパサつきが気になると、髪の毛そのものをケアしたくなりますよね。しかし、年齢とともにパサつきが気になってきたという場合は、頭皮からケアすることが大事です。

頭皮が髪の毛に与える影響は、とても大きいもの。髪の毛のパサつきの根本的な原因から、解決していきましょう!

 

紫外線対策・乾燥から守る工夫を

ルナビジュ

紫外線や乾燥のダメージを受けるのは、顔や体だけではありません。頭皮も十分にダメージを受けるのです。

紫外線対策といっても、顔などと同じ日焼け止めを塗るわけにはいかないですよね。そこで、外出時には日傘や帽子を使って、頭皮を紫外線から守ってあげましょう。

乾燥についても、頭皮専用のローションを使って乾燥から守ってあげるようにしましょう。顔用の化粧水や乳液でも、中には頭皮にも使用できるものがあるので、使いたい場合はよく確認しておきましょう。クリームタイプのものは毛穴の詰まりの原因になってしまうので、避けておくのが無難です。

 

 

血行促進で頭皮環境を整える

ルナビジュ

頭皮の血行促進をおこなうことで、ターンオーバーをはじめとする「頭皮環境」を整え、改善することができます。

血行促進のためには、「頭皮マッサージ」が、最も簡単で手軽にできる方法です。
頭皮マッサージをおこなうときは、指の腹でやさしくマッサージしましょう。爪を立てると頭皮が傷ついてしまうので注意してくださいね。

自宅で本格的な頭皮マッサージやヘッドスパを体感できるグッズもたくさんありますので、一度チェックしてみるのも良いですね。

 

シャンプーのすすぎを入念におこなう

ルナビジュ

シャンプーの「すすぎ」を、皆さんはしっかりとできているでしょうか?頭皮や髪の毛をしっかり洗っていても、すすぎが不十分では頭皮ケアができません。むしろ、頭皮の毛穴の詰まりの原因となり、頭皮にとっては悪影響を与えてしまいます。

きちんと頭全体をすすぐためには、3分を目安にしたいところです。目に見えるシャンプーの泡が落ちていても、根元にはすすぎきれていないシャンプーや頭皮のゴミなどがまだまだ残っているのですね。

すすぎを入念におこなうだけでも、頭皮環境を整えやすくなり、髪の毛のパサつきを改善する一歩になりますよ。

 

 

体の内側からケアしよう

最初にお伝えした、髪の毛のパサつきの原因のひとつは、「栄養素の減少」でしたね。年齢とともに減ってしまう体内の栄養素は、外側からケアすることができません。そこで、食や睡眠などの生活習慣を整えて、体の内側からケアしていきましょう!

 

ビタミン・ミネラル

ビタミンやミネラルは、栄養素として最初に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。ビタミンやミネラルは、体内で作り出すことができません。つまり、外側から、食事などで摂取するしかないのです。

摂りすぎは体にとって良くないですが、不足しないように積極的に摂取していきましょう。

 

タンパク質

髪の毛の90%以上が、タンパク質で作られています。さらに、その中には「必須アミノ酸」という、体内で作ることができない栄養素も含まれているのです。そのため、食事などからタンパク質を摂取しておかないと、美しい髪の毛を作ることができません。

それだけでなく、髪の毛が細くなったり、白髪が増えるなど、タンパク質不足による影響もたくさんあります。日常的に意識して摂取しておきたいですね。

 

脂質

「脂質が不足すると、お肌の乾燥につながる」という説を聞いたことがある人が多いかと思います。それは、頭皮や髪の毛も同じことなのです。

よく、ダイエット中に食事制限をする人がいますよね。その結果、脂質が不足して、髪の毛がパサついたりお肌が荒れることがあるのです。それぐらい、脂質は髪の毛にとっても体にとっても必要な栄養素なのですね。

 

睡眠をきちんと取る

ルナビジュ

睡眠不足は、髪の毛の修復が上手くできなかったりターンオーバーに悪影響をおよぼすなど、頭皮への影響も大きいのです。「睡眠を取る=長時間寝る」ではありません。もちろん、時間も大事ではありますが、それよりも「質」が重要なのです。

質を高めるためには、ぐっすりと眠ることがポイントです。さらに、気持ちよく目覚めることも大切になってきます。理想的とされる6~8時間の睡眠時間を目安にして、自分に合った睡眠時間や方法を取りましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

正しいヘアケアをしよう

ルナビジュ

頭皮ケアや生活習慣改善だけでなく、もちろん髪の毛そのものもしっかりとケアしたいところです。

しかし、間違ったヘアケアをおこなってしまうと、髪の毛のパサつきは治まるどころか悪化しかねませんので、正しいヘアケアについてお話ししていきます。

 

自然乾燥はダメ!

ドライヤーが面倒で自然乾燥させていませんか?自然乾燥は、キューティクルが剥がれて髪の毛が傷んでしまう原因です。つまり、自然乾燥によって髪の毛のパサつきも悪化してしまうのです。

髪の毛は、しっかりとタオルドライをしてからドライヤーで乾かし切るようにしましょう。

 

ドライヤーの使い方を見直そう

ルナビジュ

皆さんは、ドライヤーを正しく使っていますか?ドライヤーの使い方を見直すことで、髪の毛にとっても良い影響を与えるでしょう。

次の項目をチェックしてみてください。

  • ドライヤーを髪の毛から15㎝以上離している
  • 根元から毛先へと乾かしている
  • 常にドライヤーを動かして、一箇所に熱が当たらないようにしている

この3つの項目を守るだけで、髪の毛への負担は激減されます。

 

洗い流さないトリートメントを使おう

ドライヤーを使う前や日常的に髪の毛の乾燥が気になったときなどには、洗い流さないトリートメントを活用しましょう。洗い流さないトリートメントによって、ドライヤーの熱や空気の乾燥から、髪の毛を守ることができます。

頭皮につけてしまうと、毛穴の詰まりなど「頭皮環境」の悪化につながりますので、毛先から中間部を中心につけると良いですよ。また、ヘアオイルやヘアミルクも効果的なので、日常的に使ってみてくださいね。

 

地肌もケアできるシャンプーを使う

髪の毛自体をしっかりケアできるのはもちろん、健やかな美髪を育てるアイテムを活用するようにしましょう。特にヘアケアのメインとなるシャンプーをまずは見直すところからスタートするのがいいですね。

年齢を重ねた女性はアンバランスな頭皮状態になっていることが多いです。しっかり地肌をケアしてあげることで、髪の毛自身のトラブルが減ることにもつながりますよ。

 

ルナビジュ
【ポーラ フォルム】30代女子が頭皮のアンチエイジングケア開始!脂っぽい髪にもオススメ

ここ最近、少しずつ、少しずつ…『あれ?』という疑問がでてきたアラサーの私。 それが…髪の毛のボリュームが減っている!!! ...

続きを見る

ルナビジュ
【わたしのきまり口コミ】頭皮のかゆみ・乾燥対策に!泡立てない自然派シャンプー

今回レビューをお届けするのは、クリームシャンプー『わたしのきまり』。ここ最近、日差しが強くなってきて髪はもちろん頭皮のダ ...

続きを見る

 

 

パサパサ髪の毛にさよなら!

歳とともに気になる髪の毛のパサつきは、髪の毛や頭皮などの老化が原因だと知っていただけたかと思います。ですが、その老化や弱りは、日ごろの様々なケアによって防げることもわかりましたよね。

髪の毛のパサつきは、自分自身でとても気になるだけでなく、人に与える印象まで変わってしまうもの。しっかりとケアをおこなって、美しい髪の毛へと変えていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.