ルナビジュ

美肌コラム

肌質は4種類!肌トラブルなしの理想的な美肌になれる4つのポイント

投稿日:

肌がキレイなままで過ごしたい!というのは、誰もが願うこと。ですが肌の美しさを保つために、みんなが同じケアをしていれば良いというモノではありません。それは、人にはそれぞれ異なった肌質があるからです。

さらに、年齢を重ねることによっても肌の状態は変わっていきますが、あなたはどんなスキンケアをしていますか?自身の肌の体質を知った上でのケアができているでしょうか。自分に合ったスキンケアをしなくては、意味がないといっても過言ではありません。

 

そして、肌質で肌トラブルに悩まされている人の中には、トラブルが発生するたびにその都度対応するしかないと思っている人もいるかもしれません。ですが、肌体質を変えると肌トラブルに悩まされずにすむんですよ。

今回の美肌コラムでは、肌質の種類やそれにともなう肌トラブルについて、どのようにトラブルを回避する方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

肌質は大きく分けて4種類

まずは、肌体質の種類やそれぞれの特徴についてみていきましょう。

ルナビジュ

普通肌

普通肌とは、その名の通り肌が弱すぎず強すぎないバランスのとれている肌のことです。そのため、きちんとケアができていれば、肌トラブルに悩まされずに過ごすことができます。

乾燥肌

乾燥肌とは、本来あるべき肌の水分量が少なくなってしまうことで起こります。普通の化粧品では肌が乾燥してしまうので、保湿成分が多く含まれている化粧品を選びましょう。

ニキビ肌

ニキビ肌は、ニキビができやすい肌ということですが脂性肌とも状態が似ています。脂が出やすく、毛穴を塞いでしまうことになります。

さらに、上手に洗えないことで汚れも詰まってしまい肌トラブルを起こしてしまいます。ニキビ肌の場合には、さっぱりした化粧品がおすすめです。

混合肌

混合肌とは、乾燥肌とニキビ肌が両方あるということです。例えば、額は乾燥肌だけれど頬はニキビ肌などと言うことがあります。同じ肌でも、保湿が必要な場所と保湿し過ぎて肌トラブルを起こしてしまう場所があるので注意しなくてはいけません。

 

 

肌トラブルの種類をチェック!

次に、肌トラブルの種類や原因は何でしょうか。肌トラブルには主に、次のようなモノがあります。

ルナビジュ

ニキビ

ニキビになる原因は、皮脂が多く分泌されることです。寝不足やストレス、血行が悪かったり冷え性の人がなりやすく、皮脂が多く分泌されるからと洗顔をし過ぎると、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまい毛穴が詰まることでニキビが発生します。

このニキビを潰したり触りすぎたりすると、ニキビ跡ができてしまいます。

シミ・そばかす

シミ・そばかすになる原因は、紫外線の当たり過ぎです。カラダの中には、メラニンと言うからだを守ってくれる働きのある物質がありますが、紫外線に当たりすぎることによって多く作られてしまいシミ・そばかすが濃くなっていきます。

乾燥・しわ

乾燥は、必要な水分をためる機能が衰えているために起こります。そして、乾燥が原因となってできるのがしわです。肌の水分が少なくなることで肌に弾力がなくなりしわになります。

 

まだこの他にも、血行が悪くなることでクマやリンパの流れが悪くなり、むくむこともあります。肌トラブルはニキビだけではなく、シミ・そばかすや乾燥・しわなどもあり、同時にトラブルが起こることもあります。

肌トラブルに合わせて、化粧品を変えた方が良いのですがそれだけでは改善されないことも。使ってみなくてはわからないこともありますが、肌体質に合わせて選んで試してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

肌トラブル回避には根本的なケアも同時に!

肌トラブルを回避するためには、肌トラブルが起こりそうな時や起こった時のケアも大切です。この他にも、肌質を変えることで肌トラブルを回避することができるのです。

肌には、元々皮脂を出して水分で保湿し肌を雑菌から守りトラブルが起きないようにしたり、肌にトラブルが起きてしまっても自分で治す働きがあります。

 

肌質や肌トラブルは、生まれつきではありません。そのため、今の生活環境によって決まっていきます。この肌体質を変えるには、肌に良い生活環境にしていくことも必要となります。次のようなことに気をつけてみましょう。

 

ルナビジュ

食べ物を見直す

肌体質を変えるためには、人が生きていく上で大切な一つである食べ物を見直すことです。栄養バランスの考えられた食事をすることが重要となります。

特に、卵や乳製品・肉類などコラーゲンやたんぱく質が多い食事をすると肌の元々の働きを手伝ってくれます。もしも、食事をバランスよく食べられない時には、サプリメントを利用することも良いです。

生活を見直す

忙しい毎日だと、時間通りに食事や睡眠時間などが取れないこともあります。また、ストレスがたまることもあります。全ての生活を見直すことは難しくても、最低限、睡眠不足やストレスをため込まないような生活に変えられるように工夫をしてみましょう。

 

 

キレイな肌を保つために対策や予防をしよう

肌トラブルが起きやすい肌体質だからと諦めてはいないでしょうか。諦める必要はありません。ですが、肌体質を変えるためには続けることと時間がかかります。すぐに効果があらわれるモノではありません。

それまでに対策や予防もしていかなくてはいけません。対策や予防としては、次のようなことに気をつけていきましょう。

 

ルナビジュ

紫外線対策をする

肌をキレイにしていく上では、紫外線は大敵です。肌が生まれ変わる働きを妨げてしまうことになります。

また、紫外線に当たることでシミやそばかすなど今までになかった肌トラブルにも悩まされることもあります。外に出る時には、日焼け止めを塗ったり帽子を被り日差しが直接当たらないように工夫をしましょう。

肌の保湿やケアを行う

基本的なことではありますが、肌は何もしていない状態では直接傷ついてしまいます。このことによって、肌トラブルを起こしてしまいます。そのようなことがないように、バリアを作るためにも保湿やケアをして肌が再生していく働きの手助けをすると良いです。

このように、肌質や肌トラブルはさまざまあります。肌質を変えたり対策や予防などをして、理想の美肌を目指しましょう!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.