ルナビジュ

美bodyコラム

顔のたるみ・ぼやけた輪郭…顔のズレ・歪みが原因!美顔になれる4つの方法

投稿日:

今回の美bodyコラムは、美しい顔をつくるために必要な習慣についてお話ししていきます。
美しい顔…というと、メイク方法?マッサージ方法?と思われる方もいるかもしれませんね。

 

ですが、今回はちょっと視点を変えてみて、歯・あごに焦点を当てていきたいと思います。
意外と見落としがちな、顔の重要ポイントなんです。

 

特別大それたことをする必要はないのですが、日々のちょっとした習慣付けで、気になっていた顔のたるみや、輪郭のボンヤリ感も解消されていきますよ。
では、さっそく詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク



歯を使うことで健康的な理想の顔に

ルナビジュ

顔の筋肉ちゃんと使ってる?

まずは、歯のお話しからしていこうと思います。
私たちの誰にでもある歯ですが、その役割はなんでしょうか。

 

歯にはいろいろな仕事がありますが、その一番は生き物を捕らえること、そして次に咀嚼(そしゃく)です。
ワニやライオンは獲物を口でとらえますが、これは人間にはありませんね。
そのため、人間にとっては、咀嚼が口の一番の仕事になります。

 

噛み砕き、すり潰し、飲み込む準備をする咀嚼は、全身の筋肉を使って行います。
筋肉は使わないと次第にやせ細って衰えていくのは、みなさんもご存知の通り。

 

反対に、しっかり筋肉を使ってあげると筋肉は引き締まり、必要に応じて太くなります。
『太くなるなんていや!』と心配する必要はありません。
ここで言う太くというのは、適度に締まった筋肉のことを指しています。

 

筋肉が正常に動き、しっかり使われることで、その周囲の血流は当然良くなっていきます。
これが、健康的な顔を作るのです。

 

顔の筋肉を使わないとどうなるの?

ルナビジュ

顔の筋肉を使わないと、どのようなことが起きるのでしょうか。

 

  • ほおがこける
  • 口がポカンとあいた状態になる
  • 頬が垂れる
  • ぽっちゃりした頬になる
  • 顔の輪郭がボンヤリする

 

これらの顔状態になっている女性、意外と多いのではないでしょうか?
では、これらの危機から脱するための方法を見ていきましょう!

 

 

片側ばかりで噛まない!

食事 女性

食事の時に気をつけてほしいのが、噛み方
無意識のうちに、ついつい片側ばかりで咀嚼している人が多いようです。

 

片側ばかりで噛んでいると、筋肉の厚みの左右差があっという間に出てきてしまいます。
さらに進行すると、骨の形にまで影響が出てきて、簡単には改善できなくなってしまいます。

 

口や身体の間違った使い方は、弱いカラダをつくる原因になってしまいます。
そのため、十分に気をつけるようにしましょう。

 

 

カバンや荷物を片側ばかりで持たない!

ルナビジュ

あごの使い方の左右差が顎関節症に

顎関節症(がくかんせつしょう)という病名を聞いたことはあるでしょうか。
口を開け閉めするときに、音がする、関節や周辺が痛い、あごがスムーズに動かないといった症状がでる病気です。

 

この顎関節症に似たものに、習慣的な顎関節脱臼(あごが外れる)があります。
獅子舞のように口をまっすぐ開け閉めすることができない(少しでも左右へずれる)ような軽い症状の人を含めると、成人の半数以上に異常が見られるという報告もあります。

 

これらの症状がある人は、左右の顎関節の動きが違っています。
左右のあごの使い方、つまり関節にかかる負荷の左右差が原因となっています。

 

手提げバッグ・ショルダーバッグが左右差を生む

ルナビジュ

あなたは習慣的に、同じ片方の手ばかりで荷物を持っていませんか?
そのようなことが続けば続くほど、両側の肩の高さが違ったり、頭が傾いたり、片側の奥歯ばかりで食いしばるようになります。

 

このような状態は、身体の姿勢を保つ筋肉の左右差となって出てきます。
悪化すると、身体を休める時に背筋が伸びず、寝る時も弓状になってしまい上を向いて寝られなくなってしまう人もいます。

 

女性の中には、ショルダーバッグを愛用している方も多いですよね。
このショルダーバッグも同じように体や顔の左右差を生んでしまうアイテムです。

 

ショルダーバッグを肩にかけていると、無意識のうちに肩紐がずり落ちないように、ベルトが乗る肩を反対側より高く上げようとしてしまうからです。
片方の肩にばかり荷物を担ぐのも同様です。

 

左右に負荷を同じようにかける

ルナビジュ

対処法としては、重い荷物は左右に分ける、ショルダーバッグはたすき掛けにするなどの工夫をすること。
出来ないときは、手や肩を交互左右に使いように意識しましょう。

 

寝る前に軽い体操をして体をほぐし、上を向いて寝ることで体の左右差が軽減されていきます。
普段から、気付いた時に胸を張って、大きく意識して胸を左右に広げるのもオススメです。

 

 

うつぶせ寝・横向き寝に注意!

ルナビジュ

普段、何気なくとっている睡眠ですが、骨や関節の特性を考えると、うつぶせ寝横向きの睡眠姿勢は好ましくありません。
それは、関節や骨に負担をかけるだけでなく、身体の循環を妨げるからです。

 

うつぶせ寝で寝ると、頬や唇を介して歯には数百グラムもの力がかかると言われています。
頬を介して圧迫するため、結果として歯が内側へ傾くのです。

 

横向きでの寝姿勢も、これと同様です。
頭の後ろが平らになっている、いわゆる『絶壁(ぜっぺき)』になっている人は、頭の重さによる習慣的な圧迫によってできたものです。
これが、うつぶせ寝や横向きでの寝姿勢なら?
そう、顔も絶壁化してしまうことは簡単に想像できてしまいますよね。

 

成長期だけしか骨は動かないんじゃないの?と思う方もいるでしょうが、それは間違い。
成長期だけでなく、60歳や70歳になっても、歯は動きますし、骨の形も変わるのです。

 

スポンサーリンク



 

 

よく笑い、美人になろう

ルナビジュ

ここまで歯や骨のお話しをしてきましたが、最後に実践してもらいたいのが笑うこと
日本人は諸外国に比べ表情に乏しいと言われますが、これも顔の歪みに関係してくることなんです。

 

笑顔になると、顔中の筋肉を使用するため、無意識のうちに顔の引き締めエクササイズをしていることになります。
筋肉が引き締まることで、顔のたるみや歪みを予防・改善できるのは先ほど話した通り。

 

ぼーっとした表情や、無表情、喜怒哀楽が顔に出ないという人は、笑顔になるように生活をしてみて。
『そんなに簡単に笑顔になんかなれない!』
という人は、鏡の前でにっこり、トイレでにっこり、お茶をしてにっこり…と一人の時にわざと笑顔になってみましょう。
誰もいないところでやれば、恥ずかしさもないですよね。

 

 

さいごに

美容 女性 スキンケア

今回は、顔のズレ・歪みを解消して美顔になれる方法についてお話ししてきました。

  1. 片側ばかりで物を噛まない
  2. カバンを片方の手でばかり持たない
  3. 横向き・うつぶせ寝に注意する
  4. 笑顔になる

これらの4つは意外と簡単そうで出来ないものかもしれません。
でも、相乗効果を得るためにも、この4つを同時に実践してもらいたいと思います。

 

頬のコケやふくらみ、たるみや輪郭のボンヤリ感も、きっとなくなってくるはずですよ!

 

スポンサーリンク






 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , , , , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.