食べないダイエットは古い!30代・40代のダイエットは代謝アップがカギ - ルナビジュ 
ルナビジュ

美bodyコラム

食べないダイエットは古い!30代・40代のダイエットは代謝アップがカギ

投稿日:

無駄なお肉の無い、スッキリとした体形は誰から見ても憧れるもの。最近では、とにかく細くなりたいと、細さ・軽さだけにこだわってしまっている女性が多くいます。

ですが、ただ痩せて細いのではなく、メリハリのあるボディラインの方が魅力的だと思いませんか?ダイエットをしよう!というと、結果のでやすい食事制限ばかりを気にしてしまう人が多いですよね。

 

しかし、ルナビジュ読者世代の30代~40代の女性は代謝が落ち始めていて、食事制限だけではなかなか結果に結びつきにくいのが悩み。しかも食事制限は栄養不足にもつながりやすいので、健康面でも不安があります。結果的に痩せられたとしても、たるんだ体・老け顔が加速…なんて嫌ですよね。

 

30代・40代の女性は細くなることだけを目標にするのではなく、女性らしい魅力的なボディになることをダイエットの目的にしましょう。結果的にスッキリしたボディラインになるだけでなく、年齢を感じさせない肌ツヤを手に入れることもできるんですよ。

今回の美bodyコラムでは、そんな30代・40代女性にオススメのダイエット方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

太っている人と痩せている人の違いは体重じゃない!

ルナビジュ

太っている=体重の重さと思っている人はとても多いのではないでしょうか。健康管理を行う上でも重要とされている項目ではありますが、一概に、体重の重さだけでは太っているか痩せているかの判断はできないのです。

同じ身長・体重の人でも見た目が全然違う人、自分より痩せて見えるのに、体重が自分よりも重い人がいます。これは、体についている脂肪や筋肉の量が異なるからです。

 

脂肪は筋肉よりも軽いため、体重が軽くても太って見える人は筋肉量が少なく、脂肪が多くついてしまっている人がほとんどです。脂肪の体積は筋肉の約2.5倍もあるといわれているため、皮下脂肪や内臓脂肪が多い人ほどふっくらと太って見えてしまいます。

一方で、体重が多いにも関わらず細く見える人は、体全体で見たときに脂肪の割合が低く(体脂肪率)、筋肉量が多くなっています。

 

筋肉は脂肪と比べると重さがあるため、体重だけを見ると重く太っていると感じてしまいがちですが、見た目では、引き締まった健康的な体形に見えるのです。太っているかどうかの判断は単純に体重だけ見るのではなく、体重と体脂肪率が大切です。

つまり、太っている人と痩せている人の違いは体脂肪率なのです。ダイエットをしていると、ついつい体重に注目しがちで一喜一憂してしまうことが多いですが、体重だけでなく、まずは体脂肪率を落とすことに意識を向けることを心がけていきましょう。

 

 

体脂肪がついてしまう原因は?

ルナビジュ

まず、体脂肪率とは「全体重に占める脂肪の比率をいう。見かけだけではわからない"隠れ肥満"が問題視されるようになって,専用の測定器も一般化してきた。成人男子で 25%,成人女子で 30%をこえると肥満といわれる。」(※辞典引用)とされています。

 

体脂肪について

体脂肪には2種類あります。まずは自分が減らしたい体脂肪について知っておきましょう。

  • 皮下脂肪…皮下脂肪とは皮膚の真下にある脂肪のことで、全身につく脂肪。特に女性につきやすく、減らしにくい脂肪で、見た目を左右する脂肪といえます。
  • 内臓脂肪…内臓脂肪とは、主に腹部の腸間膜周囲に付着する体脂肪のこと。特に男性につきやすく、皮下脂肪と比較すると落ちやすい脂肪ですが、多くついてしまうと生活習慣病を引き起こしてしまうなど、健康に大きく関わる脂肪です。

 

 

体脂肪=悪ではない!

ルナビジュ

体脂肪はダイエットにとっての大敵!減らすべきものとして悪いイメージがあるかと思いますが、人間の体につく組織として、その役割は大きく全てが悪いわけではありません。体脂肪も生きる上でとても大切なもの。その役割をしっかりと把握しておきましょう。

 

体脂肪の役割

  • 外部の衝撃から内臓を保護する
  • 脂肪がクッションとなり、内臓を正しい位置に保つ
  • 夏は外の熱を伝わりにくく、冬は体内の熱を逃がさないようにする体温調節の働き
  • ふっくらとし脂肪で女性らしい身体をつくる
  • 飢餓状態におけるエネルギーの蓄え

 

 

体脂肪がついてしまう原因は

ルナビジュ

脂肪がついてしまう原因は様々あります。ですが、一番はやはり食事です。脂肪分や糖質の多い食事を過剰に摂取してしまうと、消費・分解されなかった余分な脂肪分が体に残り、体脂肪として蓄積されてしまうのです。

また、よく耳にすることが多いかと思いますが、消費カロリーよりも、摂取カロリーが上回ってしまうと、消費しきれなかったカロリーがそのまま脂肪として蓄えられてしまいます。

 

生活習慣も大きく影響があり、睡眠不足になってしまうと人間の脳は飢餓状態と同じような錯覚になり、体にエネルギーとなる脂肪を多くつけようとしてしまい、結果的に脂肪を蓄えてしまいます。

その他、ストレスや運動不足、偏った食事なども脂肪がついてしまう大きな原因となってしまうので、脂肪のつきにくい体のためにも、適度な運動とリフレッシュ、正しい食事を心がけるようにしましょう。

 

 

ついてしまった体脂肪を減らす2つの方法

糖質制限・置き換えダイエットは痩せにくい体に

体脂肪を減らすためには、ずばり、食事の見直しと運動です。ついてしまった体脂肪は残念ながら簡単に楽には落ちません。ですが、体脂肪を落とす方法はとても簡単で、消費エネルギーを増やして体についてしまった脂肪をエネルギーとして燃焼させることです。

そのためにも、まずは過剰なカロリー摂取を控えて、新たに入ってくるカロリーではなく、既に体についている体脂肪を消費エネルギーとして使われるようにコントロールすることが必要です。

 

食事と運動…とても基本的なことではありますが、実はこの基本的なことを気を付けることこそが、体脂肪を減らす方法として一番有効な方法なのです。

食事では、バランスのとれた食事をこころがけ、脂肪や炭水化物の過剰摂取をしないように見直しましょう。体重を減らすことだけを目指すのであれば、炭水化物の摂取を辞めたり、置き換えダイエットなどで食事の量を減らすだけですぐに結果が出ることがあります。ですが、実はこれは脂肪が減っているだけではなく、大事な筋肉が落ちてしまっているからでもあるのです。

 

脂肪を減らすために大事な消費エネルギーは筋肉によって行われます。なので、筋肉量が落ちてしまっては、消費エネルギーは落ちてしまい、脂肪が消費しにくく、脂肪が蓄積しやすい体になってしまうのです。過剰な食事制限、偏った食事はやめて、バランスのとれた食生活を行うことがダイエットのポイントだといえます。特に筋肉を作るのに必要な栄養素「タンパク質」を意識してとるのがおすすめです。

食事と併用して、筋肉を付けるためにも適度な運動は欠かせません。筋肉をつけるため、減らさないためにも日頃から意識的な運動を心がけてくださいね。

 

効率的に代謝アップを狙おう!

ルナビジュ

筋肉を維持しながら、体脂肪を消費して痩せ体質に変えていく。それが30代・40代女性のダイエットに必須なのですが、『筋トレなんてムリ!』『運動が苦手だからやっぱり食事制限にしよう…』と考える方も多いですよね。

そんな方にオススメしたいのが、筋力アップによるセルフ燃焼力の高い体質を作り上げてくれるサプリメント【ボディメイクプログラムHMB】。女性誌にも多く取り上げられ、人気モデルも愛用中ということで見かけたことがある女性も多いのではないでしょうか?

 

このボディメイクプログラムHMBは、筋力アップに欠かせないHMBとBCAAを配合することで、日常の様々な場面で使われた筋肉を効率よく筋力に変え、代謝のある太りにくい体質に導いてくれます。

運動不足を実感している女性、運動が苦手だけど引き締まったボディを目指したい!という女性でも、このボディメイクプログラムHMBで普段の行動を筋トレに変換することが出来るんです。

さらにムダなものをそぎ落としてくれるLカルニチンやフォースコリーも配合。ダイエットの結果がスムーズに得られなくなってきたな…という女性は一度試してみる価値あり。

 

HMBは1袋120粒入りで通常価格5,980円(税別)。現在公式サイトでは、体験プログラムとして初回500円(税別・送料無料)の定期コースもあり。2回目以降は1袋4,980円(税別)とお得に継続購入ができます。(3カ月継続が条件)

引き締まった二の腕やウエスト、キュッと上がったお尻に憧れる女性はぜひ試してみて。ルナビジュではレビュー記事も掲載中なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ボディメイクプログラムHMBは下記公式サイトで購入できます。

>>>日常生活をトレーニング化!【ボディメイクプログラム】

ルナビジュ
【ボディメイクプログラムHMB体験レポ】最新ダイエットサプリで30代でも痩せ体質を諦めない!

今回レビューをお届けするのは、今注目のダイエットサプリ『ボディメイクプログラムHMB』。 置き換えダイエットや食事制限な ...

続きを見る

 

 

まとめ

ダイエット、と言われると、ついつい目で見える体重ばかりに意識が向いてしまいます。ですが、どうしてダイエットを行いたいのか、その理由は人それぞれではありますが、多くの方は細くて引き締まった見た目、体になりたいと望んでいることと思います。

そのためにも、体重という数字だけに目を向けるのではなく、体脂肪率を意識した健康的な体づくりを目指してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.