ルナビジュ

美肌コラム

コールドクリームが冬クレンジングの本命!乾燥肌がもっちりふわふわ肌になった

投稿日:

冬は乾燥肌になりやすい季節なので、保湿ケアに重点を置くスキンケアを行いますよね。

そこで注目してほしいのがクレンジング。

 

クレンジングもスキンケアの一つですが、意外と見落としがちな保湿ケアポイントなんです。

乾燥肌が気になる人は、冬はコールドクリームで保湿しながらクレンジングするのが断然オススメ!

 

今回の美肌コラムでは、コールドクリームの使い方のコツや、クレンジング以外の使い道について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

冬は乾燥の罠がいっぱい!

ルナビジュ

冬は気温、湿度が低く、室内は暖房で空気が乾燥しているため、乾燥肌の原因に囲まれる季節です。

 

冬のスキンケアのポイントはもちろん保湿ですが、特に油分を補給することが大切

冬は皮脂の分泌が少なくなり、肌の皮脂膜の機能が弱まって刺激に弱くなります。

水分補給も大事ですが、スキンケアに油分系コスメをプラスして、肌の水分と油分のバランスをキープしましょう。

 

ところで、あなたは普段のクレンジングは何を使っていますか?

もしオイルクレンジングを使っているなら、冬はぜひコールドクリームに変えてみてください。

 

 

冬のクレンジングはコールドクリームがおすすめ!

コールドクリームは、肌にのせるとひんやりすることから、コールド(冷たい)クリームと呼ばれています。

元々はマッサージ専用として販売されていましたが、最近は商品改良によってクレンジングクリームと兼用のものが主流になってきました。

 

冬のクレンジングでコールドクリームがおすすめなのは、肌に必要な皮脂を洗い流さず、さらに油分の保湿成分を補給できるからです。

また、多くのコールドクリームは界面活性剤(水分と油分をなじみやすくするために使われる成分)を含まない、または配合が少ないので、肌にかかる負担を軽くできます。

 

オイルクレンジングは、洗浄力が強く、洗い流しやすいので便利ですが、その分肌にかかる負担は大!

また、肌に必要な皮脂まで洗い流されるので、オイルクレンジングは乾燥しやすい冬向けではありません

 

 

万能コールドクリーム

ルナビジュ

コールドクリームは、クレンジングだけではなく、マッサージや毛穴ケアにも使えます。

主成分がミネラルオイル、ワセリン、ホホバオイルなど、保湿性のある油分なので、使用後の肌がしっとりするのが特徴です。

 

デメリットとしては、油分が多いので洗い流しにくい、洗い流した後にヌメリを感じる、商品によっては拭き取る必要がある、という点があります。

しかし、コツを押さえればしっかり洗い流してヌメリも感じないので、最初はコツを意識して使いましょう。

 

 

マッサージクリームとして使って肌負担を減らす

コールドクリームをたっぷり使ってマッサージすると、肌にかかる摩擦を減らせるので、肌に負担をかけずにマッサージができます。

冬は冷えで血行が滞り、細胞に必要な栄養や酸素、水分が行き届きにくくなるので、マッサージで血流をスムーズにするケアを習慣にしましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゼノア】コールドクリームNAN
価格:2484円(税込、送料別) (2017/11/23時点)

 

 

「こすらないクレンジング」を意識!コールドクリームの使い方

ルナビジュ

コールドクリームを使う時のポイントは、量とテクスチャーの変化を意識することです。

クリームクレンジングは「転相」というクリームがオイル化する現象が、汚れを落とすカギになります。

 

クリームを肌に馴染ませていると、テクスチャーが重いクリーム状から軽いオイル状へと変化。

それによって、汚れがオイルに馴染みます。

洗い流すタイプの場合は、転相によってぬるま湯ですすぐ時の水分とも馴染みやすくなるのです。

 

クリーム状のまま洗い流すと、水に馴染みにくいので、ヌメリのある洗い上がりになってしまいます。

しっかりオイル化したのを確認してから洗い流すようにしましょう。

 

目元のアイメイクはコットン&綿棒で丁寧に落とす

ルナビジュ

女優の石原さとみさんは、メイク落としの時にアイメイクを綿棒で丁寧に落とすそうです。

時間のかかるケアですが、時間をかけて丁寧なケアを続けているからこそ、あの輝く美しさをキープしているんですね。

目元の皮膚は特に薄く、デリケートなので、クレンジングで油分を奪わず、刺激を与えないことが大切です。

 

濃いアイメイクの場合はポイントリムーバーを使い、普段メイクなどナチュラルなアイメイクは、コールドクリームで丁寧に落としましょう。

クリームに含まれる保湿成分で、目元を保湿しながら汚れを落とせます。

 

 

 

コールドクリームでアイメイクを落とす方法

ポイントリムーバーを別に用意するのが面倒!という方は、コールドクリームでもアイメイクを落とすことができます。

 

  1. 目元にコールドクリームをのせ、優しく指でなじませる
  2. 肌の温度でクリームがオイル状になったら、コットンで押さえるように拭き取る
  3. 再びコールドクリームをのせ、軽く指で広げたら、綿棒でまつげのキワ、目尻、目頭など細かい部分を撫でるように汚れを落とし、コットンで優しく拭き取る

 

 

拭き取りタイプはホットタオルを使ってから拭き取る

ルナビジュ

コールドクリームの拭き取りタイプには、界面活性剤が含まれていないので、洗い流さず拭き取る必要があります。

顔になじませ、クリームがオイル状になったら、ホットタオルを顔に被せましょう。

オイルがさらにゆるくなるので、タオルを取った後に力を入れなくても拭き取りやすくなります。

 

 

血行促進マッサージで翌朝もっちりふわ肌

ルナビジュ

冬は気温が低いので、体が冷え、筋肉がこり固まり、血液の流れが悪くなります。

巡りの悪い状態では、細胞の働きが弱まり、肌のターンオーバーも遅れやすくなってしまいます。

 

毎日湯船に浸かって全身の血流を促進させることも大事ですが、顔をマッサージして筋肉、リンパ管をほぐすケアもプラスしましょう。

血行不良が原因の青クマ、くすみが解消して肌の透明感がアップしますよ。

 

私はずぼらなので、毎日ではありませんが、特にくすみが気になった日は化粧水をつけた後に、コールドクリームでマッサージしてからパックがわりのオールインワンゲルをつけています。

 

翌朝の肌の質感がマッサージをした翌朝としていない時じゃ大違い!

手のひらに張り付くようにもっちり、メイクのりも良くなるんです。

 

 

コールドクリームで血行促進マッサージ

コールドクリームを顔全体にたっぷりのせ、おでこ、ほお、口周り、目元を指でくるくるマッサージします。

頬の筋肉は冷えでコリやすいので、圧をかけるようにプッシュ。

仕上げはおでこと前髪の生え際をほぐし、こめかみから耳の下までリンパを流すように動かします。

マッサージ後はクリームを拭き取ってください。

 

入浴中にコールドクリームで毛穴ケア

ルナビジュ

 

毛穴の黒ずみが気になる方、角栓が気になる方はコールドクリームで毛穴ケアを。

入浴中に行うと、毛穴まわりの皮膚が柔らかくなっているので、汚れが取れやすくなります。

 

クリームを鼻になじませ、小鼻部分は下から上に向かって指でくるくるマッサージします。

鼻も上に向かって指を動かすようにマッサージして、拭き取ります。メイクは落とした状態で行いましょう。

 

 

使い続けたら、気になっていた粉拭きがなくなった!

ルナビジュ

私もメイク落としは濃いメイク用のオイルクレンジングと、普段使い用のコールドクリームの2種類を使うようにしています。

オイルクレンジング一辺倒だった昔と比べて、肌の質感が常にしっとり柔らかくなり、悩んでいた粉ふきも解消しました。

冬のメイク落としは落とすケアと保湿ケアが両立できるコールドクリームで、乾燥対策をしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.