ルナビジュ

美bodyコラム

【30代・40代からの白髪予防】白髪を防ぐ食品はコレ!病気が原因の可能性も

投稿日:

加齢にともない、髪に関する悩みも増えてきますが、諦めることはありません。原因と対策をしっかり知れば、髪と頭皮の元気を取り戻すことができるはず。

中でも、女性のエイジングヘアのサインとして現れるのが白髪は薄毛の次に、女性が気にしている髪の悩み。今回の美bodyコラムでは、白髪の原因とその対策としてオススメの食品(栄養素)をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

まずは白髪の仕組みをチェック!

遺伝的要素が強い白髪 中には20代でなる人も

白髪は遺伝的要素が強いと言われています。それだけに、努力で改善させたり、進行を遅らせたりすることは難しいのです。残念なことですが、ほとんどの女性には、いつか白髪を染めなけれはいけない時期がやってきます。

白髪になる理由は医学的にはまだはっきり分かっていないのが実情ですが、およその仕組みとして次のようなものが考えられています。

 

まず、日本人の黒髪は、メラニンの生成をつかさどる“メラノサイト”という細胞から出来ています。メラノサイトが髪の色素を作るときに必要とする“チロシナーゼ”という酵素が、加齢とともに作られなくなることにより、白髪になっていくのです。

中には、20代の早い時期から白髪が出てくる人もいます。

 

ストレスで白髪が出るってホント?

ルナビジュ

白髪にまつわる話として、よく“ストレスで一夜にして総白髪になった”という話がありますよね。これは、医学的な根拠はまったくありません。医学的にはあり得ない事なので、それくらい苦労したという意味ととらえましょう。

いったん生えた黒髪が白く変化するということはなく、仮にストレスの影響を受けたとしても、髪が毛根から白髪となって出てくるには何日もかかるからです。

 

 

髪を育てる栄養素=白髪予防にも有効

ストレスによる白髪への変化はないとお話ししましたが、強いストレスが続き、栄養が偏ったり免疫力が落ちるなど、体に良くない条件がそろうと、それらが誘因となって白髪が増えてしまうのも事実です。

少しでも進行を遅らせるためには、まず毛母細胞が必要とする栄養素をしっかり取ることが大切。特に重要なのは、たんぱく質・銅・亜鉛です。

 

 

ルナビジュ

 

積極的に摂取したい3つの成分

髪の毛はたんぱく質からできているので、良質のたんぱく質をとるのが第一です。肉や魚、大豆などいろいろな種類のものを食べるようにしましょう。

また、銅はメラニン色素の合成に欠かせない成分です。アーモンド、大豆、牡蠣、エビ、カニ、レバーなどに含まれています。

 

そして、亜鉛が不足すると髪質が低下し、白髪にもつながります。鶏肉、ごま、アーモンド、海藻などを積極的に摂りましょう。亜鉛のサプリも手軽でオススメです。

髪の毛の黒さに必要な栄養素を取るよう心掛けるだけでも、結果はかなり違うはず。さっそく今日から実践してみましょう!

 

 

病気が原因で起こる白髪も!?

まれに、病気が原因で白髪になることがあります。中でも、下記の症状・疾患がある人は注意が必要です。

  • 胃腸が弱い
  • 貧血がある
  • 甲状腺疾患がある
  • 円形脱毛症がある

あまりにも急激に白髪が増えた、若いのに異常に白髪が多いという人は、病気が隠れていないか確認しておいた方がいいでしょう。

また、円形脱毛症が治って再び髪の毛が生えてくるとき、最初は白髪であることが多いです。そのため、円形脱毛症を繰り返しているうちに、結果として白髪が増えてしまうこともあります。

 

 

白髪予防は毛母細胞の活性化がカギ

ルナビジュ

髪のトラブルは、原因によっ対処法が違ってきます。ですが、そのどれも結局は毛根がしっかりしていれば、その先端にある毛母細胞に酸素や栄養が行き届き、いずれは髪が生えてきます。

いい髪が生えるかどうかは、その毛根の状態次第なのです。そのためにはもちろん、体全体の健康を考えた食事や規則正しい生活が大切になります。

それを踏まえた上で、上記でご紹介した白髪予防に効果的な食品を積極的に取り入れてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美bodyコラム
-, , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.