ルナビジュ

美肌コラム

自分で美肌を遠ざけている!?今スグやめるべき7つの悪習慣はコレ!

投稿日:

毎日の生活習慣の中には、自分が気が付かないうちに美容に悪い習慣が根付いていることもあります。長年の生活の中で、気がついたらやってしまっている、美容に悪いと知らずにやってしまっている悪い習慣は意外と多いもの。

今回の美肌コラムでは、美肌を遠ざけてしまう7つの悪習慣についてお話ししていきます。自分では気が付かなかった癖にハッとする人も多いのでは?では、さっそくチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

カバー力の高いベースメイクばかりしている

ルナビジュ

仕事の日に限らず、休日でも常にカバー力の高い下地、ファンデーション、パウダーなどを使ってフルメイク。いつでも美しく見せたいという美意識の高さは素晴らしいことです。しかし、年齢を重ねるにつれて肌本来の持つバリア機能や、保湿力は下がっていきます。

香料や界面活性剤、保存料、紫外線吸収剤など化粧品に使用される様々な成分は、全てが肌に悪いとは言い切れません。しかし、常にカバー力の高いベースメイクで肌を覆っていると、肌本来の力が衰えやすくなります。

 

海外のスーパーモデルは、ショーやイベントでフルメイクをするため、仕事が休みの日は最低限の紫外線対策のみ、ほとんどすっぴん状態で過ごします。メイクで疲れた肌を休日は解放して、肌本来の力を取り戻すといった感じでしょうか。仕事の日はしっかりメイクをするかわりに、休日はできるだけ肌につける化粧品を減らし、肌の疲れを取り除いてあげましょう。

 

 

帰りが遅くなった時はメイクを落とさない、または拭き取りシートでメイクを落とす

ルナビジュ

仕事や飲み会で帰りが遅くなったら、メイクを落とさずそのまま寝ることはありませんか?「たった一晩だけだから、大丈夫でしょう」と油断してはいけません。メイクを落とさずに眠ると、一気に老け肌になってしまうのです。

メイクしたままの肌には、メイク汚れと皮脂汚れが残っています。汚れを残した状態で眠ると、睡眠中に分泌される皮脂と混ざって毛穴詰まりを起こしたり、汚れが酸化して肌荒れの原因になるのです。私も20代前半の時は、よく外でお酒を飲んで帰宅したらそのまま寝る・・・という生活が多く、ファンデーションをがっつり塗らないとカバーできないほど、肌荒れしたことがあります。

 

また、拭き取るタイプのクレンジングシートは、便利ですが常用は控えるのがベスト。拭き取るという行為は、肌に摩擦を与える行為です。肌に摩擦が与えられると、シミが表面化しやすくなるので要注意。普段はクレンジング剤で優しくメイクを落として、疲れてどうしても顔を洗う気になれない、という時に使う非常時アイテムとしてのみ使いましょう。

 

 

ファンデは肌にこするように伸ばして密着させる

ルナビジュ

ファンデを肌にしっかりと密着させるために、スポンジや手でこするように伸ばすのはNGです。摩擦は肌表面を傷つけるだけではなく、シミを表面化させる原因にもなります。伸ばすのではなく、肌を優しく押さえるようにのせていきましょう。

下地も同じように、指で優しくポンポン、と叩き込んで広げていきます。リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションなら、毛質が柔らかくコシのあるブラシで、肌に平行になるようにのせていきましょう。肌に負担をかけず、さらに厚塗りを防いで薄づきの美肌に仕上げます。

ベースメイクはほぼ毎日行うもの。肌に負担のかからない塗り方で丁寧に行いましょう。

 

 

ちょっとした距離の外出には紫外線対策をしない

ルナビジュ

休日にちょっとそこのコンビニ、スーパーまで歩いて行くときなど、短時間なら紫外線の影響はないと思っていませんか?

短時間でも紫外線は肌内部に届き、シミの原因のメラニンが蓄積されていきます。ちょっとした外出でも、日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地に、お粉をつける程度の紫外線対策はしましょう。

ほんの少しの積み重ねが数年後に肌ダメージとなって現れます。

 

スポンサーリンク

 

 

寝る直前のスマホ・パソコンいじり

ルナビジュ

寝る前の時間潰しに、スマホやパソコンをいじるのは睡眠の質を下げる行為です。目に光が当たることで、交感神経が活発になり、心身をリラックスさせる副交感神経が働きにくくなります。また、スマホやパソコンから発生する光、「ブルーライト」は睡眠ホルモンのメラトニンを分泌しにくくする、と言われています。

質のいい睡眠では、睡眠中に「成長ホルモン」という肌や全身の細胞のダメージを修復するホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、日中に受けた紫外線や外気による肌ダメージを修復させたり、保湿成分を作って肌に潤いを与える役割を果たします。

睡眠時間をたっぷりとっても、睡眠前にスマホやパソコンをずっと眺めていれば、睡眠の質は下がり、美肌を作るホルモンが働きにくくなるのです。スマホやパソコンの使用は睡眠1時間前から控え、ゆったりとした音楽をかけたり、読書をするなどしてリラックスして過ごしましょう。

 

 

遅い時間に夕食を食べる

ルナビジュ

仕事で帰りが遅くなり、夕食の時間が遅くなってもいつも通りの食事を摂取するのはNGです。さらに、食事をしてその後すぐにベッドに入るのも美容に悪い行為になります。遅い時間にいつも通りの食事を摂ると、カロリーがそのまま吸収され、脂肪となって体に蓄えられてしまいます。

特に、22時以降の食事は要注意。仕事で食事が22時以降になる場合は、低カロリーのサラダや大豆製品、内臓を温めて消化を促すスープ類を摂取しましょう。また、食事の後は2、3時間ほど経ってから睡眠に入りましょう。

胃に食べ物がある状態で寝ると、胃腸が消化活動で忙しくなり、体内の酵素が消化に使われ、疲労回復に使われる酵素が減ってしまいます。翌朝の胃もたれが起こることもあるので、胃の中はできるだけ空っぽの状態で眠るのがベストです。

 

 

ストレス発散はお酒をたくさん飲むこと

ルナビジュ

数年前の私です・・・。でも、仕事や人間関係のストレスを発散させるために、たくさんお酒を飲んだり、飲み屋をはしごする方は女性でも多いと思います。適量のお酒なら気持ちをリラックスさせる効果がありますが、飲みすぎると肌が老けやすくなるのです。

アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解して処理するのですが、分解作業の際に活性酸素が発生します。活性酸素にはシミの原因のメラニンを増やしたり、コラーゲンやエラスチンなど保湿成分を壊すなど、肌の老化を進める作用があります。また、お酒を大量に飲めば飲むほど、食欲が増して夜中に暴食をしてしまうことも。

お酒を大量に飲んで嫌なことを忘れる、というストレス発散法は控えて、他のストレス発散方法を見つけましょう。体を動かすと気分がスッキリしますし、シェイプアップにもなるので、ジムに通ってみたり、ウォーキングを習慣にしてみてください。

 

 

美容に良い習慣を身につける前に、現在の悪い習慣をやめてみよう

ルナビジュ

美容に良い習慣、美容法はたくさんあります。でも、新しいことを始める前に現在身についてしまっている悪い習慣をやめてみるだけでも、美容効果はしっかりと感じられます。余分な悪い習慣を生活の中から削ぎ落とし、身軽な状態で新しいことを始めましょう!

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.