ルナビジュ

美肌コラム

30代からの美肌作り!普段のNG行動を見直せば美肌を取り戻せる

投稿日:







 

30代から肌が変化するのは、ホルモンバランスのせい

ルナビジュ

30代以上の女性の中には、10~20代の頃はあれほどお肌にハリや弾力、ツヤがあったのに、どうして今はかさつきやすくなってしまったのかしら…と悩んでいる方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

これは10代や20代の頃と比べて、30代以降の女性は結婚や出産、子育てなどの環境変化や、仕事などのストレス、また加齢などにより、女性ホルモンの分泌量が低下したことが原因になります。
これらは、年齢を重ねるごとに避けられないことではあるので、その都度対処していくことになります。

 

 

自分でホルモンバランスを崩してない?

ルナビジュ

他にも、喫煙やアルコールの摂り過ぎ、睡眠不足、偏った食生活などもホルモンバランスを崩す原因になります。
ホルモンバランスはどんどん崩れてしまうことで、エストロゲンという卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量が減っていくのです。
これによって、30~40代の女性に多い、肌バランスが崩れやすくなるゆらぎ肌などが起きやすくなるのです。

 

 

30代以降の“ゆらぎ肌”を改善したい

ルナビジュ

季節の変わり目になると急にゆらぎ肌となり、化粧ノリが悪くなってしまうのも、ホルモンバランスが良好でない状態だから。
あなたが10代・20代の頃のような肌を取り戻したければ、まずは普段の生活習慣を見直してみてくださいね。

 

仕事や家事、子育て、人間関係などで不満を抱えていませんか?
このような状態だと、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
ストレスが溜まってきたな~と感じたら、スポーツをしたり、旅行に出かけたり、趣味などで発散するようにしたいですね。
もちろん、自宅でひたすらぼー…っと過ごすだけでもOk。

 

美容でおすすめしたいのは、体を動かすスポーツ。
体を動かすことで血液の循環が促され、代謝機能がアップ。
それにより、体にたまった余分な老廃物を排出して、美肌に導く効果があります。

 

30代以降の女性はやはり何かと忙しいので、10代・20代の頃のように積極的に体を動かすことが少なくなりがち。
そんな時は、軽いストレッチやウォーキングでも良いので、美容と健康のためには毎日続けることが大切ですよ。

 

喫煙やアルコールの摂り過ぎはもちろん、血行を悪くする原因になるので、お肌のことを考えるなら控えるようにしましょう。
睡眠不足もよくないので、早寝早起きを心がけるようにして、寝る前には保湿成分がたっぷり入った美容液やクリームを塗るようにしてください。
すると、朝起きたときには、うるおいたっぷりのプルプルした肌になっているので、化粧ノリもよくなるはずです。

 




 

“美は食から”を基本にして

ルナビジュ

何といっても、美容の基本は食事です。
脂肪分を摂り過ぎると、血液がドロドロになりスムーズに流れなくなってしまいます。
これでは、体内に老廃物や毒素を溜めこんでしまうことに。
ボリュームたっぷりの肉料理ではなく、和食などの健康的な食事を積極的に食べるようにしましょう。
血流に問題があると、体の中から余分な老廃物が出て行かなくなってしまうので、便秘がちになり肌荒れの原因にもなります。

 

スイーツなどで糖分を摂り過ぎていたり、スナック菓子を好むなどの塩分の多い食生活を続けていませんか?
これらも血行が悪くなり、お肌の調子が悪くなるだけでなく、生活習慣病の原因にもなるので、やめるようにしたいですね。
30代からの美肌作りで大切なのは、普段のNG行動を見直して、規則正しい生活を送ることなので、いつまでも10代・20代の頃と同じような生活をしないようにしましょう。

 

若い年代は新陳代謝が良いので、多少無茶な生活をしても、それほどお肌には影響はありません。
ですが、30代以降の女性には影響が大きいのです。
美肌を取り戻したいなら、化粧品に気を使うだけでなく、生活習慣を改めるようにする。
これが難しいことですが、美への原点ですよ。

 

スポンサーリンク










 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , , , , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.