【うるツヤ肌の作り方】秋冬の乾燥シーズンに負けない保湿系ベースメイク - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

【うるツヤ肌の作り方】秋冬の乾燥シーズンに負けない保湿系ベースメイク

投稿日:

これからどんどん乾燥が厳しくなり、保湿ケアにグッと力が入る季節ですね。ベースメイクは、引き続き人気のうるツヤ肌で乾燥知らずでいきましょう!ツヤ感命のうるツヤ肌は、素肌のニュアンスをそのまま生かすナチュラルなベースメイクです。

年齢とともに欠点を隠そうと厚塗りになりがちなベースメイク。もう一度見直して、うっすら素肌っぽいうるツヤベースメイクにトライしてみませんか?今回の美容コラムでは、うるツヤ肌の基本の作り方を解説します。

 

スポンサーリンク

 

うるツヤ肌はメイク前の素肌が潤っていることが必要条件

ルナビジュ

 

ベースメイク前の肌が乾燥していると、ファンデーションが伸びにくくなるので厚塗りの原因になります。また、肌を乾燥から守るために皮脂の分泌が過剰になり、ベースメイクが皮脂崩れしやすくなることも。必ず保湿ケアをして肌に潤いを与えてからメイクをスタートさせましょう。

 

化粧水はコットン使いで肌に潤いを閉じ込めて

ルナビジュ

より多くの化粧水を肌にムラなく浸透させるなら、コットンでなじませるのがベスト。水分をたっぷり含ませたコットンを、肌に伸ばすのではなく優しくタッピングするようになじませていきます。使うコットンは肌に負担がかからないように、毛羽立たないソフトなものを使いましょう。

コットンの水分が足りなくなったら、そのつど足して肌にかかる摩擦を減らしましょう。肌が水分でもっちり柔らかくなったらオーケーです。化粧水の後はしっかり乳液をなじませましょう。

 

コットンパックはやりすぎ注意!

うるツヤ肌メイクに限らず、メイク前にコットンパックで肌に潤いを与えるケア方法がありますが、コットンパックの効果には賛否両論があります。肌が潤ってふっくらする、という声もある一方で、肌に水分を与えすぎて角質層の機能が働きにくくなり、結果的に肌荒れするという見解も。

週に1、2回程度のスペシャルケアで行うのは良いと思いますが、毎日行うと水分過多で逆に肌が弱まる可能性があるので要注意です。

 

 

うるツヤ肌=素肌感を出すためにファンデーションは薄づきで

ルナビジュ

素肌感がニュアンスとして生きるうるツヤメイクは、欠点を隠すためにファンデーションを厚塗りにするのはご法度。ポイントは、顔の中心にだけリキッドファンデーションを塗り、フェイスラインはぼかす程度に抑えることです。こうすることで厚塗り感を避けつつ、顔をより立体的に見せることができます。

そして下地はパール感のあるツヤ系下地を使って、毛穴やくすみをカバーさせます。シミ、クマ、ニキビ跡はクリーミーなテクスチャーのコンシーラーで隠しましょう。または、手持ちのコンシーラーにリキッドファンデを混ぜて使うのもオススメです。コンシーラー単品で使うよりも肌になじみやすく、コンシーラーだけが浮くことがありません。

 

下地、ファンデーションは顔の中心から外側に向かって伸ばす

ルナビジュ

下地もリキッドファンデーションも、顔の中心に点々とのせ、外側に向かって薄くなるように伸ばしていきます。Tゾーン、両頰、小鼻の脇、口角、あご、それぞれに下地で点をいくつかのせ、肌になじませます。

ファンデーションも下地をのせた箇所にのせ、なじませてからスポンジで全体を優しくタッピングして肌に密着させましょう。小鼻や口元など、細かい部分はスポンジの角を使うと塗りやすくて便利です。

 

お粉は皮脂崩れが気になる部分のみに使用

ルナビジュ

お粉を全体にのせると、せっかくのツヤが隠れてしまいます。お粉は、皮脂分泌が多いTゾーン、目元周りのみにのせましょう。Tゾーンはお粉のかわりに、パウダータイプのハイライトを使用してもオーケーです。

 

欠点が気になりやすい小鼻は専用下地でしっかりカバー

毛穴の開き、赤みが気になる小鼻には、毛穴カバー力の高い専用下地を部分使いしましょう。指に下地をとり、小鼻に塗り込んで毛穴を埋めます。

下地が馴染んだら、ファンデーションを同じように指にとり、ポンポンと軽く叩き込みましょう。小鼻は皮脂が出やすいので、下地は皮脂吸収性の高いものがオススメです。

 

 

ハイライトでツヤ感をアップさせる

ルナビジュ

ツヤで肌の潤い感をアップさせるために、ハイライトでツヤを重ねづけしましょう。使うのは、肌馴染みのいいクリームタイプがオススメ。

ブラシにハイライトクリームをのせ、まずは目頭の横にある鼻筋に光を足します。一気にラインを描くと人工的になるので、少しずつ点をのせるようになじませていくと自然なツヤを演出できます。

さらに、頬骨の高い部分から目尻の下、目頭から黒目の下の部分まで同じように少しずつ光を足しましょう。

 

 

美容ライターがオススメ!うるツヤ肌アイテム

クッションファンデ

 

今注目されている韓国コスメのクッションファンデは、乾燥が激しい韓国で保湿ケアをしながらベースメイクができるように生まれたオールインワンコスメ。水分をたっぷり含む液体ファンデを、クッションを通してパフにとり、肌にタッピングして塗っていきます。

潤いがあるので、自然にツヤ感のある仕上がりに。肌にのせるとパウダリーに変化して、サラサラっとした仕上がりになるものが理想的です。化粧下地・日焼け止め機能もついているので肌にかかる負担を減らしながら、うるツヤ肌を作り出せます。

ルナビジュ
秋冬ベースメイクの主役!クッションファンデで保湿しながら美肌メイク♪

夏は汗や皮脂でも流れ落ちないしっかりカバー力の高いベースメイクが主流でした。ですが、これからの秋冬シーズンは乾燥に負けな ...

続きを見る

 

本物の宝石入り!プロテクトGEMファンデーション

ルナビジュ

本物のパール+ダイヤモンドを配合した、これぞ正真正銘のうるつやコスメ。伸びのいいリキッドが一気に肌の欠点をカバーしてくれて、少量でも顔全体をメイクできるコスパにも優れたアイテムです。

1日中しっとり感が継続してくれるので、乾燥肌の人でも粉拭きなし、オイリー肌でも皮脂崩れを最大限に防いでくれるのでどんな肌質とも好相性◎。同ブランドのジュエリールースパウダーと組み合わせることで、さらに化粧崩れ防止&ハイライト効果もゲットできるのでオススメ。

ルナビジュ
プロテクトGEMファンデーション口コミ|ダイヤモンド&真珠ファンデで上品顔に!

今回、レビューをお届けするのはD.if story(ディフストーリー)から新発売されたプロテクトGEMファンデーション。 ...

続きを見る

 

冬の厳しい乾燥はプラスオイルで乗り越える!

ルナビジュ

スキンケア後にオイルを肌になじませたり、リキッドファンデにオイルを1適垂らして使うと、保湿ケアしながら肌のツヤを高められます。オイルを日中に使うと油焼けの心配がありますが、酸化しにくい安定した高品質オイルなら油焼けしません。また、パール成分配合の下地がなくても、手持ちのリキッドファンデやBBクリームにオイルを1滴垂らすだけで、ツヤのある仕上がりになります。

うるツヤメイクはもちろん、秋冬のスキンケアに取り入れて、肌を柔らかくほぐしながら保湿ケアができます。固めのフェイスクリームも、オイルを馴染ませればスルスルっと軽いテクスチャーになり、肌に伸ばしやすくなりますよ!

ルナビジュ
【ヴァーチェ/マルラオイル体験レポ】最先端美容オイルの効果を30代女子がお試し!

今回、レビューをお届けするのは、VIRCHE(ヴァーチェ)から発売されているマルラオイル。 近年、スキンケアアイテムとし ...

続きを見る

 

まとめ

乾燥でカサカサ、粉が吹いたベースメイクはNG。潤いを与えた素肌に、うっすら色づく程度の薄づきファンデーションとハイライトでツヤを重ねて、乾燥知らずのうるツヤ肌を作りましょう。また、秋冬のスキンケアにオイルを取り入れてすっぴんもうるツヤ肌に育ててみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.