ルナビジュ

美肌コラム

秋も紫外線は油断大敵!秋にすべき4つの紫外線対策スキンケアマニュアル

投稿日:

紫外線対策は真夏だけのもの…ではありません。紫外線は一年中降り注いでおり、量がピークになるのが夏なので、他の季節よりも念入りな紫外線対策が必要なだけ。夏よりも紫外線量は減っても、他の季節でも同じように紫外線が肌に届くようになっています。

また、秋は夏の疲れが肌に残っているため、いつも以上に肌はデリケートになっており、紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため、秋のスキンケアは夏の疲れを取るための丁寧な保湿ケアと、夏と同じように油断しない紫外線対策が必要なのです。

今回の美肌コラムでは、そんな秋の紫外線対策についてお話ししたいと思います。「どうせ夏と同じでしょ?」いいえ、夏とは少し事情が違うのです・・・。

 

スポンサーリンク

 

秋の紫外線はUVA波に要注意!

ルナビジュ

まず、紫外線にはUVA波とUVB波という2つの種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

  • UVA波:肌の真皮にまで届き、ハリをキープするコラーゲンなどを破壊する。肌の弾力が失われ、たるみやすくなる。
  • UVB波:肌内部にあるメラノサイトを刺激して、メラニンの生成を促し、シミの原因を作る。また、肌を赤く炎症させる。

 

秋の肌にダメージを残すUVB波

UVB波は夏に最も多く降り注ぎ、10月以降は減少すると言われていますが、肌内部に蓄積する特徴があるので、シミが表面化しないように美白有効成分が配合された化粧品などで、シミ予防ケアが必要になります。

また、夏が終わって秋になると、夏の間に蓄積したUVBダメージを含む角質が肌に残り、肌がごわつきがちになります。

 

室内にいても肌に届くUVA波には秋も引き続き注意

ルナビジュ

UVA波は、夏に比べると二分の一ほど減少しますが、秋は太陽の光が顔にダイレクトに当たりやすいので、夏と同じように紫外線対策をする必要があります。

また、UVA波は、UVB波よりも波長が長く、たとえ室内にいても窓ガラスを通って肌に届く可能性があるのです。そのため、室内にいてもできるだけ窓側から離れるか、顔だけでも日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

 

 

秋は「保湿ケアもできる紫外線対策」をしよう

ルナビジュ

秋の肌は夏の紫外線の影響で角質層の潤いが不足し、乾燥しやすくなっています。また、夏の暑さによるストレスや冷たいものの摂取で、代謝が落ちて肌のバリア機能が低下することもあるのです。

以前のコラムでも秋のスキンケアについてお話ししましたが、秋は保湿ケアを重点的に行い、夏の紫外線ダメージが表面化しない美白ケアも並行して行うことが大切です。さらに、夏に引き続き紫外線対策を行わなければいけないので、肌に負担がかかるイメージですよね。

 

肌への負担を減らすために、美白ケアと紫外線対策は保湿成分が配合されているものを使って、保湿ケアをしながらそれぞれのトラブル対策をしましょう。例えば、週一で行う美白パックは保湿成分が配合されているものを選び、日焼け止めやファンデーションも保湿性のあるものを使い、乾燥が進むのをストップさせるのです。

 

美白ケアしながら保湿もできるプラセンタ入りのコスメがおすすめ

ルナビジュ

秋用のコスメを新調するなら、プラセンタ入りの化粧品がおすすめです。プラセンタは厚生労働省が認定した美白有効成分の一つで、シミ予防(すでに沈着したシミが消えるというわけではありません)に効果的と言われています。

さらに、肌を保湿する作用もあるので、美白化粧品によくある乾燥しやすいという欠点をカバーしています。私も現在、美白と保湿ケアにプラセンタ入りの化粧品(オールインワンゲル)を使用していますが、潤いをキープしながらシミ予防できていると実感しています。

 

ルナビジュでは、30代・40代女性向けのプラセンタ入り化粧品のレビューも掲載しています。今の自分にピッタリのプラセンタコスメをキープしておくのもオススメです。

ルナビジュ
【プラセンタファインモイストローション体験レポ】30代後半女子がハリ肌を実感!

今回私machicoがレビューするのは「ヴィジョンステイト」の化粧水、プラセンタファインモイストローション。 プラセンタ ...

続きを見る

ルナビジュ
【サラブレッドプラセンタ原液Geneki体験レポ】私の100%原液は万能アイテム!

今回、レビューをお届けするのはサラブレッドプラセンタ100%原液の『Geneki』。 プラセンタ原液…というネーミングの ...

続きを見る

ルナビジュ
【FUWARI体験レポ】30代からのプラセンタサプリはプラスαで美肌を実感!

今回レビューをお届けするのは、プラセンタサプリのFUWARI(フワリ)。30代・40代になると様々な肌悩みに直面するわけ ...

続きを見る

 

 

秋の行楽には紫外線カットアイテムを活用する

最近は紫外線をカットするカーディガンなど、服で紫外線対策ができるアイテムが増えています。秋の行楽イベントには、薄手の紫外線カット素材のカーディガンを羽織って行きましょう。

 

クレンジングはクリームorミルクタイプで優しく洗う

ルナビジュ

夏疲れが残った秋の肌はデリケート。洗浄力の強いオイルタイプのクレンジングの使用は控えて、比較的肌に優しいクリーム、ミルクタイプのクレンジング剤を使いましょう。BBクリームやファンデーションには、紫外線吸収剤が含まれています。

クレンジングが十分に行われないと、毛穴に入り込んだベースメイクが皮脂と混ざって酸化し、毛穴詰まりを起こす可能性があります。湯船に浸かって毛穴を開き、汚れを落としやすくしてからクレンジングをすると、力を入れずに優しくベースメイクを落としましょう。

 

 

 

 

夏に使用していた日焼け止めを引き続き使うべき?

ルナビジュ

夏はSPF、PAの値が強い日焼け止めを使うことが多いと思います。秋も引き続き使うべきか否か。秋はPAの値に注目して日焼け止めを選びましょう。SPFの値は高くなくても大丈夫です。

SPFの値も高い日焼け止めは、デリケートな秋の肌には刺激が強いので控えましょう。PA指数と、保湿成分が配合されているかのチェックを忘れずに!夏同様、日焼け止めはこまめに塗り直してください。

 

スポンサーリンク

 

体の中から美白ケア!積極的に摂りたい栄養素

ビタミンCは食後に摂る

ルナビジュ

ビタミンCは活性酸素により消費されやすく、暑さでストレスが溜まりやすい夏は、特に不足しやすい栄養です。摂取しても体内で蓄えられないので、排出されやすくなっています。ビタミンCを摂取するときは、吸収しやすい食後がおすすめです。

また、たんぱく質を一緒に摂取すると、吸収率がアップすると言われています。大豆製品に含まれる低カロリーな植物性たんぱく質を食事で摂取して、食後のデザートにビタミンCが豊富なフルーツを摂取すると良いでしょう。

 

ビタミンEで活性酸素を退治!

ルナビジュ

活性酸素は紫外線同様、シミやシワ、たるみの原因になります。

ビタミンEは活性酸素の働きを抑える作用があるので、ビタミンCと合わせて摂取するようにしましょう。アーモンド、鮭、たらこ、うなぎに豊富に含まれます。

私は素焼き、無塩タイプのアーモンドを取り寄せて、おやつ代わりに食べたり、細かく砕いてサラダにトッピングして食べるようにしています。

 

 

油断大敵な秋の紫外線対策!夏疲れケアと合わせて対策しよう

ルナビジュ

暑さも日差しも弱まって過ごしやすくなる秋ですが、スキンケアは油断禁物。

基本は丁寧な保湿ケア、美白スペシャルケアで紫外線ダメージを抑えつつ、日頃の紫外線対策は継続して行う。毎日のケアが将来のあなたの美肌を作るのです。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.