ルナビジュ

美肌コラム

秋の肌荒れ…保湿ケア3つのポイント!秋専用のおすすめスキンケア

投稿日:

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋・・・秋といえば趣味が充実する季節ですよね。過ごしやすい気候が続くので、外出する機会が増えたりアクティブになる方が多いと思います。

さて、季節が移り変わるように、スキンケアのポイントも季節とともに変化します。夏は徹底的な紫外線対策と乾燥対策の二つがポイントでした。

秋も引き続き紫外線対策は必要ですが、保湿ケアを重視したスキンケアにシフトしましょう。夏のダメージを秋にしっかりカバーしておくことが、美肌の分かれ道。今回の美肌コラムでは、秋にしておきたい保湿ケアについてお話ししています。

 

スポンサーリンク

 

秋の気候が肌に与える影響と夏のダメージ

ルナビジュ

秋のスキンケアの目的を知るために、秋の気候と夏に受けるダメージをチェックしましょう。気候の変化と肌の状態を理解しておくことで、どのようなスキンケアが必要かがわかります。

10月からの乾燥時期は枯れ肌になりやすい

秋の気候は、9月は比較的穏やかですが、10月に入ると12月まで気温も湿度も低い状態になります。冷たく乾燥した外気により、肌の乾燥や肌荒れが起こりやすくなり、潤いのない「枯れ肌」一直線。

また、夏の間に保湿ケアを十分に行わず、紫外線や冷房による乾燥が肌内部で進んでいるインナードライ肌の方は要注意。秋になると乾燥が表面化し、目元や口元のしわ、頰のカサつきが起こりやすくなるのです。

 

夏に溜め込んだ紫外線、洗浄ダメージをオフする

ルナビジュ

秋は、紫外線を防ぐだけではなく、夏に受けた紫外線ダメージが表面化するのを防ぐケアも必要です。また、夏の間に行った肌に負担がかかるケアで受けたダメージを回復することも忘れずに。

 

夏は、日焼け止めやウォータープルーフの化粧品を頻繁に使い、いつも以上に念入りなクレンジングや洗顔をしていたという方は、肌が洗浄疲れの状態かもしれません。

洗浄疲れとは、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を頻繁に使うことで、肌のバリア機能がダウンしやすくなっている状態。いわゆる夏疲れ肌の一つです。

 

秋のスキンケアは、9月は夏に受けた紫外線ダメージや洗浄疲れをオフするスキンケアを、そして気候が変化する10月からは保湿重視のケアにシフトしていくと良いでしょう。

その方法については、次で詳しくお話ししています。

 

 

秋にするべきスキンケア方法とは

9月は夏のダメージをオフするスキンケアを

ルナビジュ

美白ケアに合わせて、夏の間に溜まった老廃物の排出を促し、ダウンしている肌の代謝をアップさせるケアを行いましょう。

紫外線ダメージを抑えながら、疲れモードの肌を少しずつ回復させるのです。美白ケアは、夏同様に美白有効成分が配合された化粧品を中心に基本的なスキンケアを。

老廃物の排出を促すためにオススメなのは温めケア。できるだけ毎晩入浴する習慣をつけ、朝はホットタオルで首元を温めて血流を良くしましょう。そのあとにスキンケア、そしてリンパ節のあるおでこ、首筋をマッサージすれば、老廃物が排出されやすくなって代謝もアップ。

 

10月からは保湿重視ケアに

ルナビジュ

空気が乾燥し始める10月は、早めの保湿重視ケアにシフトしましょう。美白ケアは、週一で美容液たっぷりのマスクパックをして集中ケア。色素沈着したシミが気になる方は、ビタミンC誘導体配合の美容液を使い続けると良いでしょう。

大人女子にオススメなのは、ワンダーパーツの超プレミアムパーツジェリーマスク。ハリ感・美白をサポートしてくれる美容成分が凝縮されたプルプルのマスクで、肌を一気にワンランクアップさせてくれるアイテムです。

レビュー記事も掲載しているので、チェックしてみてくださいね。

ルナビジュ
【ワンダーパーツ ジェリーマスク体験レポ】敏感肌でもOKの極上エステ体験!

今回レビューをお届けするのは、DIAMAZE(ダイアメイズ) No7の『ワンダーパーツ ジェリーマスク』。 お手軽なスペ ...

続きを見る

 

化粧水、乳液、クリームは保湿成分配合のもので潤いをチャージ。また、日中に乾燥が気になった時は、スプレーボトルに詰め替えた化粧水を顔に吹きかけ、昼用のクリームかオイルをなじませる日中保湿も行ってみてください。

 

秋に摂取したいスキンケアフード

ルナビジュ

秋は食べ物が美味しい季節。肌にも嬉しい食べ物を摂取して、内側からスキンケアをサポートさせましょう。温めケアを習慣にしておくと、スムーズになった血流に運ばれて栄養が肌に届きやすくなりますよ!

 

まずはビタミンAで肌のバリア機能を高めましょう。夏の間に衰えがちになったバリア機能を高めることで、肌の乾燥を防ぐことができるようになります。ビタミンAは、鮭・秋刀魚・かぼちゃなどに豊富に含まれます。

次はビタミンEで血行促進、くすみの改善を狙いましょう。老化を促進させる活性酸素を抑える効果もあると言われているビタミンE。牛乳、きな粉、いくら、かぼちゃ、アーモンドなどに豊富に含まれます。

 

 

化粧品も紫外線対策アイテムから保湿重視アイテムへ

ルナビジュ

10月から行いたい保湿重視ケアには、夏の間に使用していた紫外線対策の化粧品から、保湿成分配合のアイテムへ変えましょう。

紫外線対策の化粧品には、美白有効成分が配合されていることが多く、美白有効成分は乾燥しやすいため、使う場合は他のアイテムで保湿をしっかりと。

 

保湿ケア用の化粧品は、角質層まで浸透しやすいセラミドや、潤いキープ力の高いヒアルロン酸が配合されているものを選ぶと良いでしょう。特に保湿力の高いヒト型セラミド(セラミド1、セラミド6)入りのものがオススメです。

オールインワンゲルを使用している方は、保湿成分が配合されているものに変えたり、ゲルを使用したあとにクリームを塗って水分の蒸発を防ぎましょう。シミ防止、保湿力もあるプラセンタエキス入りのゲルがオススメです。

 

ルナビジュライター厳選!おすすめ保湿ケアアイテム

秋から冬にかけては、とにかく保湿をスキンケアの中心にしていくことが重要。中でもルナビジュ読者世代の30代・40代女性にピッタリの保湿スキンケアアイテムを厳選しました。

『今年はこそ乾燥で悩みたくない!』という方は早めの保湿ケアをスタートさせてくださいね。

 

ルナビジュ
ポーラ モイスティシモ トライアルセットは秋冬の枯れ肌30代女を救えるか!?

一気に空気が冷え込んできて、肌が乾燥を通り過ごしてカスカス&パキパキの私です。 せっせと保湿にいそしんでいたワケだったん ...

続きを見る

ルナビジュ
【クラウンセルクリーム体験レポ】30代の保湿は今まで通りはNG!毛穴&キメ改善にも

今回、レビューをお届けするのは、保湿ケアの最終兵器クラウンセルクリーム!   秋冬シーズン開始の時は保湿に躍起 ...

続きを見る

ルナビジュ
【ヴァーチェ/マルラオイル体験レポ】最先端美容オイルの効果を30代女子がお試し!

今回、レビューをお届けするのは、VIRCHE(ヴァーチェ)から発売されているマルラオイル。 近年、スキンケアアイテムとし ...

続きを見る

 

 

夏スキンケアから秋スキンケアにシフトして、早めの保湿ケアを

秋から冬にかけて乾燥が厳しくなるので、保湿ケアは早いうちから始めて乾燥を防ぎましょう。9月は夏の疲れが表面化しないためのケア、乾燥に備える保湿ケアの二つを進めて、10月からは徹底的な保湿ケアを!

かさつきがちな秋冬も潤いあふれるツヤ肌で乗り越えましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.