秋 スキンケア 美容

美肌コラム

【秋美容】秋のくすみ肌に必要なのは化粧水と100円ショップの「アレ」!

投稿日:

9月に入って少しずつ気温が下がってきて、紫外線量も落ち着きホッとひと息・・・なんてついている場合じゃない!?

じつは秋って、四季の中で特に肌のくすみが目立つ季節なんです!

 

どんよりくすみ肌では、メイクしても黄ぐすみが気になり、ついつい厚塗りメイクになってしまいます。

今回は、秋のくすみ肌を解消させる方法をご紹介!

使うのは、化粧水と100円ショップのあるアイテムだけでOKというお手軽な方法ですよ✨

 

スポンサーリンク

 

秋の肌がどんよりくすむ原因

原因その1. メラニンの蓄積

ルナビジュ

 

秋の肌には、夏の間に受けた紫外線によって生まれたメラニンが蓄積しています。

メラニンの量が多いほど肌色は黒くなるので、秋は夏に生まれて排出できていないメラニンによって、どんより肌がくすんでしまうのです。

 

さらに、ターンオーバーが正常に働いていないと、古い角質が剥がれずに肌表面に留まり、角質に含まれるメラニンが色素沈着して新たなシミも生まれます。

くすみと同時に肌のごわつきが気になる場合は、ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まっているのかもしれません。

 

原因その2. 乾燥

ルナビジュ

 

9月に入って急激に湿度が変化すると、肌内部の水分が失われやすく、乾燥が進みます。

肌表面の角層は、潤いによって肌を様々な刺激から守っているのですが、乾燥で潤いが失われると、肌が刺激に弱くなってしまうのです。

さらに、角層は潤っているとクリアな色を保ちますが、潤い不足になるとどんよりとした色になり、くすみを悪化させます。

 

原因その3. 血流の悪さ

9月に入って少しずつ気温が下がってきていますよね。

気温が下がって体が冷えると、全身の血流が悪くなります。

血流のいい肌は程よく赤みがありますが、血流が悪くなるとどんより黄ぐすみが目立つようになるのです。

 

 

どんよりくすみ肌に必要なのは潤い!

セラミド 乾燥肌 保湿

じっくり保湿で角層に「潤い」を届ける

角層の潤い不足を補うために、じっくり丁寧に保湿ケアをしましょう。

化粧水は、角層に馴染みやすいヒト型セラミド配合の化粧水がおすすめ。

 

もしとろみのある化粧水を使っているなら、とろみ化粧水の前にパシャパシャ系化粧水を使ってみてください。

とろみ化粧水はなめらかで肌触りのいい仕上がりですが、肌表面に留まって浸透しにくいのです。

先にパシャパシャ系の化粧水で肌を柔らかくしておくと、とろみ系化粧水も浸透しやすくなりますよ。

 

ヒト型セラミドのレビュー記事はこちら

ルナビジュ
【ヒフミド トライアルセット体験レポ】30代女子にヒト型セラミドを試してみた

今回、お試ししたのは小林製薬から発売されているヒフミドのトライアルセット。 最近、場当たり的な肌改善が私の周りで話題にな ...

続きを見る

 

角質ケアで古い角質おさらば!

秋の角質対策におすすめなのが、拭き取り美容液

ピーリングやスクラブも効果的ですが、夏の紫外線を受けた秋のお疲れ肌には刺激が強め。

拭き取り美容液なら、コットンにつけて優しく拭き取るだけで、余分な古い角質を取り除けます。

 

おすすめはこれまでにも何度か紹介している、雪肌精の拭き取り美容液「クリアトリートメントエッセンス」。

古い角質に含まれるメラニンも一緒に拭き取ってくれるので、シミ対策もできます。

 

私は3ヶ月近く使っていますが、これを使うと肌色がワントーンアップするんです!

毎日使えますが、拭き取りすぎもいけないので週に2、3回の使用でも十分クリアな肌を育てられますよ。

 

 

 

マッサージで血流アップ!

ルナビジュ

 

顔の血流が低下する秋の肌ですが、朝晩のマッサージで血流をスムーズにさせましょう。

朝はスキンケアの仕上げに、夜はお風呂上がりの血流が良くなっている時に行うと、マッサージ効果が高まります。

 

マッサージは摩擦刺激が心配なので、スキンケアの最後に使うクリームや乳液はたっぷりめに使ってください。

そして肌をこするのではなく、圧をかけるようにしてゆっくりマッサージしましょう。

 

もしマッサージをして肌が赤くなったら、摩擦刺激のサインなので、赤くならないように注意を。

マッサージの最後に深呼吸をすると、副交感神経が働いてリラックスし、血管がゆるんで血流がさらに促進されますよ!

 

 

秋のスキンケアに使えるのが100円ショップのあのアイテム

ルナビジュ

 

じっくり保湿ケアに便利なのが・・・100円ショップでも売っているタブレット型に圧縮されたシートマスク

化粧水をシートマスクにたっぷり含ませ、顔にのせて5分ほどパックしましょう。

マスクは長時間肌に潤いを浸透させることができるので、角層の潤い不足を補うのにぴったりなんです。

 

もちろん、美容液成分が配合されたマスクでもOKです。

でも100円ショップの圧縮シートマスクでも、保湿化粧水を使えば、市販の美容液マスクに負けず劣らずの保湿力を発揮します。

 

108円で20枚以上入っているのでコスパも良く、お財布に負担なく使い続けられるのもポイント。

ただし、マスクが乾くほど長時間パックするのは乾燥の原因になるのでNG。5分、長くても10分までの利用にしましょう。

 

 

 

秋のスキンケアコスメのポイント

ルナビジュ

 

化粧水は保湿化粧水にシフトして

夏は美白化粧水を使っている、という方は多いと思いますが、秋になったら保湿化粧水に変えてみてください。

もちろん、美白ケアは引き続き必要ですから、美白美容液でケアをしましょう。

 

化粧水は保湿力の高い化粧水にして、秋の乾燥から肌を守ります。

ヒト型セラミド配合の化粧水以外では、コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカン配合の化粧水がおすすめです。

また、最近はリピジュアというヒアルロン酸の2倍の保湿力がある保湿成分も注目されているので、化粧水選びは保湿成分にこだわってみてください。

 

美白コスメにお金をかけるべきなのは今!?

ルナビジュ

 

秋こそ美白コスメにお金をかけるべき!

特に美容液は成分の配合濃度が高いので、美容液だけでもクオリティの高いものにシフトしましょう。

 

肌全体に働きかける美白美容液はもちろん、秋に導入したいのはシミ専用美白美容液

すでにできているシミが夏の紫外線の影響で濃くならないように、メラニンの生成を抑えるのです。

 

シミ専用の美容液なら、ハイドロキノン配合の美容液がおすすめ。

医薬品よりも効果は穏やかですが、コツコツ使い続けるうちにシミが薄くなる効果も期待できます。

 

おすすめはビーグレンやサンソリットの美白美容液。

肌全体のシミ対策とすでにあるシミの悪化対策の両方が、秋の美白ケアのポイントになります!



[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

まとめ

今回は秋のくすみ肌ケアのポイントをご紹介しました!

どんより暗いトーンの秋の肌の原因は、夏に蓄積した様々なダメージ。

紫外線や乾燥などを受けた秋のダメージ肌は、じっくり保湿で潤いケアしましょう。

 

100円ショップの圧縮シートマスクは、化粧水を含みやすいので使用感も良いですよ!

そして夏に引き続き美白ケアも怠らず、秋はシミの悪化を防ぐ部分ケアも行いましょう。

秋のスキンケアをしっかり行うことで、秋冬もクリアな肌をキープしてください♪

 

スポンサーリンク

 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.