秋のベースメイクは引き算ルール!夏のダメージでお疲れ肌には厚塗りNG - ルナビジュ 
ルナビジュ

美肌コラム

秋のベースメイクは引き算ルール!夏のダメージでお疲れ肌には厚塗りNG

投稿日:

秋のお肌は夏のダメージを受けて、気が付かないうちにお疲れモード。強い紫外線、冷房で乾燥した空気、汗で奪われる肌の水分…。特に紫外線の影響は夏だけで終わらず、秋も丁寧なケアを続けてシミの発生を防がなければいけません。

夏の疲れが残る秋の肌は、ダメージによってデリケートな状態になっています。そのため、秋のベースメイクはできるだけ控えめにして、スキンケアの効果を底上げするのがキモ。今回の美肌コラムでは、秋にオススメの控えめベースメイクについてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

秋は夏ダメージ修復期間!ベースメイクは必要最小限に

まず、夏に受けた肌ダメージの影響をおさらいしていきましょう。

紫外線によるメラニン蓄積、厚くなった角質

シミの原因、メラニンは紫外線が当たって作り出される成分ですが、すぐにシミに変化する訳ではありません。メラニンが少しずつ蓄積されて、色素沈着を起こすのです。そのため、シミを表面化させないためには、ターンオーバーでメラニンを排出しなければいけません。

また、夏は紫外線から肌を守るために角質が厚くなりやすく、肌がごわついたり化粧品が浸透しにくくなります。

 

日焼け止め常用、クレンジングの刺激でバリア機能が低下

ルナビジュ

夏の強い紫外線から肌を守るために、いつもより数値の高い日焼け止めを使用したり、汗や皮脂崩れを防ぐためにカバー力の高いファンデーションを使用したり・・・。夏のベースメイクはどうしても肌へ負担をかけてしまいますよね。

さらに、強力な日焼け止めや密着度の高いベースメイクを落とすためには、比較的刺激の強いオイルクレンジングを使う必要があります。日焼け止めやファンデーションの重ね塗りと、洗浄力の高いクレンジングでバリア機能が低下し、肌本来が持つ保湿力が衰えてしまうのです。

 

冷房で乾燥した空気で乾燥が進む

エアコン、扇風機に当たり続けると、乾燥した空気で肌の乾燥が進みます。肌の乾燥はメラニンを排出するターンオーバーの乱れや、血行不良によるくすみなど様々な肌トラブルの元。そのため、夏のスキンケアは紫外線対策だけではなく、保湿ケアも重要でした。

他にも、暑さによるストレスや疲労でビタミンCが消費されたり、冷房や冷たい飲食で体が冷え、血流が悪くなり、代謝が落ちるなど、夏は肌に与えられる悪影響がたくさんあるのです。夏の影響を受け続けた肌は、秋のスキンケアで回復しなければいけません。

しかし、秋も引き続きカバー力の高いベースメイクや、夏と同じ強い数値の日焼け止め、洗浄力の強いクレンジングなどを使用するのはNG。夏の疲れをできるだけ早く回復させるために、秋のベースメイクは肌に負担のかからないものにしましょう。

 

 

ルールその1. しっかりメイクはオールインワンコスメ・ミネラルコスメで負担減

ルナビジュ

仕事の日はしっかりメイクをしますよね。秋の仕事用ベースメイクは、カバー力よりも肌にかかる負担の少なさを重視しましょう。秋は夏に比べて紫外線量は減少しているので、日焼け止めをつけるなら数値の低いものでオーケー。

オススメは、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、カラーコントロールなど多機能なCCクリーム。日焼け止めと化粧下地を使わないので、配合されている成分や、肌につける際に発生する摩擦による刺激など、肌にかかる負担を減らせます。

 

秋の疲れ肌向けCCクリーム

CCクリームの中には、刺激の強いものも少なくありません。秋の肌は夏の疲れでデリケートになっているので、敏感肌の方でも使用できる肌に優しいタイプのものを選びましょう。敏感肌向けコスメや、保湿成分など美容成分が配合されているものがオススメです。

また、クリームのテクスチャーにも注目してください。テクスチャーが柔らかめのものは、肌に伸びやすく、厚塗りになりにくいです。購入前に手の甲でクリームを伸ばして、固さをチェックしましょう。

 

CCクリームはBBクリームと違って厚塗りになりにくく、ナチュラルな美肌へと仕上げてくれるメリットもあります。また、30代・40代のくすみがちな肌を自然にトーンアップさせてくれるカラーコントロール力も抜群です。

ルナビジュ
【プリズムCCクリーム体験レポ】年齢肌を感じ始めた30代女子が思わずリピ!

今回お試ししたコスメは、LANAREYプリズムCCクリーム! 30代半ばの私ですが、ここ最近実感しているのが肌の色ムラや ...

続きを見る

 

ミネラルコスメのリキッドファンデもオススメ

界面活性剤不使用、無添加のミネラルコスメも秋のベースメイクにオススメです。ミネラルコスメといえば、パウダータイプのミネラルファンデが有名ですが、よりカバー力の高いリキッドタイプが良いでしょう。

CCクリーム同様、カバー力はファンデーションより低いですが、素肌感のあるナチュラルさが演出できます。

ルナビジュ
【ヴァーチェ/ミネラルリキッドファンデ体験レポ】30代の肌にカバー力と優しさを!

今回、レビューをお届けするのは、VIRCHE(ヴァーチェ)のミネラルリキッドファンデーション。   VIRCH ...

続きを見る

 

ベースメイクに使うブラシ、スポンジは柔らかいものを

ルナビジュ

CCクリーム、ミネラルコスメのファンデーションは、手でなじませるよりもブラシやスポンジを使用するのがオススメ。少量でも全体にムラなく伸ばせますし、薄づきでも立体的な仕上がりになります。使用するブラシ、スポンジは固めのものはNG。

固めのものだと、クリームやファンデが肌に伸ばしにくく、力を加えて肌に負担をかけてしまいます。特にブラシは、毛質が固いものは肌を傷つけるので要注意です。肌に当てて柔らかく、触れ心地が良いものを選びましょう。ブラシで肌に化粧品をつけるときは、ブラシを横にして毛を肌に平行になるように載せましょう。

 

 

ルールその2. 休日はノーファンデのツヤ肌メイク

ルナビジュ

パール下地でうっすらツヤ肌に

秋の休日メイクは、潔くノーファンデで!ファンデーションの替わりに、パール成分が配合された下地を使用しましょう。パール成分が配合されていると、光の反射効果で毛穴が目立ちにくくなります。また、肌に柔らかなツヤが加わり、ハリのあるナチュラル肌に仕上がります。

 

ハイライトでさらに光をプラス

ハイライトを目の下に逆三角形に入れて、ふっくらとしたハリを演出しましょう。ハイライトはパウダータイプよりも肌になじみやすいクリームタイプがオススメ。チークはオレンジ系ブラウンや、ブロンズ系の落ち着いた秋色チークを頰の高い部分に入れましょう。

ディフストーリー リュビジューチーク
【ディフストーリー リュビジューチーク体験レポ】大人女子のふんわり立体メイク

今回レビューするのは、ディフストーリーから発売されている『リュビジューチーク』。 本物の宝石を使った、高級感あふれるコス ...

続きを見る

 

 

クレンジングは肌に優しいミルク、クリームタイプで

ルナビジュ

夏は強い数値の日焼け止め、カバー力の高いファンデーションを落とすために、メイクの油分となじみやすいオイルクレンジングを使うことが多いと思います。オイルクレンジングは、数種類あるクレンジング剤の中で最も洗浄力が高く、メイクを落としやすい便利アイテム。

しかし、肌に必要な油分も一緒に落としてしまうので、使い続けると乾燥肌を進ませてしまう可能性があります。秋のお疲れ肌は、デリケートなので洗浄力の強いクレンジングは控えましょう。オイルクレンジングの替わりに、ミルクやクリームタイプの使用がオススメです。

 

肌に負担をかけないクレンジングとは

ベースメイクをナチュラルにすれば、洗浄力の強いクレンジング剤や時間をかけたクレンジングは必要ありません。刺激の少ないミルク、クリームタイプのクレンジング剤で手早くメイクを落としましょう。時間をかけてクレンジングをするのは、しっかり濃いめのメイクをした時だけでオーケー。

少ない時間でしっかりメイク汚れを落とすために、湯船に10分ほど浸かって毛穴を開かせ、肌を柔らかくしておきましょう。また、クレンジングをする時は手についている水分を拭き取ってください。手に水分が残っているとクレンジングの油分が馴染みにくくなります。

 

 

秋は負担のかからないベースメイクで肌を回復させよう

ルナビジュ

夏のベースメイクは、崩れないしっかりカバータイプでした。秋は肌疲れの回復のために、負担の少ないうっすらベースメイクにシフト。ベースメイクに負担をかけず、肌をできるだけ休ませて、スキンケアの効果をアップさせましょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.