美肌コラム

【シミ対策サプリ】6つの肌タイプ別・自分にあう最強のサプリ成分はコレ!

投稿日:

サプリメント 薬

今回の美肌コラムは、シミ対策のサプリメントについてお話ししていこうと思います。

 

シミって、実は人によって出来る原因が違うってしっていますか?
それはつまり、予防&改善する方法も当然違ってくることを意味しています。

 

他人がシミに効いた!と言っているサプリを飲んでも、あなたには意味のないことかもしれません。
自分に合ったシミに効くサプリメントを選ぶためには、自分のシミの原因にあったものを選ぶ必要があるのです。

 

今回の美肌コラムでは、肌のコンディションや体質別にオススメのサプリ成分レシピをご紹介していきます。
自分に合ったサプリレシピを見つけて、しっかりとシミ対策をしてくださいね!

 

スポンサーリンク



オイリー肌の人…ビタミンE+ビタミンC+セレン

ルナビジュ

ビタミンEで老化を食い止めて

皮脂の分泌量が多めと感じている人に、ぜひ摂ってもらいたいサプリがビタミンE
ビタミンEには強い抗酸化力があり、しかも過酸化脂質を防ぐうえで大きな力を発揮してくれます。

 

過酸化脂質とは、活性酸素と脂質が結びついたもの。
過酸化脂質は活性酸素とともに、体内にあるありとあらゆる細胞を老化させてしまう物質です。

 

あらゆる病気の原因となるだけでなく、肌の老化やシミを引き起こしてしまいます。
この過酸化脂質を防ぐのにビタミンEはとても有効なんですね。

 

セレンとビタミンCでビタミンEを強化!

次にオススメしたいサプリが、セレン
別名セレニウムとも呼ばれています。

 

このセレンはビタミンの一種で、これも強い抗酸化力があるのが特徴です。
ビタミンEと同様に、シミの原因となる過酸化脂質の分解を促してくれたり、細胞の酸化(=老化)を防いでくれます。

 

実は、セレンには、ビタミンEの抗酸化力をさらに高めてくれるお助けパワーを秘めている成分。
また、ビタミンCのサプリにも酸化されて効力を失ってしまったビタミンEを元に戻す作用があります。

 

そのため、ビタミンE、ビタミンC、セレンを単独で摂取するよりも、これら3つのサプリを組み合わせて摂るのがオススメです。
3つの成分の相乗効果で、紫外線によって皮脂が参加するのを強力にブロックしてくれますよ。

 

 

 

 ホルモンバランスが乱れがちな人…イソフラボン

ルナビジュ

生理不順、更年期障害で悩んでいる女性に

生理不順や、生理中の情緒不安定、更年期障害の悩みを持っている女性のシミ対策にオススメなのがイソフラボンのサプリ。
これらの女性特有のトラブルは、2つある女性ホルモンのうちエストロゲンの分泌量が低下するために起こります。

 

大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、その構造は女性ホルモンのエストロゲンとよく似ているんです。
でも、シミ対策に女性ホルモンは関係ないでしょ?と思いますよね。

 

女性ホルモンはそもそも、女性らしい体型や肌、髪などを作っているホルモンでもあります。
ホルモンバランスが崩れている人は、その状態を改善してあげるだけで、肌荒れやシミが改善・予防できるのです。

 

大豆イソフラボンは体内に入るとエストロゲンと同じような働きをしてくれる成分です。
そのため、ホルモンバランスが崩れがちな人は、イソフラボンサプリを摂取することで肌の悩みが改善されていきます。

 

 

ストレスの多い人…ギャバ

ルナビジュ

美肌のカギを握る自律神経

実は、美肌の大きなカギを握っているのは、自律神経だとも言われています。

 

自律神経の司令塔は脳の中にあるのですが、脳が強いストレスを感じると自律神経にも影響が及び、その働きが乱れてしまいます。
そうなると、女性の場合はホルモンバランスが崩れやすくなり、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

 

女性ホルモンは上記でもお話ししたように、女性特有の美しい肌を維持するのに大切なもの。
もともとホルモンバランスが崩れやすいわけではなく、その元凶がストレスの場合は、自律神経の乱れが要因と考えられるでしょう。

 

ギャバ+睡眠でストレスを解消して

ルナビジュ

ストレスが原因でシミや肌荒れがある人にオススメなサプリが、ギャバ(GABA=γアミノ酪酸)。

 

ギャバはアミノ酸の一種で、精神を落ち着かせてくれる作用があり、ストレスや不眠を解消してくれます。
それによって、自律神経の失調が原因のシミを改善・予防してくれるのです。

 

また、自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。
このうち、美肌作りに重要となるのが副交感神経の働きです。
副交感神経は寝ている間に活発になるため、よく眠ることを心掛けましょう。

 

睡眠をしっかりとって、サプリメントでギャバを補えば、ストレスが緩和されていきます。
それに伴ってしっかりシミを防ぐことも出来るようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

肌トラブルが起こりやすい人…DMAE・プロポリス・月見草オイル

ルナビジュ

今注目の新成分DMAE

ニキビやかぶれ、アトピーなど、皮膚に炎症がある人は、シミケアは二の次になってしまいがちですよね。
このような肌の状態の人は、抗炎症作用抗アレルギー作用をもつ成分が入ったサプリメントが有効になります。

 

抗炎症作用のあるサプリメントとして、海外で今注目されている成分がDMAE。
このDMAEは脳で作られる必須脂肪酸で、細胞のダメージを抑え、メラニン色素が沈着するのを防いでくれる働きがあります。

 

日本では現在、サプリとしてDMAEを購入できる方法は少ないですが、クリームや美容液としてなら手に入りやすくなっています。

 

 

 

それぞれ単体で使用してもOK

ミツバチが作ることで知られているプロポリスは、天然の抗生物質とも呼ばれています。
プロポリスのサプリは、蕁麻疹や神経性皮膚炎、アトピー肌にも有効とされている成分です。

 

また、月見草オイルとは、アカバナ科植物メマツヨイグサの同属植物の種子から得られた液状のオイルのこと。
成分として含まれているγリノレン酸は免疫関連成分として重要な成分で、肌の抵抗力を高める効果があります。
月見草オイルは、肌トラブルの中でも、とくにアレルギーによるシミ予防に効力を発揮してくれます。

 

DMAE、プロポリス、月見草オイルは好みの物を単体で使用してもOKですし、組み合わせて摂取しても大丈夫です。

 

 

肝機能の弱い人…ビオチン

ルナビジュ

全身の解毒を司る肝臓の健康も、美肌に大きな影響を与えるものです。
ビオチン(ビタミンH)は、ビタミンB群の一種です。

 

ビオチンは肝機能を促進して、かぶれ跡のシミを防いでくれます。
また、ビオチンは細胞の合成にも関与しており、皮膚を丈夫にしてアトピー性皮膚炎を改善してくれる働きがあります。

 

 

肌の新陳代謝が低下している人…DHA、ドクダミ、酵母

ルナビジュ

肌のターンオーバーがスムーズでない人に

血行が悪かったり、栄養が不足したりすると、肌のターンオーバーがうまく行われなくなってしまいます。
これでは、どんどんシミが積み重なってしまう一方です。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、サバやアジなど青魚に多く含まれる必須脂肪酸で、血液をキレイにして皮膚の新陳代謝を促してくれる作用があります。

 

また、ドクダミサプリにも、体内の循環を良くして、新陳代謝を高める作用があります。
ドクダミには美肌効果もあるため、すでにできてしまったシミを薄くしてくれる効果もあります。

 

ビールや醤油などを作るときに利用される酵母サプリも、美肌効果が高いとして注目されているサプリメントです。
酵母には、細胞の原料となるアミノ酸が豊富に含まれています。

 

また、酵母には美肌作りには欠かせないビタミンB群、さらに酵素が働くために必要な亜鉛、セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。

 

 

さいごに

ルナビジュ

いかがでしたか?
これまで、美肌に効く、シミに効くという話を聞いては、様々なサプリメントを試してみたと言う人も多いのではないでしょうか。

 

自分の肌状態の原因をしっかり見極めて、ぴったり合うサプリメントを見つけてもらえればと思います。
そうすれば、今よりもずっとキレイなシミのない肌へと変身できるはずですよ。

 

 

スポンサーリンク










 

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.