ルナビジュ

美肌コラム

メチルパラベンの化粧品は本当に“悪者”?安易にパラベンフリーを選ぶと危険性も

投稿日:

あなたはメチルパラベンという言葉を聞いたことがありますか?「メチルパラベンは危険」なんて言葉を聞いて不安を感じていらっしゃる方もいると思います。

今回の美肌コラムでは、そんな気になるパラベンの危険性についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

メチルパラベンは化粧品の衛生を保ってくれる添加物

ルナビジュ

パラベンの正式名は、パラオキシ安息香酸メチルといい、メチルパラベンの他に、エチルパラベン・ブチルパラベンなど5種類のものが知られています。

メチルパラベンは化粧品や食品によく含まれて、殺菌などの繁殖を防ぐ防腐剤の役割を持った添加物です。

他のパラベンと組み合わせるとより防腐剤の効果を高めます。すぐれた防腐剤の役割を持っているため昔から食品や医薬品そして化粧品に利用されて重宝されてきていました。

 

ドラッグストアに売ってあるような安いものから、高級化粧品まで幅広く利用されています。

ただし、人によりアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性が考えられている旧指定成分のひとつであります。そのため化粧品に利用するパラベンは配合上限濃度1パーセント未満と決められており、多くの化粧品はこれ以下の場合がほとんどです。

 

 

なぜメチルパラベンが利用されるのか

それではなぜこのメチルパラベンはこんなにも食品や化粧品に利用されているのでしょうか。それは最も少量で毒性が低く防腐効果が発揮できるすぐれものとされているからです。

食品にもメチルパラベン

食品には日持ちさせる目的で含まれています。防腐剤が入っていなければ消費者にわたるまでに腐って問題になる可能性があるからです。

 

化粧品にも含まれている

化粧品にメチルパラベンが使用されているのは、肌に低刺激で、確かな防腐効果があり、殺菌作用もあるとされているためです。化粧品に防腐剤が入っていなければ常温で菌が広範囲で繁殖してしまいます。

化粧品は薬機法により3年間は品質保証期間を設けなければならず、蓋の開け閉めだけでも殺菌が繁殖してしまうため、腐らず安全な品質を保つためにはメチルパラベンという防腐効果があるものは必要だとされています。

また企業側としても大量に安価で生産できる物質のため重宝されています。

 

 

メチルパラベンの危険性って?

ルナビジュ

メチルパラベンの必要性はわかったけれども、実際使用すると危険なことは何があるのでしょうか。いくつか報告されている危険性をご紹介していきます。

皮膚炎などのアレルギー反応

まずは旧指定成分に指定されているため一部の人に皮膚炎などのアレルギー反応やかぶれなど刺激反応を起こすことが分かっています。またマウスを使った実験結果では、ブチルパラベンの過剰摂取でマウスが死亡した例もあります。

 

紫外線で肌老化につながる?

また二つ目にパラベンを塗布した場所に紫外線が当たると活性酸素を派生させ、肌老化につながるという報告がされています。

ただこの実験では純度100%のメチルパラベンを直接皮膚に塗って実験していますが、化粧品のなかに高濃度のパラベンが含まれていることはまずありません。

上記のとおり化粧品に利用するパラベンは配合1パーセント未満と決められているため、そのため純粋にそのまま実験結果の通りになるわけではないですが、紫外線に対するアレルギーを持っている人が気を付けたほうがいいでしょう。

 

紫外線でシミやしわの原因に?!

メチルパラベンが紫外線に当たるとシミやしわの原因になるという報告があります。紫外線で脂質過酸化物がふえるとされているからです。

ただし、これに反論する意見としてメチルパラレンは角質層がバリアとなっており肌の中に浸透することはないとされています。皮膚には保護機能が備わっているため、シミやしわを助長することはないという意見です。

 

今でも賛否両論ある意見ですがメチルパラベンの実験では実際のシチュエーションとは異なった環境で行っていることもあります。必ずこのようなデメリットがあるわけではなく一部の人に可能性があるということを指しています。

 

 

メチルパラベンフリー化粧品を選ぶ時の注意点

ルナビジュ

今ではパラベンの危険性の認識により「パラベンフリー」や「無添加」を謳った化粧品が売り出されるようになりました。なんとなくそっちのほうがいいかなと手に取ってみる人も多いでしょう。

ただし、「無添加」と書いてあるから安心というわけではありません

 

防腐剤が入っていないと?

化粧品は美容成分や栄養がたくさんつまっているので、もちろん肌にいいのですがそれと同時に細菌にとっても栄養素となってしまいます。

何度も蓋を開け閉めする化粧品は空気と触れ合うことで細菌が繁殖し化粧品は劣化していきます。変色や腐敗も考えられるのです。

防腐剤が入ってないからいい!と思って使い続けていたけど、実は菌が繁殖し腐っている化粧品を続けて利用していた…ということもありえます。逆に肌トラブルのもとになる可能性もありますので注意しましょう。

 

無添加の化粧品は?

メチルパラベンの防腐剤などの旧指定成分が含まれていなくても、石油系添加物が代わりに含まれていることも十分考えられます。

ほかの合成材料が代わりに含まれていることもありえるのです。これはパラベンの代わりに多量に含まれたほかの物質が体に影響を与えることがありますので「無添加」という言葉だけに安心しないようにしてください。

 

天然由来のものは?

化粧品の中には添加物に頼らず天然由来のものだけで化粧品を作っていこうとする動きも見られます。ただしどうしても値段が高くなってしまうデメリットも理解しておいたほうがいいでしょう。

添加物が気になるのであれば、成分表記や、なにが無添加物を指しているのかなどをしっかりと勉強する必要がありそうです。

 

 

安易にメチルパラベンを“悪”としないで

ルナビジュ

現在ではメチルパラベンは肌に低刺激で規定内の量なら問題ないとされています。万人に影響がでる成分ではなく刺激反応を起こさなければ大丈夫だということです。

化粧品会社の「パラベンフリー・無添加」を前面に押し出す様子に少し敏感になってしまい、まるで「メチルパラベン」が悪者であるかのような扱いだといった声も一部あります。

 

ただし上記のような実験結果もあるため肌が敏感な方、そしてアレルギー反応がある方は利用していても自分の反応を見ながら、必要であれば使用を控えることをおすすめします。

 

パラベンを利用しているということ、100%何の影響もないといえないのは事実です。ただし今まで防腐剤の中でも安全と言われ長い間使ってきている成分になります。

化粧品の品質を保つためには今でも必要とされ、需要があることは確かなのです。もちろん中にはアレルギー反応を起こす方もいるため見定めは必要ですが、そこまで神経質になる必要もないのかもしれません。

 

なんとなく危険そう、肌によさそうという安易な気持ちで化粧品を選ぶのではなくしっかりとした知識を持ったうえでどのチョイスをするのかを一人一人が決めていきたいですね。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mika

年頃女子の時に、クレーターのような肌になったことでスキンケアに目覚める。現在34歳、キレイな年齢の重ね方を模索中。美容ライターとして年間200以上の化粧品を試し、当サイトではその一部を公開中。 一人息子・ワンコ・ニャンコの母としても活動中。

-美肌コラム
-, , ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.