美肌コラム

【2017秋冬】アイシャドウのトレンドは暖色メイク!大人アイメイクを楽しんで

更新日:

まだ季節は夏ですが、海外ではすでに秋冬コレクションが発表され、各コスメブランドも秋冬の新色を続々リリースしています。今年の秋冬はどんなメイクが主流になるのか…と注目していたところ、暖色メイクが一気にきています!

そこで、今回はこの秋冬トレンドとなる、海外コレクションで多く見られたアイメイクを参考に、おすすめの暖色メイクをご紹介したいと思います。

今美容界で話題の暖色コスメも登場しますので、チェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

暖色系アイカラーで作る「優しい囲みアイメイク」

ルナビジュ

2017年の海外ブランドの秋冬コレクションでは、暖色系のアイメイクは目元を囲むテクが多く見られました。暖色系とは、赤、オレンジ、黄色、桃色など、温かみを感じる色ですね。オススメの取り入れ方は、暖色系ベースのブラウンアイシャドウで目元を囲む方法。

特に赤みがかったブラウンは秋冬らしい深みのある目元を作るのでオススメです。囲みアイメイクはギャルっぽい、またはキツめに見えるというイメージがあるかもしれません。暖色系でラメなしのマットタイプのアイシャドウなら、派手すぎない大人の囲みアイメイクを楽しめますよ。

 

暖色アイメイクに必須のオススメアイシャドウ

エクセル スキニーリッチシャドウ ウォームブラウン

エクセル スキニーリッチシャドウ SR05(ウォームブラウン)

 

4色が揃ったシャドウパレット。順番に重ねていくだけで、プロ級の奥深いグラデーションを作りこむことができます。

リッチな質感と、ギラギラしすぎない大人向けの微細パール・金パールで人気。今年は暖色カラーのウォームブラウンがイチオシです。

 

スック デザイニング カラーアイズ

SUQQU スック デザイニング カラー アイズ

 

人気コスメブランド「SUQQU(スック)」のアイシャドウはその豊富なカラーバリエーションが魅力。

中でも注目なのは、2017秋冬カラーコレクションとして発売された06 宵紅-YOIBENI

まさに今年!といったような、バーガンディカラーは思わず惚れ惚れしてしまうほど。

 

 

暖色系で作る囲みアイメイクの作り方

ルナビジュ

囲みアイメイクは、メイク崩れを起こすとアイシャドウやアイラインがにじみ、汚れた見た目になりやすいメイクです。メイク崩れを防ぐために、囲みアイメイクに使うアイシャドウは粒子の細かいものを選びましょう。粒子が大きいものは、肌に密着しづらいので落ちやすいのでNG。

 

また、目元の保湿と皮脂対策をしっかりと行いましょう。ベースメイク前に保湿をすることで、ファンデーションが崩れるのを防ぐように、目元もメイク前の保湿が必要。化粧水や乳液は目元にも薄く塗り、メイク前にコットンで優しく目元を抑えて、余分な油分をオフします。

皮脂対策のために、目元にフェイスパウダーを薄くのせて、目元をサラサラの状態にしてからメイクをしましょう。アイメイクベースを塗るのも効果的です。

 

目元のベースメイクが完了したら、ベージュカラーのアイシャドウをまぶた全体にのせます。目元のカラーをワントーン上げておくことで、メインカラーが綺麗に発色するのです。そしてメインカラーをコシのある平筆で上まぶたと下まぶたのキワにのせます。

上まぶたのキワには多めに入れて、少しずつ上に向かってぼかしていきましょう。ぼかすことでグラデーションができ、ふんわりと優しい雰囲気の囲みアイメイクが完成します。マスカラやアイラインは黒よりブラウンの方が優しげな目元に仕上がりますよ。

 

 

寒色系アイカラーはポイント使いで今年風に!

ルナビジュ

寒色系のアイシャドウ、例えばブルー、ネイビー、グレーなどは一点使いするとグッと今年らしくなります。海外コレクションでは、クールな装いに合わせて寒色系をアクセントにしたアイメイクが目立っていました。

寒色系のアイシャドウは、涼しげな印象なのでどちらかというと夏っぽいイメージですよね。秋冬なら、青なら濃いめのネイビー、やグレーを使うと季節感が演出できますよ。寒色系アイシャドウは特に色白の方に似合うカラーです。

 

2017年秋冬の寒色系アイカラーの使い方

ルナビジュ

先に紹介した囲みアイメイク同様、ベースを作ってからメイクをします。ポイントは、アイシャドウを二重幅より広めにぼかすこと。上まぶたに寒色系アイシャドウをのせ、二重幅からはみ出るまで広げます。ブルー系なら透明感をアップさせるために、下まつげをマスカラで伸ばしましょう。

クールな印象のグレーは、下まぶたのキワに黒のペンシルアイライナーでラインを引くと、スタイリッシュな目元になります。寒色系アイメイクはデイリーメイクにはちょっと派手なので、休日メイクやイベントメイクにオススメです。

 

寒色系メイクにオススメのアイシャドウ

スック デザイニング カラー アイズ

SUQQU スックデザイニング カラー アイズ #07 翡翠光 - HISUIKOU5.6g
ドラマティックなアイカラーが用意されているスックが、2017秋冬カラーコレクションで発表したのが、こちらの07翡翠光

見た目とはちがう肌に溶け込むようなブルーカラーで、初心者でも挑戦しやすくなっています。ぐっと印象的な大人の眼差しを狙いたい時にぜひ使いたいアイテム。

 

 

秋冬らしさ満点!「ココアメイク」

ルナビジュ

一年中使えるブラウンアイシャドウですが、秋冬はリップもブラウン系で統一した「ココアメイク」で季節感を演出してみましょう。

ブラウングラデーションのアイメイクで、クールに決めたいときはキリッと直線的なハンサム眉に、ふんわり大人可愛く決めたいときは柔らかなカーブを描く眉毛を描くと良いでしょう。ブラウンリップはマットタイプではなく、ツヤのあるタイプで女性らしさをアピールしてください。

 

ブラウンアイメイクはグラデーションで深みを出す

ルナビジュ

秋冬らしい深みのある色合いを出すためには、綺麗なグラデーションを作ることが大切です。

グラデーションは縦にぼかす方法と、横にぼかす方法の二種類があります。目を大きく見せたいなら、一般的な縦ぼかしで。切れ長の色っぽい目元にしたいなら、横にぼかす方法がオススメです。

今回は横にぼかすグラデーション方法をご紹介します。

 

横グラデーションの作り方

  1. 使うのは三色のブラウンアイパレット。まずベースになる明るい色をまぶた全体に広げる。
  2. 中間色を目尻から黒目の辺りまでのせ、上に向かってぼかす。(アイホールの半分くらい)
  3. 一番濃い色をまぶたのキワ、目尻から黒目の辺りまでのせたら完成!

 

マスカラ、アイラインもブラウンで統一すると、より秋冬らしい優しげで温かみのある目元に仕上がります。

 

 

秋冬定番のボルドー、バーガンディーで色気のある目元に

ルナビジュ

秋冬に人気が高まるボルドー、ワインレッドのようなダーク系レッドカラー。近年はバーガンディーという茶色味のあるカラーも注目を集めています。

ハッキリと明るい赤よりも、大人っぽい落ち着いた雰囲気のダーク系レッドカラーは、単色アイシャドウで取り入れても良いですし、アイラインのようにまぶたのキワに引くのもオススメです。

 

 

メイクもファッションも秋冬の準備をしよう

服の装いを季節ごとに変えていくように、メイクも季節感を意識したものにチェンジ。

このように季節ごとに見た目の雰囲気を変えれるのは、女性の特権だと思います。

寒さが増していく秋冬ですが、メイクとファッションの力で元気に過ごしていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakura

美容ライター歴3年の東北出身30歳。最新の美容情報を嗅ぎつける能力はルナビジュライターの中でもNo.1。 現在はオイル美容、アロマテラピー、和食ダイエットを実践中!

-美肌コラム
-, ,

Copyright© ルナビジュ  , 2018 All Rights Reserved.